【他人の視線】シャコタン/ローダウンはダサい?メリット・デメリットは?

シャコタン・ダサい・ローダウン

シャコタン/ローダウンはダサい?メリット・デメリットは?

シャコタンとは「車高短」のことです。くすること、つまりローダウンと同じ意味です。

車のボディーを地面により近づけるカスタムのことで、一般的には次の2つの方法で行います。

  1. スプリングを短いものに交換する。あるいは、途中でパチンッと切って短くする
  2. ショックアブソーバーを高さ調整式のものに交換する(いわゆる「車高調サスペンション」のこと)

その他、タイヤを小径のものに交換したり、エアロパーツを取り付けたりする方法もありますが、いずれにしても車検基準である9cmの高さは確保しないと不正改造となり検挙の対象になります。

最低地上高とは

車を真横から見た場合、前輪の中心と後輪の中心の間のことをホイールベースと呼びます。このホイールベースと地面との間の最も狭い部分を計測した値のことを最低地上高(車高)と呼びます。車検の保安基準は9cmです。

シャコタン/ローダウンした車がダサいかどうかは、個々の車のルックスを実際に見ないと判断できないところで、ダサいシャコタンもあればカッコいいシャコタンもあると思います。

シャコタン・ローダウン・画像

シャコタン 画像」でグーグル検索したスクリーンショット

とは言え、一般的によく耳にするのは、

シャコタンはダサいよね。どういうつもりであんなことやるのか理解不能

といった言葉です。

恐らく、何事もエスカレートするのが常で、最初はちょっとだけスプリングを短くして、タイヤとホイールハウスの隙間を詰めることでカッコよく決めていたのが、仲間がもっと極端に車高を落とすのを見て、つい対抗心が燃え上がり、もっとさらにド派手に目立つ方向にエネルギーが向かっていくのでしょう。

その結果が、

何事も本人の自由だけど、その車、普通に道路を走れないのでは?底をこすらずにコンビニの駐車場に入れます?立体駐車場は不可でしょう?道路のちょっとした窪みを通過する度に火花が散るんじゃない?悪いけど、ダサいと思いません?

と言いたくなる車が出現するわけです。

やはり、人間の性として、何事も限度を超えてしまうのですね。

ローダウンもネガキャンやポジキャンも引っ張りタイヤもエアロもインチアップやタイヤの扁平化も、もはや実用の域を超えてしまうところまでいかないと気が済まない領域に突入してしまうのでしょうね。

そして、面白いことに、中途半端にシャコタンした車はダサいと感じることがあっても、実用性を無視して極端に車高を下げまくった車を見ると、

「ガハハ」

と腹の底から笑いが湧き上がってきて、豪快な、壁を突き抜けたような気持ちになることがあったりします。

そうなると、もはやダサいとかダサくないとかの次元を超えて、

いや、これはお見逸れしました。お見事です。降参です。ただ、おまわりさんに捕まらないようにお気を付けください

というような圧倒された状態になったりします。

みなさんも、そういうとんでもないシャコタン状態の車をご覧になったことがあるのでは?

メリットとデメリット

シャコタン/ローダウンにはメリットとデメリットがあります。

あくまでも一般論になりますが、以下に箇条書きでご紹介します。

シャコタン/ローダウンのメリット
  • タイヤとタイヤハウスの隙間が小さくなるあるいは無くなることで見た目がカッコよくなる:やり過ぎるとハンドルを切った際にタイヤとハウスが干渉する
  • 車の重心が下がって安定することで、コーナリング性能等の運動性能が全般的に向上する。また、路面の情報がよりダイレクトにハンドルやシートに伝わり運転操作が楽しくなる
  • ボディーと路面との隙間が小さくなることで、車を浮き上がらせる方向に働く空気の流れが抑制され、高速度域の安定感が増す
  • ミニバンやSUVの重心を下げると、特に高速走行時の振動や騒音が少なくなり、リヤシートの乗員が車酔いになるのを防止できる:段差や窪みでの乗り心地の悪化は車高調を取り付けることで対策可能
シャコタン/ローダウンのデメリット
  • タイヤの上下の可動域が狭くなるので、段差や窪みなどのいなしが不十分になり、乗り心地は確実に低下する
  • 出っ張りのあるものに当たりまくって実用性は大幅に低下する:道路からコンビニに入る際の段差、コンビニの車止め、立体駐車場の真ん中の出っ張り、工事中の路面段差、路面の窪み、ちょっとした坂道(たとえばフェリーのスロープ)などなどあらゆる場面で神経を使うことになる。こうした場面を端から見ると、しょっちゅう火花を飛ばす光景が見られる
  • 前の項目と同じだが、とりわけ、盛り上がった踏切の横断が恐ろしく悲惨なことになる。まっすぐ渡ろうとすると車の底がこすれる。こすれるだけならいいが乗り上がって動けなくなる可能性もあるから、右に左にハンドルを切りつつできるだけ接触を避け、同時に対向車があればその合間をかいくぐるのにとんでもなく神経をすり減らすことになる※こうした大変な思いをしても仲間内の会話ではこれが自慢話に変わったりする(もはや処置ナシ)
  • 標準仕様と異なる状態にした車両の修理や車検は、ディーラーによっては拒絶されることがある
  • 9cmという最低地上高を満たしていないシャコタン/ローダウンは、新規に自動車保険に加入できません。また、契約後に改造して事故を起こした場合も保険金は支払われません。保険約款に明記されています

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒レクサスの型落ちはダサい?先代を買いたいけどダサいかな?

⇒⇒(広告)あなたの愛車は今いくら?

⇒⇒車のグレー/シルバーはダサい?20代・30代は似合わない?

⇒⇒車の土禁はダサい?「土足禁止です」と言われると不快?

⇒⇒(広告)廃車買取専門店「ハイシャル」

⇒⇒ロードスターのATはダサいとは思わないがモッタイナイかも

⇒⇒緑色の車はダサい?グリーンのボディーカラーってどう?

⇒⇒黒ホイールはダサい?黒いホイールでダサくない車ある?

⇒⇒ゴールドホイールはださい?金ピカゴールドだとダサいの?

⇒⇒SUVのローダウンってダサい?意味不明だけどカッコいいかも

⇒⇒車のエンブレムを外すのってダサいですよね?どう思います?

⇒⇒車のツートンカラーはダサい?最近は軽に多いけど、どうなの?

⇒⇒軽自動車をカスタムしたのってダサい?口コミ・評判を調査!

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。