新型隼大解剖レビュー:隼は買うな・がっかり・不評・購入後悔・壊れやすい・安い理由を検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



新型隼大解剖レビュー:隼は買うな・がっかり・不評・購入後悔・壊れやすい・安い理由を検証!

スズキ・ハヤブサ:SUZUKI

皆さん、こんにちは。バイク愛好者にとって、新型「隼」がどれほどの性能を持つのか、価格はどうなのか、評価はどうか、といったことは非常に気になるポイントでしょう。今回の記事では、新型「隼」について幅広くレビューします。

スペックから価格、そして肯定的なレビューから否定的なレビューまで、バイクを購入する前に知っておきたい情報を網羅的に説明していきます。さらに、ライバル車との比較や、どんな人にこのバイクが最適なのかも考察します。

最後に、新型「隼」に興味を持ってスズキのディーラーを訪れた人が目移りしてしまうかもしれない他のスズキの車種についても触れてみたいと思います。つまり、この記事が新型「隼」に関する全てを網羅したガイドになることを目指しています。

どんなバイク?

(※)スズキ・ハヤブサ(隼)の最新モデルは、2021年にフルモデルチェンジした3代目です。

スズキ・ハヤブサ(隼)は、1339ccの大型バイクです。最高出力は188馬力、最大トルクは149Nmを発揮し、圧倒的な加速と最高速を誇ります。

WMTCモード値は15.4km/Lで、燃料タンクは20Lなので、計算上は満タンで約308km走ります。

ハヤブサは、高速道路でのロングツーリングやサーキット走行など、あらゆるシーンで活躍できる究極のスポーツバイクであり、スズキのフラッグシップモデルです。

(※)2000年、ハヤブサ(隼)は実測での最高速・時速312.29kmをマークし、ギネスブックに掲載されました。以来、「世界最速のバイク」として世界中でセンセーションを巻き起こしたとんでもないバイクです。ただし、記録は破られるもの。その後、2003年にダッジ・トマホークが676kmを記録しています。

スペック

新型隼のスペック(主要諸元)を以下にまとめました。

項目詳細
車名新型隼
型式8BL-EJ11A
フレーム形式ダイヤモンド
全長×全幅×全高2,180mm / 735mm / 1,165mm
最低地上高125mm
シート高800mm
エンジン種類DXA1・水冷・4サイクル・直列4気筒 / DOHC・4バルブ
総排気量1,339cm³
最高出力138kW〈188PS〉 / 9,700rpm
最大トルク149N・m〈15.2kgf・m〉 / 7,000rpm
燃料タンク容量20L
乗車定員2名
トランスミッション形式常時噛合式6段リターン
車両重量264kg
燃料消費率(km/L)
  • 国土交通省届出値:20.2km/L(60km/h) 2名乗車時
  • WMTCモード値:15.4km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
最小回転半径3.3m

価格

Suzuki HAYABUSA(隼)の価格です。

2,156,000円(税込)

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは「新型隼大解剖レビュー:隼は買うな・がっかり・不評・購入後悔・壊れやすい・安い理由を検証!」です。

検証するには材料が必要です。

まず、新型隼に関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • オイルフィルター交換が手間、アンダーカウルを外さなければならない
  • オイル交換時にエキパイにオイルがたれる可能性あり
  • 重量感があるため、体格が小さいと取り回しが難しい
  • 夏の街乗り、特に信号待ちは暑い
  • サイドスタンドに関する電子的な不具合が報告されている
  • スズキの販売店が減少し、予約が取りづらい
  • ワインディングではSS系には劣る

 

  • クイックシフターのダウンが遅い速度で暴れることがある。
  • 納期が不確定で色の選択が限られた。
  • 燃費が2型よりもわずかに悪い。
  • 排熱が尋常ではなく、真夏の渋滞は避けるべき。
  • シート下からの熱風で内ももが暑い。
  • カウルのメンテナンスが面倒。

 

