【2分解説】ブレーキを踏むとハンドルが取られる|左に右に流れる

ブレーキ・ハンドル取られる




ブレーキを踏むとハンドルが取られる|左に右に流れる

車で走行中にブレーキを掛けた際、なぜかハンドルが片方に取られることがあります。左側に取られることもあれば右側に取られることもありますし、車によっては必ずいずれかの側に取られるケースもあります。

こうしたブレーキング時にハンドルが取られる現象は、下記のような原因が考えられます。

  1. タイヤの空気圧が左右均等になっていない:片側が極端に空気圧が低いとそちらの側にハンドルが取られやすいです。
  2. ブレーキに異常がある:よくあるのは「引きずり」で、ブレーキパッドがディスクにくっついて離れない状態になることです。左右のいずれかにこれがあるとそちらの側にハンドルが取られます。
  3. アライメントの狂い:タイヤを交換したり、車高調やダウンサスを取り付けたりすると、タイヤと車体との取り付け角度が狂います。かならずトー角・キャンバー角・キャスター角の調整(アライメント調整)が必要で、この調整がなされていないとブレーキング時にハンドルが左右に取られやすくなります。
  4. 扁平率が低くて幅広のタイヤを履いた場合のワンダリング:スポーツカーなどが履く幅広で扁平率が低いペタンコのタイヤを履くと、路面との接地面積が広くなり、なおかつタイヤの変形が少なくなるので、路面の状態をダイレクトに車体に伝えるようになります。これによりブレーキング時に路面の状態によってはハンドルが左右にぶれやすくなります。

上記の内、④のワンダリングはタイヤやブレーキやアライメントがすべて正常であっても発生しますから、これは慣れるしかないと思います。

しかし、①②③は調整することで正常に戻せます。ディーラーや整備工場でプロの診断を受け必要な修理調整をしてください。

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒車のワンダリングとは?意味は?タイヤのふらつき対策

⇒⇒タイヤ交換した直後から左に流れるようになった|原因は?

⇒⇒車|ハンドルを離すと左に|手離しで左に寄るのは正常です

⇒⇒扁平タイヤ|轍や段差でハンドル取られる|原因は?

⇒⇒タイヤの空気圧は何キロまで?最大限度・限界の数値は?

⇒⇒タイヤの空気圧と気温の関係|夏と冬の違いはある?

⇒⇒タイヤのパンク保証は必要?いらない?|メリット・デメリット

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。