レヴォーグ大解析:「辛口評価」を重点的に検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



新型レヴォーグ・ダサい・買って後悔・かっこ悪い

【プチ調査】新型レヴォーグはダサい?かっこ悪い?買って後悔した?

2021年10月20日

レヴォーグ大解析:「辛口評価」を重点的に検証!

スバル レヴォーグ(2代目:2020年10月15日~):Wikipedia

皆さん、こんにちは。今回は、スバルのレヴォーグに焦点を当て、その詳細な解析を行います。レヴォーグは、デザインや性能で多くの注目を集めていますが、一方で辛口の評価も一部存在し。

本記事では、レヴォーグの価格や中古車相場、さまざまなレビューを詳細に検証し、この車がどのような人に適しているかを探ります。肯定的な意見だけでなく、批判的な視点も含めて、レヴォーグの全体像を客観的にご紹介します。

自動車選びに役立つ情報を提供することを目指していますので、最後までご覧いただければ幸いです。

どんなクルマ?

スバル レヴォーグは、2014年に初代が登場しました。1990年代にステーションワゴンブームを巻き起こした「レガシィツーリングワゴン」の血を引くモデルです。

2020年に2代目となり、さっそく2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、専門家からも評価の高い1台です。

スバルの独自技術である「水平対向エンジン」と「シンメトリカルAWD」を搭載しており、高い走行性能と安定性を実現しています。

最新の安全装備「アイサイト」を標準装備しており、安全性にも優れています。また、広い室内空間と使い勝手の良い荷室を備えており、実用性にも優れたクルマです。

価格

レヴォーグの価格帯。

310~576 万円

中古車相場

2024年1月8日時点:カーセンサーには1,333台のレヴォーグが登録されています。

現行モデルのデータは以下の通り。

平均価格:327万円

価格帯:199.8万円~658.9万円

評価が辛口なレビューをご紹介

この記事のテーマは『レヴォーグ大解析:「辛口評価」を重点的に検証!』です。

検証するには材料が必要です。

まず、レヴォーグに関する評価が辛口なレビューをご案内します。


  • 燃費に関して不満がある。AWDターボ車であることを考慮しても、他の4駆車に比べて燃費が良くない。
  • リコールが多いという意見。A型はリコールが多い傾向にある。
  • ナビの操作性に問題がある。電話番号検索時の50音順表示がない。
  • 静粛性の向上が望まれている。後席の静粛性についての不満がある。
  • オートビークルホールドの操作性に関する不満。ボタンの改善が望まれている。

 

  • 発進挙動が少しダイレクト感に欠ける。
  • 加速フィールが大人しい印象で、過激な加速を好む人には物足りないかもしれない。
  • 急加速時のレスポンスが少し遅め。
  • ステアフィールがスポーティー感に欠け、手応えが足りない感じ。

 

  • ヘッドライトが離れて見えるのが気になる。
  • リヤコンビのリヤゲート部分の一部が光らないのが不満。
  • トランスミッションにクセがあり、エンジン性能に対して足を引っ張る場面もある。
  • アイサイトⅩやドライブモードセレクトを使いこなすには覚えることが多く、シニアドライバーにはハードルが高い。
  • 燃費が良くないと感じる場面もある。

 

  • フロントサスペンションは段差で柔らかく感じるが、リアサスペンションは固い。
  • フロントサスペンションの動きが素早く、石畳路面以外では落ち着いて欲しいと感じた。
  • リアサスペンションの硬さが明確で、段差での車体からの音が目立つ。
  • 乗り心地に「しっとり」という印象は受けなかった。
  • アイサイト(ACC機能)のブレーキが遅く、不安感を覚えた。

 

  • フロントタイヤの接地感がもう少し欲しいと感じる。
  • 「コンフォート」モードでは車体が船のように揺れる。
  • 「スポーツ+」モードではクルマが少し跳ねる感じが気になる。
  • 1.8リッターターボエンジンは、コーナーの立ち上がりでアクセルを踏むと一拍息つきをしてから唐突にターボが効く感じがする。
  • エンジン回転数を高めにキープすると、少し耳障りなうるさい音質が車内に入ってくる。

 

