車|アクセル離すと異音がする原因は何でしょうか?

車・アクセル離すと異音
ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

車|アクセル離すと異音がする原因は何でしょうか?

車を走らせていてアクセルを離すと異音が発生することがあります。アクセルを踏んで加速する際に発生する異音ではなく、たとえば前方が赤信号なのでアクセルから足を離すと、それまで聞こえなかった異音がするのです。

高速走行時にアクセルを離すと異音が発生することもありますが、多くは低速走行時にアクセルを離すと異音がする、というケースが多いようです。

こうしたアクセルOFFの際に発生する異音について、原因として考えられるのは以下のようなものです。参考になさってください。

  1. ベルト類とベルトを支えるプーリーが劣化している:エンジンの動力をベルトを介してオルタネーターやエアコンコンプレッサーなどに伝えていますが、ベルトやベルトを支えるプーリーは消耗品です。劣化してくると回転の際にキュルキュルとかキーキーとかなにかしらモゾモゾした異音を発生します。キュルキュルという音はアクセルを踏み込んだ際に発生しやすい音ですが、アクセルを離した場合にもキュルキュルと鳴ることもありますし、あるいは、キュルキュルとはまた別の種類の異音を発することもあります。
  2. CVTのプーリーの音:無段変速機であるCVTでは、走行中にアクセルを離すとプーリーの位置が移動します。マニュアルミッションにたとえると5速から4速、そして3速、そして2速・・・となるようにベルトとプーリーの位置関係を無段階に変化させていきます。その際にプーリーからリコーダーのような高い音が発生することがあります。慣れれば気にならない程度の音ですが、プーリーが劣化してくると気になるレベルの音になることがあります。ディーラーにクレームを入れても問題なしといわれることが多く困っているユーザーの方は多いと思います。CVTフルードを交換すれば音が小さくなることもあります。
  3. エンジンマウントブッシュの劣化:これはアクセルを離した時だけに発生するのではなく、アクセルのON/OFFで発生する音というべきですが、エンジンマウントブッシュが劣化して硬くなるとアクセル操作の度にゴトゴトとした異音と振動を発生させることがあります。
  4. エキゾーストパイプのガスケットの劣化:ガスケットとはパッキンのことです。ここが劣化してくると、特にアクセルを離した際に異音が発生したりします。アクセルONでも発生するかもしれませんが、どちらかというと加速状態からいきなりガクンと減速したようなケースで発生しやすいと思います。

上記がアクセルを離すと異音が発生する原因として考えられるものですが、もちろん、これら以外にも様々な要因が考えられます。

しかし、アクセルを離した際に発生する異音というのはプロでも原因の特定が難しい類のものです。とは言え、ディーラーや修理工場の経験豊富なスタッフさんなら、あれこれ試しているうちに「ここだ!」という発見をしてくれるものです。

CVTの異音のようにディーラーでの対応がパッとしないケースもありますが、それでも早期に診断を受ければ、たとえ修理することになっても安価な修理費用で済む可能性があるので、気になるレベルの異音なら放置しないほうがいいと思います。

アクセルを踏むとカタカタ音がするのですが、原因は何?

2020.12.19

エンジンのカタカタ音|アイドリング中に発生するカタカタ

2020.12.19

車の異音|「カタカタ」と室内でする原因は何?

2020.12.17

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒車|アクセル踏んでも動かない|どこが原因?:アクセルを踏んでもウンともスンともいわずに全く車が動き出さない場合、これは電気的不良が原因であるケースだと思います。「アクセルペダルの電気的エラー等」とか「自動ブレーキシステムの誤作動」などが原因であることが多いです。いっぽうで、アクセルを踏んだ際にまったく動かないというのではなく、とりあえず車は動き出し、また加速もしていくけれど、しかし、その作動の仕方が通常のものとは違ってギクシャクしていたり弱弱しかったりすることがあります。こうしたケースの原因としては「燃料フィルターやエアフィルターの目詰まり」「ガスケット抜け」「点火系統の不調」「ATFの劣化」「サイドブレーキの固着」「ノッキング」などが考えられます。

⇒⇒(広告)あなたの愛車は今いくら?:車を乗り替える際に今まで乗っていた車をディーラーなどで下取りに出すとあまりいい金額の査定にならないと思います。こういう時は車買取店の方が査定額が高くなるのが普通です。しかも1社で査定してもらうのでなく複数社で査定してもらって一番高いところに売却する。これだけで下取りと数万円の差額が出るはずです。

⇒⇒車のアクセル踏むと異音|キュルキュルするのはどこから?:キュルキュルする異音は、まず間違いなくファンベルトから出ている音です。Vベルト、リブドベルト、ALTベルトとも呼ばれますが、要するに、エンジンの動力をオルタネーター・ウォーターポンプ・エアコンコンプレッサー等の補機に伝える役目を果たしているベルトのことです。こうしたベルトが劣化してくると、ベルトがこすれたりする際にキュルキュルという異音を発するようになります。また、ベルトのオートテンショナーが劣化した場合もベルトとの摩擦でキュルキュル音を発することがあります。ファンベルト(Vベルト、リブドベルト、ALTベルト)の交換費用は、部品代と工賃を合わせた総額で10,000円前後が相場です。ベルトのオートテンショナーを交換する場合は、部品代と工賃を合わせた総額で7,000円~10,000円が相場です。

⇒⇒エンジンかからないのでアクセル踏む。これってアリ?:年式の古い車などでは、キャブレターを使用している車種もたくさんあって、季節によってはドライバーのアクセル操作が補助的に必要になるケースもあります。もしもエンジンがかからない場合は、アクセルペダルを思いっきり踏み込み(床までベタ踏み)、エンジンに点火したら、そこで数回踏んだり戻したりを繰り返す、といった操作が効果を発揮することがあります。したがって、これは古い車に限った対処法ですが、エンジンがかからないで困ったら、キーを回しつつ、アクセルペダルを床までベタ踏みし、エンジンに点火した段階で、数回踏んだり離したりを繰り返してみてください。その際、あくまでもセルモーターが回っているときにアクセルを床までベタ踏みすることがミソです。

⇒⇒車のノッキング|低速からの加速時にアクセル踏むと発生:車の発進時や、低速からの加速時にグッとアクセルを踏み込むと、エンジンからカラカラあるいはカタカタあるいはカクカクといった硬質の音が聞こえてくることがあります。そして、そのままアクセルを踏んでも車が加速していかなかったり、あるいは、エンストで止まってしまったりします。これはノッキングと呼ばれる現象です。エンジンの異常燃焼です。未燃焼混合気が自己着火する異常燃焼です。音と振動が発生するので誰でも気づきます。プラグや燃料噴射装置等が劣化してくれば発生してしまいますし、ノックセンサーそのものが故障することもありえます。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。