タイミングベルトテンショナーとは|歯嚙み確保|異音に注意|オートテンショナーが普及

タイミングベルトテンショナー・タイミングベルトオートテンショナー・とは・異音

タイミングベルトテンショナーとは

そもそもタイミングベルトは、車やバイクのエンジンの主要パーツの一つです。

タイミングベルトは、クランクシャフトとウォーターポンプとカムシャフトを転結しています。その連結の仕方は、通常のVベルトとは異なり、プーリーの凹みに合わせた凸部がついたベルト(歯付ベルト・コグドベルト)によってつながっています。

なぜ「歯」がついているかというと、厳密な同期が要求されるからです。クランクシャフトの2回転がカムシャフトの1回転となるようなギア比を実現する必要があり、ベルトがずれたりすると、カムシャフトが駆動する吸排気バルブのタイミングがめちゃくちゃになってエンジンが壊れてしまいます。

そういう意味で、タイミングベルトは正確さが要求されるパーツです。

この正確さを担保するための装置、それがタイミングベルトテンショナーです。

タイミングベルトがやや劣化してきて「張り」が緩んでくると、プーリーとベルトとの歯嚙みがずれてきます。すると、歯がこぼれたり、次の歯、またその次の歯に飛び越えてしまう現象が発生し、その結果、吸排気バルブの作動が狂いだします。

タイミングベルトテンショナーは、この「張り」が常時保たれるようにする装置です。

近年は、オート機構を備えたタイミングベルトオートテンショナーが出てきています。この機構があれば、ベルトにゆるみが出たことを検知すると自動で「張り」を調節します。

異音に注意

タイミングベルトが劣化したり、あるいはテンショナーそのものが故障したりしている場合は、走行中に異音が発生します。

聞き慣れない音が発生したら、放置しないでディーラーや整備工場に持ち込んで診断してもらってください。

発生早期であれば大事に至りません。放置して、タイミングベルトの「歯」が折れたりすると、最悪の場合、吸排気バルブのスプリングなどが破壊され、それが破片となってシリンダー内に侵入し、エンジンを完全にオシャカにすることがあります。

異音にはご注意ください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。