  • エクステリアデザインに新鮮味が薄く、先代モデルとの区別が付きにくい。
  • ボンネット上のエアインテークが古臭い。
  • ボディサイズの拡大が日本の道路事情に適していない。
  • インテリアのモダンさが受け入れにくい場合もある。
  • 後席のヘッドレストの高さが不十分。
  • 収納スペースが少なく、前席にボックスティッシュを置ける場所がない。
  • 1.8Lターボエンジンが2Lターボに比べて刺激が少ない。
  • CVTのラバーバンドフィーリングによるダイレクト感の欠如。
  • FFベースの4WDでハンドリングがノーズヘビー傾向。
  • デイタイムランニングライト機能がない。
  • 交通標識認識機能が欠けている。
  • 最廉価グレードの価格が先代より20万円近くアップ。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもすべての指摘がファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はレヴォーグに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

「辛口評価」を分類し解析しました

評価が辛口な上記レビューをもとに、「辛口評価」を検証します。

  1. 燃費とエンジン性能: レビューでは燃費の不満が挙げられています。他の4駆車と比較して燃費が良くないとの意見があります。また、加速感が大人しいとの評価もあり、過激な加速を好むドライバーには物足りないといった意見があるようです。
  2. リコールと安全性: A型に関してリコールが多いという意見があります。
  3. ナビゲーションシステムと静粛性: ナビの操作性に問題があるとされ、たとえば電話番号検索時の50音順表示がない点が不便とされています。また、車内の静粛性、特に後席での静粛性に対する改善の要望があります。
  4. 操作性と乗り心地: オートビークルホールドの操作性に関する不満や、フロントとリアサスペンションのバランスに関する意見があります。フロントは柔らかく、リアは硬いと感じられ、乗り心地に「しっとり」という印象は受けないと評されています。
  5. デザインと機能性: 外装デザインについては、ヘッドライトの配置やリヤコンビライトの一部が光らない点に不満があります。また、エクステリアデザインに新鮮味が薄く、先代モデルとの区別が付きにくいとの意見もあります。インテリアに関しては、モダンさが受け入れにくいという意見や、収納スペースの不足が指摘されています。
  6. 価格と価値: 最廉価グレードの価格が先代より20万円近くアップしていることに対する不満があります。

これらの意見はレヴォーグに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、レヴォーグに関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。


  • ステアリングのフィールが滑らかで、タイヤが忠実に動き、車体が滑らかに動く。
  • タイトコーナーでは車体がキビキビと動き、一体感のあるコーナリングが可能。
  • ライントレース性能が良く、狭いワインディングでも着実にコーナーをクリアする。
  • 「ノーマル」モードでもロール感が自然でリズミカルにコーナーを縫っていける。
  • 標準の横浜ブルーアースGTタイヤが乗り心地とスポーティさの良いバランスを提供。
  • ブレーキがよく効く。
  • 1.8リッターターボエンジンは普段の街乗りには十分なパワーと乗りやすさを提供。

 

  • 走りの良さ、特にハンドリングの良さや安定感が評価されている。
  • ハンドルを切るとしっかり曲がる、乗りたくなる車。
  • パワーは非常に高いわけではないが、一般道を走るには十分。
  • アイサイトX(運転支援システム)が気に入っている。長距離運転が楽になった。
  • 荷物がたくさん乗るので、キャンプなどに便利。
  • 後席を倒せば十分な荷物が載せられる。
  • ボディー剛性の高さ、スバル初採用の電子サスペンションが気に入っている。

 

  • 走りが全体的にお上品で、コンフォートワゴンといった印象。
  • CVTの挙動の安定感や、加速のリニア感が良くなっている。
  • エンジンの回転フィールが非常になめらか。
  • 急坂での急加速でも、パワーフィールが意外と力強い。
  • ハンドリングがスポーティーで、S字カーブでの反応が良い。

 

  • 最上級グレードでも価格が納得できる。
  • デザインが洗練されており、特に斜め前や後ろからの見た目が好評。
  • 純正の乗り心地が固くしっかりしていて、ドライブセレクションで好みの走り方ができる。

 

  • 石畳路面の乗り心地は良好で、SUVと比較しても良い。
  • 静粛性が高く、エンジンノイズが静か。
  • インパネ先端が低く、車両感覚が取りやすい。
  • ボディ見切りが良く、運転しやすい。

 

