【2022年~2023年】年末年始の高速道路利用で注意すること・お役立ち情報大全!

高速・高速道路・ガス欠・違反・点数・罰則・罰金・トラック・乗用車・対応・対処法・ロードサービス・JAF・エアー抜き




【2022年~2023年】年末年始の高速道路利用で注意すること・お役立ち情報大全!

3年ぶりに新型コロナによる行動制限のない年末年始となりましたね。高速道路を利用して車で帰省する人も多いと思います。

そこで、この年末年始の高速走行で注意すること、その他お役立ち情報をお届けします。

「休日割引」「深夜割引」は適用される? ETC乗り放題プランはどういう扱いになる?

12月30日は金曜日。

12月31日は土曜日。

1月1日は日曜日。

1月2日は月曜日。

1月3日は火曜日。

こうした曜日の並びになっていますが、「休日割引」とか「深夜割引」とか「ETC乗り放題」などはどういう扱いになるのでしょう?

こちらに詳しい情報が乗っていますよ。

⇒⇒年末年始の高速「休日割引」「深夜割引」適用される? ETC乗り放題プランも注意 安く移動するコツ(乗りものニュース)

 

お出かけ前・走行中に目的地周辺をライブカメラで見る

たとえば、東京から広島に帰省する場合、利用予定の高速道路や一般道などの道路状況をあらかじめ確認しておきたいですよね。

ノーマルタイヤのままでいいのか、やはりスタッドレスタイヤが必要か、タイヤチェーンは用意しておくべきか、などを事前に確認したいはず。

そんな場合は、全国に点在する国土交通省の地方整備局が設置しているライブカメラが便利です。

30分以内に撮影された静止画像を見ることができます。

⇒⇒全国のライブカメラ(国土交通省)

 

混み合った高速道路:「結局、左側をずっと走ったほうが早い?」

これは昔から議論されている話ですが、混み合った高速を走る場合、追い越し車線を走ったほうが早く目的地に着くのか、いやいや、左端の走行車線を走ったほうが結局は早く着くよ、といろいろ言われてきましたよね。

12月29日のモーニングショー(テレビ朝日)で、この問題が取り上げられました。

⇒⇒“渋滞学”第一人者 高速道路の渋滞「左側でずっといった方が距離が長ければ長いほどトータルでは早い」

 

年末年始の車のトラブル:バッテリー上がりとタイヤトラブル

JAFの岡山支部によると、12月の出動内容で最も多いトラブルは「バッテリー上がり」(33%)で、次が「パンクなどのタイヤトラブル」(14%)だそうです。

雪国では、同じタイヤトラブルでも、チェーン装着やスタッドレスタイヤへの交換などが上位に来るものと思われます。

⇒⇒年末年始は車のトラブルも増加傾向 出発前にタイヤなど点検を(NHK NEWS WEB 岡山)

 

年末年始ならではの交通違反の取り締まりとは?

これは高速道路よりも一般道の話になりますが、年末年始は飲酒運転検問が増えます。またスピード違反の取り締まりもあちこちで強化される傾向にあります。

ただし、雨の日や雪の日の「ネズミ捕り」はやらないと巷では言われています。それは本当なのでしょうか?

いずれにしても、せっかくのお正月に違反切符を切られたらお財布にも痛いし気分も最悪です。このあたりの話も頭に入れておいてくださいね。

⇒⇒年末年始だからこそ気を付けたい交通違反(Motor Fan)

 

<その他お役立ち情報:高速道路関連>

⇒⇒高速道路でガス欠は違反です

⇒⇒高速道路の特別転回|目的のインター出口を通り過ぎた場合の救済制度

 

<その他お役立ち情報:スタッドレスタイヤ関連>

⇒⇒スタッドレスタイヤの寿命|10年目・10年落ちは使える?

⇒⇒スタッドレスタイヤがいらない地域はどんな地域ですか?

⇒⇒東京・名古屋・大阪でスタッドレスタイヤは必要?不要?

⇒⇒スタッドレスタイヤのスリップサイン|車検は何ミリでダメ?

⇒⇒スタッドレスタイヤの見分け方|走行中に見分けができる?

⇒⇒スタッドレスタイヤのプラットホーム|新品時は5mm前後

⇒⇒スタッドレスタイヤ プラットホーム|1ミリ・2ミリ・3ミリでNG?

⇒⇒オールシーズンタイヤの見分け方|スタッドレスとの違いは?

⇒⇒スタッドレスタイヤの履きつぶしのメリットとデメリット

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。