車の暖房と燃費|ハイブリッド車は暖房で燃費悪化する?

車・暖房・燃費・ハイブリッド車

車の暖房と燃費|ハイブリッド車は暖房で燃費悪化する?

水冷式のエンジン車では、車内の暖房はエンジンの冷却水の廃熱を利用しています。もともと捨ててしまう熱を再利用しているだけなので燃費を悪化させることはありません。

ハイブリッド車の暖房も、いろいろ方式はありますが、多くは通常のエンジン車と同様に冷却水の廃熱を利用しています。

その際、蓄電池の容量に余裕があって電気モーターだけで走行できる状態であっても、暖房のための冷却水が冷えてしまっては困るので、わざわざ暖房のためだけにエンジンを回す時間が発生します。

その結果、ハイブリッド車の暖房は燃費性能の悪化を招きます。ハイブリッド車の場合、冷房より暖房の方が航続距離の低下をもたらすケースが多いです。

ガソリンだけで走る車の場合は、車の走行に必要だからエンジンを回し、そのエンジンで温まった冷却水を捨てずに再利用しているだけです。だから燃費には影響を与えません。

しかし、ハイブリッド車は、ただ暖房のためだけに、暖房に使う熱を得るために冷却水を温める目的のために、そのためだけにエンジンを回す時間帯が発生するのです。

だから燃費を悪化させます。

ハイブリッド車は、冷房とか暖房とかは無関係に、ただ車を走らせるためだけであれば、非常に効率のいい燃料消費をするのですが、これに冷房や暖房が絡んでくると、途端に燃費の悪化を招きます。

ハイブリッド車の暖房にはまだ決定打がない

前の項目では、ハイブリッド車の暖房の多くはエンジンだけで走る車と同じシステムを採用しているという前提で解説しました。

しかし、メーカーもこうした弱点を承知していますから、様々な試行錯誤が繰り返されています。

エンジンの冷却水を利用する方式の他に、PTCヒーターと呼ばれる熱線で空気または水を温めることで車内の暖を取る仕組みを採用している車種もあります。この方式は、当然電気を熱源にしているので、直接ガソリンは消費しませんが、バッテリーの容量は低下するので、結果的にガソリンエンジンにも負担のしわ寄せが来ます。

あるいは、燃焼式ヒーターを採用している車種もあり、これは軽油やガソリンなどの化石燃料を燃やす装置を車に取り付け、そこで発生した熱を利用する仕組みです。家庭用の温水暖房機またはFFファンヒーターと同じ仕組みで暖房する方式です。この方式は酷寒の地などでは十分な暖房能力が得られるのですが、直接化石燃料を消費するので、トータルの燃費性能の面でマイナスになるのは明白です。

上記の複数の暖房システムを、単独で、あるいは組み合わせて、最適な暖房方式を各メーカーは模索しています。

現時点で、決定打がないのがハイブリッド車の暖房です。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒車の暖房を早く効かせる方法は?温まるのが遅いんですが・・・

⇒⇒車の暖房スイッチはどれ?どこを押せば暖房になるの?

⇒⇒車の暖房の温度は何度に設定するのが最適ですか?

⇒⇒車のエアコンマークの意味|A/C・外気導入・内気循環など

⇒⇒車のヒーターの風が出ない|原因と対策|どこが悪いの?

⇒⇒車のエアコンの暖房が効かない|足元スースー|原因と対策

⇒⇒車のエアコン|修理費用・修理期間|どこで修理してもらう?

⇒⇒車の暖房はガソリンを食いますか?

⇒⇒車の暖房はエンジン冷却水の廃熱を利用しています!

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。