  • エクステリアデザインは精悍で完成度が高い。
  • インテリアはモダンで、特にEX系グレードのデジタルコクピットが魅力的。
  • STI スポーツ系の内装は専用装備やボルドー色のシートで上質感がある。
  • 前席の座り心地とサポート性が優れている。
  • 後席スペースが改善され、足元と頭上のスペースに余裕がある。
  • 荷室スペースが拡大し、使い勝手が良い。
  • 1.8Lターボエンジンはスムーズで静粛性が高い。
  • ハンドリングが安定しており、中高速コーナーでの走行性能が良い。
  • 11.6インチセンターインフォメーションディスプレイが標準装備

以上のような評価が一定数見られます。これらの意見はレヴォーグに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

総合的・全般的なレビューをご紹介

レビューの最後に、レヴォーグに関する総合的・全般的なレビューをご案内します。「細かな点ではいろいろ言いたいことがあるけれど、結局のところレヴォーグのことをどう思っているのか」、そうしたレビュアーの<思い>が込められたレビューとなります。ぜひ、参考になさってください。


  • ステアリングのフィール、コーナリング性能、ライントレース性能が良い。モードによって異なる走行感覚を楽しめる。
  • タイヤとブレーキのバランスが良い。
  • エンジンは普段の使用には十分だが、高回転時の音質やターボの反応に改善の余地あり。
  • 全体的には評判以上に良い車で、WRXを降りた後の乗り換え候補として適切。

 

  • 走りの性能、乗り心地、静粛性、居住性、内装質感、装備、デザイン、コストパフォーマンスなど、多くの面で高く評価できる。
  • スポーティーさとコンフォート性を兼ね備えた、幅広いキャラクターを持つ車として評価できる。
  • 全体的に「よく出来ている」という印象を与える車である。

 

  • 価格は安くはないが、納得のいく価格帯。
  • クールな見た目が男女共に人気。
  • 走行性は市街地、高速共に良好。燃費には妥協が必要だが、コスパの良い車。
  • 新技術を使いこなせるかが購入のポイント。

 

  • レヴォーグは乗り心地が特徴的で、フロントはよく動き、リアは固く締まっている。路面の継ぎ目では、フロントシートに居てもリアサスの硬さがはっきりと感じられる。
  • 静粛性は高く、エンジンノイズが静かで、不快感は感じにくい。
  • ボディ見切りが良く、運転しやすさに重点を置いて開発されている。

 

  • エクステリアデザインは新鮮味に欠けるが、無難にまとまっている。インテリアはデジタルコクピットが特徴的で、シートの出来が良い。
  • 走行性能は、エンジン性能が十分で、シャシー性能も向上している。装備面では上級グレードが充実している。
  • 安全性能は抜群で、内外のメーカーで敵う車種は少ない。パワートレインにやや不満点はあるが、トータルバランスは抜群。

レビューサイトの平均評価点のご案内

レヴォーグが有名なレビューサイトでどう評価されているか、以下ご紹介します。

※2024年1月8日時点

どんな人におすすめ?

レヴォーグがおすすめの人物像をまとめました。

人物像理由
アクティブなアウトドア派スバル独自のAWD技術「X-MODE」により、雪道や悪路でも走破性を発揮。また、ラゲッジスペースが広く、アウトドア用品も積載しやすい。
スポーティな走りを楽しめる人水平対向エンジンとターボチャージャーの組み合わせにより、力強い加速を実現。また、シャープなハンドリングと高い安定性で、スポーツドライビングを楽しむことができる。
安全性や快適性にこだわる人レヴォーグは、全車に運転支援システム「アイサイトX」を標準装備。また、シートやサスペンションなど、快適な乗り心地を実現する装備も充実している。

まとめ

『レヴォーグ大解析:「辛口評価」を重点的に検証!』のテーマで解説してきました。

レヴォーグに関する深い分析を終えて、この車が多様な意見を持つ理由が明らかになりました。価格、性能、デザインなど、多くの面で魅力を持つ一方で、一部の批判的な意見も存在します。

これらの情報を総合することで、レヴォーグがどのようなドライバーに適しているかが見えてきます。自動車選びは個々のニーズに大きく依存しますが、本記事があなたの選択に少しでも役立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。次回の記事でも、有益な情報を提供できるよう努めます。

新型レヴォーグ・ダサい・買って後悔・かっこ悪い

【プチ調査】新型レヴォーグはダサい?かっこ悪い?買って後悔した?

2021年10月20日

 

彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています