【1分解説】フォグランプの色|ピンクのフォグランプは違法ですか?

フォグランプ・ピンク・違法




フォグランプの色|ピンクのフォグランプは違法ですか?

はい、違法です。

ピンク色のフォグランプは車検の保安基準に適合しないので車検は不合格になります。

青も紫も違法です。フォグランプは「白」または「淡黄色」に限られます。

ただし、「淡黄色」というのは文字通りに解釈すると淡い黄色、つまり薄い黄色と思ってしまいますが、そうではなくて、ごく普通の黄色でも大丈夫です。英語のyellowを「淡黄色」と訳しただけのことで、私たちが普通の意味で使う「黄色」のライトでOKです。

また、公道でピンク色のフォグランプを点灯しているところを警察に検挙されたら、違反点数と罰金は以下の通りになります。

  • 違反点数:1点
  • 罰金:大型車:9000円、普通車:7000円、二輪車:6000円、原付・小型特殊:5000円

フォグランプが球切れの場合も上記罰則が科されます。

フォグランプの車検基準

道路運送車両法では、フロントのフォグランプを「前部霧灯ぜんぶむとう」、リアのフォグランプを「後部霧灯こうぶむとう」として明確な保安基準を定めています。

以下のとおりです。

フォグランプの車検基準
前部霧灯 後部霧灯
白または淡黄色※7000ケルビンを超えない程度。これを超えると青色とみなされ車検不可となる可能性大※「淡黄色」とあるけれどべつに薄い黄色でなく濃い黄色でも大丈夫です

※左右同色であること。たとえば2個ついている場合で一方が白で一方が黄色だとNGです。

赤色
個数 2個以下※2個の場合は左右対称であること 2個以下※2個の場合は左右対称であること
位置・高さ 地上から25cm~80cmのあいだ

※車幅の外側縁からフォグランプの外側縁が40cm以内であること

地上から25cm~100cmのあいだ

※ブレーキランプから10cm以上離れていること

光軸 下向き
玉切れ・レンズの割れ 不合格 不合格
ヘッドライトとの連携 ヘッドライト点灯時にのみ灯火可能、ヘッドライト消灯時は灯火不可

(※)LED球であっても「車検対応」の品であれば問題なく車検をパスします。

(※)上記規定は2006年(平成18年)生産車以降に適用されます。

なお、そもそもフォグランプは車に必須の装備ではないので、フォグランプが付いていなくても何の問題もなく車検には通ります。

しかし、フォグランプがついている車両に関しては、上記規定が適用されます。

フォグランプ関連の記事
⇒⇒フォグランプをつけるつけないで迷っている。不要か?
⇒⇒フォグランプはいらない?意味ない?ない車があるけれど必要ですか?
⇒⇒フォグランプの必要性|どんな天候で役に立つの?
⇒⇒フォグランプがついてない車があるのはなぜ?
⇒⇒フォグランプをつけっぱなしの車は違反でしょ?迷惑です。
⇒⇒フォグランプの使い方|正しい点灯方法を知りたい
⇒⇒フォグランプを車検の時だけガムテープで覆うのはアリ?
⇒⇒LEDフォグランプ後付けで車検は?イエローLEDバルブは?
⇒⇒フォグランプの後付けをディーラーでやると費用はいくら?
⇒⇒フォグランプの黄色は禁止されていますか?
⇒⇒車検で純正のフォグランプを外したら保安基準に違反しますか?
⇒⇒車検でフォグランプを隠すのは保安基準に違反しますか?
⇒⇒バックフォグとは|輸入車などに付いているリヤのフォグランプ
⇒⇒フォグランプが紫だと違反?点数は何点?罰金はいくら?
⇒⇒フォグランプが青だと警察に捕まるって本当ですか?

ご覧いただきありがとうございました。