Lジェトロニックとは|Dジェトロニックとは|燃料噴射装置の方式

Lジェトロニック・Dジェトロニック・燃料噴射装置

燃料噴射装置の方式

電子制御式燃料噴射装置は、コンピュータにより最適な空燃比(空気と燃料の比率)を割り出し、その指令を受けてピストン内に混合気を噴射します。

その際、エンジンに流入する空気の量を検知する必要があるのですが、この検知の方式によって呼び名が変わってきます。

Lジェトロニック方式では、エアフロセンサーで空気の流入量を検知し、この情報を元に最適な空燃比を割り出します。

Dジェトロニック方式では、バキュームセンサーで空気の圧を検知し、この情報を元に最適な空燃比を割り出します。

名称の解説

名称の解説をしておきます。

LジェトロニックのLはドイツ語のLuft(ルフト)のことで、大気とか空気を意味します。

DジェトロニックのDはドイツ語でDruck(ドルク)のことで、気圧とか圧力を意味します。

ジェトロニックはドイツ語で計測を意味します。

そもそもジェトロニックとは、ドイツを本拠とする自動車部品メーカーであるボッシュが1967年に発表したガソリンエンジン用の燃料噴射装置の名称です。

ジェトロニックは何世代も続いていて、列挙すると以下のようになります。

  • Dジェトロニック(1967–1976)
  • Kジェトロニック(1973–1994)
  • Kジェトロニック ラムダ
  • KEジェトロニック (1985–1993)
  • Lジェトロニック(1974–1989)
  • LEジェトロニック(1981–1991)
  • LUジェトロニック(1983–1991)
  • LHジェトロニック(1982–1998)
  • モノ・ジェトロニック(1988–1995)

車|エアフロ|エアフロメーター(エアフロセンサー)|構造・役割・原理

2020.04.23

バキュームセンサー|修理代・交換費用|点検方法|構造は?

2020.04.24

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、9月ですね。雨ばかりの7月、うだるような8月が過ぎたら、今度は台風多発の月になりそうです。新型コロナもまだ収まっていません。そんな状況ですが、皆さんが当ブログを訪問していただき、記事を読んでくださることだけがわたしの生きがいです。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。