  • サイドスタンドが短く、車体が傾くため駐車時に不安感がある。
  • 航続可能距離が短く、ロングツーリングでは計画性が求められる。
  • 燃費が悪く、都内での街乗りでは10km/L前後。
  • 熱の発生が多く、大排気量の宿命として解消できない。
  • 足つきが良いものの、降りての取り回しは神経を使う。
  • 外装を外すのが旧型よりも面倒。

 

  • 熱くて特に夏は厳しい
  • 重くて取り回しに気を使う
  • 前傾姿勢が強く膝から下が窮屈
  • 燃費が悪い
  • 斜面で停車すると倒れやすい
  • クラッチが重い
  • ヘルメットロックが不便
  • 足元が非常に熱く、特別な遮熱対策が必要
  • スロットルが重く、手首に負担
  • 高価

 

  • シートが低く足回りが窮屈に感じる。
  • アンチリフトコントロールが単純なパワーカットに感じられ、期待した効果がない。
  • 前車追従型のクルーズコントロールが欲しい。
  • 新型では外見上の違いが少なく、インパクトに欠ける。
  • 前屈姿勢が辛いと感じる場面もある。

 

  • 前傾姿勢がある程度キツいと感じる人もいる。
  • 高価なため、電サス、キーレス、ミリ波レーダーなどが欲しいと感じる。
  • キーの位置が使いづらい、車載動画を録る際にキートップが邪魔。
  • 重量と大きさがあるので、初心者や小柄な人には取り回し難しい。
  • 高価格帯であるにも関わらず、最新の安全装備が一部欠けている。

 

  • 燃費が悪い。街中での通勤では12km/L程度。
  • 2速から3速にクイックシフターでシフトアップすると、ギアが抜ける場面がある。
  • 高価格なフラグシップモデルでありながら、前後電子制御サスペンションやキーレス機能が搭載されていない。
  • 重量があるため、狭い道や急な坂で扱いづらい場面も。
  • シート下の収納スペースが少ない。ETC2.0とドラレコ本体、車載工具でほぼ埋まってしまう。

 

  • 低速トルクがCB1300に比べて劣ると感じる。
  • 1速ギヤ比が違うため、低速でのトルク特性に違和感。
  • タンクの形状がひし形で、Uターンする際に手が挟まりやすい。
  • 重量があるため、取り回しに苦労する場面もある。
  • 価格が200万円オーバーで、初期費用が高い。

上記の否定的・ネガティブなレビューの分析結果

新型隼のレビューによると、以下のような点が分析できます。

  1. 操作性と取り回し:多くのレビュアーが重量感や取り回しに関する問題を指摘しています。小柄な人や初心者には向かない可能性が高いと評されている。
  2. 熱対策:暑い時期には不快感が増す可能性があり、熱の発生や排熱に問題があると評されている。
  3. 機能と装備:クイックシフター、サイドスタンド、アンチリフトコントロールなどについて電子的な不具合や性能の不足が指摘されています。
  4. 燃費と距離:燃費が悪く、ロングツーリングには計画性が必要といった意見がある。
  5. メンテナンス:オイルフィルターやカウルの交換が面倒と評されている。また、スズキの販売店が減少しているため、予約も取りづらいといった意見がある。
  6. コストパフォーマンス:高価格帯であるにも関わらず、最新の安全装備が一部欠けているという意見が多い。
  7. 乗り心地:前傾姿勢やシートの低さ、足回りの窮屈さなど、体型や好みによっては不快と感じる要素が存在すると評されています。
  8. 外観とデザイン:新型でも外見上の違いが少なく、インパクトに欠けると評されている。
  9. 納期と選択肢:納期が不確定で、色の選択も限られているといった意見がある。
  10. 特定のギアでの運転感:特定の速度やギアでの運転に違和感を感じるという指摘もある。

以上のように、新型隼は操作性、熱対策、機能と装備にいくつかの問題が指摘されています。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、新型隼に関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • アクセルを捻れば瞬時に速度が上がる、爆発的な加速性能
  • 高速道路や峠のツーリングで非常に快適
  • 世界最速と謳われるだけあり、スピード感が半端ない
  • 安定感があり、高速走行でも怖くない
  • レギュラーガソリンでもノッキングせずに走行可能
  • 重量感があり、低重心でバランスが良い
  • 1300ccという大排気量ながら、燃費が良い
  • メーター周りの質感が高い、所有感がある
  • イメージよりも取り回しがしやすい、意外とスパッとバンクできる
  • ロングツーリングからワインディングまで万能

