車のバッテリー上がりは自然回復する?しばらく待つと直る?

車・バッテリー上がり・自然回復・しばらく待つ

車のバッテリー上がりは自然回復する?しばらく待つと直る?

エンジンをかけようとしたら、セルモーターはガガガと回るけれどエンジン点火にまでは至らない。あるいは、セルモーターが回らずカチカチという音がするだけ。

こういう症状が起こったら、これはほぼ100%バッテリー上がりだと思います。

では、このようにバッテリー上がりになったら、もう2度と自然回復しないのでしょうか?しばらく待つとまた復活してエンジンがかかることがあるのでしょうか?

その答えは、自然回復してエンジンがかかることもあれば、自然回復しないで2度とエンジンがかからない場合もある、という2通りになります。

ネットで調べると、一度バッテリー上がりになったら、それは自然回復しない、と書いてあるサイトがほとんどですが、まあ、原則論としてはそうだと思います。

でも、ファクトではないと思います。

実際、よく経験することとして、何度かエンジンスタートを試みてダメだったけれど、5分くらいしてからもう一度トライしたらエンジンがかかった、ということがあります。

そして、そうやってエンジンがかかれば、その車でまたしばらく走ることができます。しばらく走れば、オルタネーターが電気を発電して弱っていたバッテリーに充電します。すると、いったん「バッテリー上がり」の状態だったバッテリーが息を吹き返し、当面のあいだ何のトラブルもなく車が使えることになります。

これは「自然回復」ではないでしょうか。

その一方で、もしもいったん「バッテリー上がり」になったバッテリーが、すでに5年とか6年使用していてすでに寿命が近づいているケースでは、上記のようにいったんエンジンがかかり、しばらく車を走らせてオルタネーターから充電されたとしても、またそのうちに同じように「バッテリー上がり」を起こす可能性は大です。

こうしたケースでは、「自然回復」はしないというべきかもしれません。

「バッテリー上がり」になる原因

車のバッテリー上がりに関して、もう一度整理したいと思います。

「バッテリー上がり」を起こす原因としては、以下のようなものが考えられます。

  1. 駐車中に長時間スモールランプ等をつけっぱなしにした
  2. 寿命が来た:一般的には2年~4年がバッテリーの寿命と言われています
  3. 短距離の走行が多い:オルタネーターからバッテリーに充電する電気の量が絶対的に少なすぎるケース
  4. アイドリング状態でエアコン、カーオーディオ、室内灯などを長時間使用し続けた場合
  5. 冬場の氷点下で電圧が低下している:温暖な気候下では十分な電圧であっても氷点下ではバッテリーの能力が低下する

上記のようなケースでは、キーを回してもエンジンがかからない、いわゆる「バッテリー上がり」の状態になりやすくなります。

「バッテリー上がり」になった場合の対処法

バッテリー上がりになった場合の対処法としては、下記のような方法が考えられます。

  1. 近所や友人に応援車を提供してもらい、充電作業をする:応援車と自分の車を正面同士突き合せる形にし、それぞれのバッテリーをケーブルでつなぎます。応援車のエンジンをかけてアイドリングよりちょっと高めのエンジン回転のまま5分から10分ほど充電し続けます。これをジャンピングと呼びます。ほとんどのケースで、これでエンジンはかかります。
  2. JAFを呼ぶ:JAFの会員なら無料です。非会員は13,130円かかります。JAFの場合、スタッフさんがジャンピングを行い、それでもダメなら予備のバッテリーと交換します。それでもダメなら最寄りの修理工場等にレッカー搬送し、そこで新品のバッテリーと交換します。JAF会員でも新品のバッテリー費用は自腹ですが、その他は無料です。
  3. 自動車保険のロードサービスを呼ぶ:ほぼすべての自動車保険(任意保険)にロードサービスは自動付帯しています。原則無料です。一部会社でレッカー搬送が150キロを超える場合などに追加料金が発生するところがありますが、ほとんどは無料です。ロードサービスでもまずジャンピングを行います。それでダメなら最寄りの修理工場等にレッカー搬送し、新品のバッテリーと交換します。バッテリー費用は自腹ですが、その他は無料です。自動車保険のロードサービスを使っても翌年度の等級には影響を与えず(ノーカウント事故扱い)、保険料も上がりません。積極的に使うべきサービスです。

まとめ

車のバッテリーにしてもスマホやデジカメのリチウムイオン電池にしても、短期間なら「自然回復」することはあり得ます。

数分間放置してまたトライすると、今度はちゃんとできたりする経験はみなさんにもおありだと思います。

車のバッテリーの場合、そのバッテリーがまだ新しいものであれば、いったん「バッテリー上がり」になっても、ジャンピングで電圧が回復すれば、また元通り元気になります。

しかし、交換時期が近づいているバッテリーは、いったん回復したように見えても、すぐにまた「バッテリー上がり」を起こしてしまうので、思い切って新品に交換すべきです。

下記の記事も参考になさっていただけると幸いです。

⇒⇒ソニー損保|ロードサービス|バッテリー上がり2回目OK?

⇒⇒JAF|バッテリー上がりで自宅に駆けつけ|料金は?

⇒⇒車検でバッテリーの点検|交換時期なら費用は?

⇒⇒車のバッテリーマークが点灯してエンジンがかからない時

⇒⇒エンジンかからないのでアクセル踏む。これってアリ?

⇒⇒車のセルが回らないけどライトはつく|これどういうこと?

⇒⇒セルが回らない|バッテリー以外の原因としては何がある?

⇒⇒セルが回らない・無音です|セルモーターの故障でしょうか?

⇒⇒車 エンジンかからない|キーを回すとカチカチと音がする

⇒⇒車 エンジンかからない|ガガガと音がするがかからない

⇒⇒車のバッテリー交換をしたのにエンジンがかからない原因は

⇒⇒車のエンジンがかからない|鍵が原因|7つの解決法!

⇒⇒車のエンジンがかからない|キーレス(スマートキー)不良?

⇒⇒車のエンジンがかからない|EPSの警告灯点灯|原因は?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。