ゴルフ「ヴァリアント」の中古車はなぜ安い?購入する価値とは?

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023.12.23

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023.12.23

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023.12.22

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023.12.20

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023.12.19

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023.12.18

ゴルフ「ヴァリアント」の中古車はなぜ安い?購入する価値とは?

ゴルフヴァリアント:フォルクスワーゲン

中古車市場において、ゴルフ「ヴァリアント」は他の車種に比べてなぜ安いのでしょうか。

本記事では、ヴァリアントの中古車がなぜ安いのかを詳しく解説します。

 

ヴァリアントの購入価値を見極めるために、さらに、オーナーの口コミによる不満点も検証しますので、中古車を購入するべきか悩んでいる方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ゴルフ「ヴァリアント」の中古車市場価格

ゴルフ「ヴァリアント」の中古車価格を調査します。

 

中古車ショップ登録台数平均価格価格帯
カーセンサー550台345.8万円219万円~665万円
グーネット510台151.5万円9万円~473万円

※2023年6月6日現在

 

「ヴァリアント」は、中古車市場では総額80万円~150万円程度が平均価格帯となっています。

新車価格が330.9万円なので、新車の半額以下で購入できる安さが魅力です。

「ヴァリアント」の中古車はなぜ安い?

こちらの章では、ヴァリアントが安い理由について詳しく検証します。

ステーションワゴンの人気低下

かつては日本の自動車市場で人気を誇っていたステーションワゴンですが、現在では国産車の車種数がかなり減少しています。

比較的新しい車種としては、スバル「レヴォーグ」やトヨタ「カローラツーリング」などがありますが、近年ではミニバンやSUV車に人気が集まり、ステーションワゴンの需要は急速に低下しています。

 

このような市場の変化により、中古車の供給が増え価格が押し下げられていると考えられます。

DSGのリコール問題

2019年、フォルクスワーゲンでは「7速DSG型自動変速機に不具合がある」として、ポロやゴルフなど30車種をリコールしています。

リコールの対象車は2008年〜2016年に製造された車種であり、中古車市場に流通しているゴルフ「ヴァリアント」が対象となったことも、価格下落の要因とされています。

※DSGのリコール問題はすでにメーカーが解決しており、走行に支障はありません。

「ヴァリアント」の不満点

ここまでは、ヴァリアントの中古車価格が安い理由を解説しました。

 

また、ステーションワゴンも広い室内空間や大容量の荷室を備えており、長距離移動や家族旅行などでも使い勝手のよいクルマです。

これらの要素を考えると、乗る価値のあるクルマと言えるでしょう。

 

しかし、オーナーの本音も気になるところ。

こちらの章では、実際のオーナーが感じる不満点について解説します。

ナビが使いづらい

オーナーの口コミで良く見受けられたのが、「純正ナビ」に対する意見です。

 

  • ナビの説明書が不親切で分かりづらい
  • 登録された名称でないと検索で表示されない
  • 高速で目的地途中のSAが表示されない

 

このように、使いづらさを訴えているオーナーも多いため、ナビの操作性については試乗時にきちんと確認しておくことが大切です。

エアコンの使い勝手が悪い

  • エアコンコンプレッサーが可変量型のため、ON/OFFの変動がない
  • マニュアルエアコンがうまく使いこなせない

 

現在の「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」には、運転席と助手席の温度設定が独立しているオートエアコンが標準装備されています。

しかし、2015年以前のモデルは、すべてマニュアルエアコンです。

 

中古車のヴァリアントを選ぶ際は、価格だけではなく年式による装備の違いもチェックしておきましょう。

国産車に比べて故障が多い

  • 何かしら故障がよくある
  • 数年に一度故障が起きる

 

近年の輸入車は、昔ほど故障が起きないと言われていますが、海外製ということもあり、故障した場合は部品代などの修理費が国産車よりも高くなります

日頃から定期的にメンテナンスしておくことが大切です。

「故障」なのに保険が使える?自動車保険に新しい補償が出来ました!

2023.07.04

ゴルフヴァリアントはこんな人におすすめ

ゴルフヴァリアントは非常に万能で高品質な自動車ですので、さまざまなタイプのドライバーにおすすめできます。

  1. 家族持ちの人: ゴルフヴァリアントはステーションワゴンタイプの車であり、大量の荷物を積むことが可能です。そのため、子供のスポーツ用具や旅行荷物などをたくさん運ぶ必要がある家族にとっては非常に便利です。
  2. 安全性を重視する人: フォルクスワーゲンの車は一般的に安全性が高く評価されています。ゴルフヴァリアントもその例外ではなく、高度な安全技術と優れたクラッシュテスト評価を誇っています。
  3. 快適性と機能性を求める人: ゴルフヴァリアントはシンプルで洗練されたインテリアと優れた乗り心地を提供します。また、最新のエンターテイメントと情報システムも備えているため、長距離のドライブでも快適に過ごすことができます。

ただし、中古車を購入する際は注意が必要です。

車の状態、走行距離、保守履歴、事故歴などを確認し、必要であれば専門家による検査を受けることをおすすめします。

また、ゴルフヴァリアントは一般的に信頼性が高い車とされていますが、あくまでそれは定期的なメンテナンスがきちんと行われていることが前提です。

中古のゴルフヴァリアントを選ぶ場合は、適切なメンテナンスが行われている車を選ぶことが重要となります。

【買う】中古車購入で失敗しない!押さえておくべき10のポイント

2023.03.30

満足している人の声は多い

ヴァリアントには多少の不満点がありますが、満足しているオーナーの声が多く見受けられています。

 

「ステーションワゴンとして適切なサイズで品質の高い車です。乗れば乗るほど良さを感じます。」

 

「多少のマイナスポイントはあれど、イイとこが多すぎて非常に所有感が満たされる良いクルマだと思います。輸入車に抵抗感がある方には一度ぜひ乗ってみて欲しいクルマです。」

 

ゴルフヴァリアントは、車内の広さや使い勝手の良さ、所有者の満足度を考慮すれば、その価格を上回る価値があると言えるでしょう。

ぜひ、中古市場でゴルフヴァリアントを検討してみてくださいね。

 

ご覧いただきありがとうございます。

【2023年8月19日追記:中古車の価格表示は「支払総額」に!】

2023年10月1日より、中古車の価格表示が「支払総額」に変わります。

支払総額について中古車の支払総額は「車両本体価格」と「諸費用」の合計。クルマを乗り出すための全費用。
車両本体価格店頭での引き渡し価格、消費税を含む。装備なども含む。
諸費用保険料、税金、登録などの費用。これを含まない支払総額の表示は不可となる。
諸費用に含まれない費用任意保険料、希望ナンバー申請費用、リサイクル料金、下取車諸手続代行費用、下取車査定料、管轄外登録(届出)費用、納車費用など
不適切な費用(請求してはいけない費用)納車準備費用、通常仕上費用、納車点検費用、納車整備費用、土日祝納車費用、利益、販売手数料、オークション陸送費、広告掲載料等※こうした費用を請求する業者は悪徳業者である。
中古車販売の問題点不当な価格表示や不適切な販売行為があった。これら規約違反となる行為が厳格化される。
規約・規則の改正規約違反の業者に対しては、厳重警告、社名公表、違約金が発生するなど厳格化される。

(参照・引用:自動車公正取引協議会)

【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023.12.13

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023.12.15

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023.12.16

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023.12.18

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023.12.22

買ってはいけない中古車ランキング:絶対に避けるべき10の注意点

2023.12.12
グレース泉
私が執筆した記事一覧はこちらのページです。他の記事もお読みいただけるとうれしいです。

こちらの記事も読まれています