 

  • 2型と3型は乗り心地が同じで乗りやすい。
  • タンクの容量が大きく、長距離ツーリングに適している。
  • 高速道路での安定感があり、非常に快適。
  • 3型のカウルは外しやすい。
  • 見た目とは裏腹に重量感を感じず、心地よい走りができる。
  • 400kmほどのツーリングでも18km/Lと比較的良い燃費。

 

  • 走りは安定しており、フルパワーのAモードでも取り回しに困ることがない。
  • 足つきが良く、ポジションも適度な前傾でストレスが少ない。
  • 基本設計がライダーに優しく、質感も高い。
  • 電子制御が豊富で、一度設定を決めればほとんど触らなくても良い。
  • 高速道路での安定性が高く、ワインディングでも楽しく走れる。
  • デザインが一目で隼とわかるほどインパクトがある。

 

  • 乗り心地が快適
  • 高度な電子制御で安全性とパフォーマンスが高い
  • マイルドな乗り味と高速性能が共存
  • 隼というブランドが高い認知度とステイタスを持つ
  • 良好なリセールバリュー
  • 旋回が非常に安定している
  • スロットルレスポンスは穏やか
  • シートが広くて柔らかい
  • 加速が気持ち良い
  • 見た目がシャープでカッコイイ

 

  • 常用域のパワーとトルク感が洗練されている。
  • サスペンションが公道での乗り心地を考慮しており、ツアラーとして完成度が高い。
  • 排熱問題が改善されている。
  • ワインディングでも気持ちよく走れる。
  • 各種電子制御が充実しており、特にクルーズコントロールが便利。
  • 馬力は据え置きだが、質感が向上している。
  • 安定して高速で走れる。
  • レスポンスが良い。

 

  • 前傾姿勢が思ったより楽で、疲れにくい。
  • 電装系が充実しており、クルーズコントロールやクイックシフターなどが使いやすい。
  • ローRPMアシスト機能でエンストがしにくい。
  • 怒涛の加速と余裕のあるトルクが魅力。
  • デザインが美しく、所有欲を満たす。
  • シートクッションが快適で、長距離でも疲れにくい。
  • 足つきが意外と良く、特にローダウンする必要がない。

 

  • クイックシフターが1,600rpmから使用可能で、非常にスムーズ。
  • クルーズコントロール機能が非常に便利で、操作も簡単。
  • 10段階で調整可能なトラクションコントロールが搭載。
  • 安定した走行性能と高性能なブレーキ。
  • デザインがユニークで所有感を満たしてくれる。
  • タンデムシートが広く、ラゲッジフックのオプションがあるため、積載性が良い。
  • 価格が他メーカーに比べてリーズナブル。

 

  • トルクが豊富で、山道や峠でも楽に登れる。
  • クイックシフターがついているため、シフト操作が楽。
  • 走行が非常に安定しており、曲がりやすい。
  • 乗り心地が良く、長距離走行でも疲れにくい。
  • サスペンションの品質が高く、快適な乗り心地。
  • クルーズコントロールで燃費が良く、高速道路で効率的。
  • 前後連動ブレーキ&ABSが高性能で、安全な減速が可能。

上記の肯定的・ポジティブなレビューの分析結果

新型隼のレビューから見て取れるポイントはいくつかあります。

  1. 加速性能と高速走行の安定性: アクセルのレスポンスが良く、高速道路でも安定して走行できると評されています。安全性とスピード感が両立していると言えます。
  2. 燃費とガソリン: 大排気量の1300ccにもかかわらず、燃費が良いと評価されています。さらにレギュラーガソリンでも問題なく走行できるとされています。
  3. 乗り心地: シートの快適性や足つきの良さ、前傾姿勢による疲れにくさなど、長距離でも快適に走行できる設計となっていると評されています。
  4. 操作性と機能: 電子制御が豊富で、クイックシフターやクルーズコントロールなどが使いやすいといった意見がある。これにより、ライダーがストレス少なく運転できるとされています。
  5. デザインと質感: 外観が美しく、メーター周りなどの質感も高いと評されています。また、所有すること自体に満足感があるとされています。
  6. 多用途性: ロングツーリングからワインディングまで、様々なシチュエーションでの走行が可能であると評されています。
  7. 価格とリセールバリュー: 購入価格が他メーカーに比べてリーズナブルであり、またリセールバリューが高いとも評されています。
  8. 安全性: 高度な電子制御による安全性が高いと評価されています。前後連動ブレーキ&ABSについては高性能であるといった意見があります。

全体的に、新型隼は高性能かつ多機能で、長距離から短距離まで多用途に使えるバイクという評価が多数見られます。安全性、快適性、操作性が高く、デザインや質感にも優れていると評されています。

総合的・全体的レビューのご紹介

レビュー紹介の最後に、新型隼に関する総合的・全体的レビューをご紹介します。


  • スズキのハヤブサはスピードと快適さが高次元でバランスされているバイク
  • 爆発的な加速と安定した走行性能は魅力的
  • 燃費も良く、総合的なパフォーマンスは高い
  • サービス体制や一部の不具合、暑さ対策は改善の余地あり
  • それでも、全体としては高評価で、多くの人にとって理想的な大型バイクと言える

 

  • 高い性能と快適な乗り心地が魅力。
  • 燃費も比較的良く、長距離ツーリングに適している。
  • しかし、排熱が少し気になる点。
  • メンテナンスは少々手間がかかるものの、それを補って余りある性能と快適性がある。
  • 体力と経験が必要だが、それがあれば非常に楽しいバイク。

 

  • 維持費が高く、重さと熱は解消できないが、その他はほとんど完璧。
  • 高性能なテクノロジーが詰まっており、ライダーにとっては非常に魅力的。
  • 独自のデザインと性能で、他のバイクと一線を画す。
  • 長距離走行からショートツーリング、サーキットまで多様な用途で使用できる。
  • 高い維持費と熱発生は課題だが、それを補って余りある程の性能と乗り心地。
  • シーンを選ばず、多くの人に一度は乗ってもらいたいバイク。

 

  • 性能と見た目に優れ、ステイタスの高いバイクだが、使い勝手や快適性に一部欠点がある。
  • 高速走行や旋回性能は優れているが、街乗りや取り回しには不便な点が多い。
  • 短所は明確だが、それを受け入れられるならば非常に魅力的な選択肢。
  • 高い価格と維持費を考慮に入れても、その性能とブランド価値は高い。
  • 初心者にはおすすめできないが、経験豊富なライダーには多くの魅力を提供する。

 

  • 馬力は旧型から大きな変更がないが、質感や洗練されたトルク感、改善された排熱などで全体的に高い完成度を感じる。
  • サスペンションや各種電子制御も評価が高いが、一方でシートの高さやアンチリフトコントロール、燃費など改善が望まれるポイントも存在する。
  • 高速道路での安定感やレスポンスの良さは特筆されており、長距離ツーリングからワインディングまで多用途に使えるバイク。
  • 初心者にはワンクッション置いた方が良い可能性があるが、全体的には長く乗り続けられるバイク。

「隼は買うな」「がっかり」「不評」「購入 後悔」「壊れやすい」「安い理由」を重点的に分析

この記事のテーマは「新型隼大解剖レビュー:隼は買うな・がっかり・不評・購入後悔・壊れやすい・安い理由を検証!」というものです。

テーマの重点項目である「隼は買うな」「がっかり」「不評」「購入 後悔」「壊れやすい」「安い理由」について、ここまで見てきたレビューを基に、検証したいと思います。

項目内容
隼は買うな「隼は買うな」というフレーズは、レビュー中のどこにも見当たりません。ただし、部分的・個別に欠点や短所を指摘するレビューは数多くあります。それは上記ネガティブなレビューでご紹介した通りです。レビュアーの多くは、様々な短所や欠点を指摘しつつ、隼が他とは一線を画す理想に近い大型バイクで、一度は乗るべきだ、といったスタンスです。したがって、「隼は買うな」というフレーズは都市伝説か風説の類であることは明白です。
がっかり隼を購入して「がっかり」しているオーナーさんの声は、ネット上のどこにあるのでしょう?短所や欠点を指摘する声は数多くありますが、このバイクそのものに「がっかり」している人はちょっと見当たりません。
不評とりわけ夏場の排熱問題は多くの人が指摘しています。大排気量だからやむを得ないと思いつつ、やはり熱さに悩んでいるオーナーさんは多いようです。これは明白に「不評」と言えるでしょう。
購入 後悔「隼は買うな」や「がっかり」と同様です。このバイクを購入して後悔しているオーナーさんは少ないと思います。購入する人は、かなり綿密な事前リサーチを行います。普通のバイクと異なる部分もある程度承知のうえで購入します。もちろん、所有して初めて判明することもあるでしょうが、そうした短所を上回る魅力をこのバイクに感じている人の方が圧倒的に多いです。
壊れやすいネガティブなレビューに記載してあること以外に、特に「壊れやすい」という情報は見当たりません。風評でしょう。
安い理由1339ccの隼は2,156,000円

こうしてみると、確かに隼の新車価格は安いです。しかし、「安い理由」はよくわかりません。スズキの企業努力か、独自の価格ポリシーか、いずれかでしょう。なお、中古車相場を見ても、隼が特に安いという状況ではなさそうです。いずれにしても、隼がもしも生産終了になったら、中古車価格は暴騰するでしょう。欲しい人は今買ったほうがいいですよ笑。

レビューサイトの平均評価点のご案内

新型隼が有名なレビューサイトでどう評価されているか、以下ご紹介します。

レビューサイトを参考にする際、「平均評価点」というのはとても重要な指標です。項目別のレビューなどいくら並べ立てても、実はバイク選びにはあまり参考になりません。

バイクのような趣味性の強いモノは、「いろいろ言うべきことはあるだろうが、結局のところ好きなのか嫌いなのか」、そこが最も知りたいところであり、「平均評価点」はこれを知る近道です。

※2023年10月21日時点

上記平均評価点の分析結果

  1. みんカラ:4.65点
    みんカラは一般のバイク愛好者が多く、レビューもリアルな使用状況に基づいている場合が多いです。4.65点という高評価は、多くの一般ユーザーが新型隼に高い満足度を感じていることを示しています。
  2. 価格コム:4.77点
    価格コムは比較的広い層からのレビューが集まるサイトであり、価格面での評価も大きいです。4.77点という数字は、新型隼がコストパフォーマンスも含めて非常に高く評価されていることを意味します。
  3. ウェビック:3.65点
    ウェビックはバイク専門のショッピングサイトであり、こちらでは専門的な知識を持つユーザーが多いです。3.65点と比較的低めの評価は、専門家や経験豊富なライダーから見れば改善点もいくつかあると考えられるためでしょう。

ライバル車とその特徴

新型隼のライバル車とその特徴をまとめました。

車名特徴
Yamaha YZF-R1
  • 997cc。2,365,000円。
  • ヤマハの最もスポーティなブランドである YZF-R シリーズのフラッグシップモデルです。

⇒⇒レビュー記事

Honda CBR1000RR-R FIREBLADE
  • 999cc。2,420,000円。
  • 「CBR1000RR-R」は、2020年にデビューしたホンダのレースベース車です。そのペットネームが「 CBR1000RR-R FIREBLADE」で、CBRシリーズの最上位モデルです。

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

Kawasaki Ninja H2 SX SE
  • 998cc。3,058,000円。
  • 映画『トップガン マーヴェリック』(2022年)において、トム・クルーズ演じる主人公の愛車として世界的に有名になったバイクです。

⇒⇒レビュー記事

どんな人におすすめ?

新型隼がおすすめの人物像をまとめました。

おすすめの人物像理由と特徴
スピード愛好者高速性能と加速力が魅力。スリリングなドライビング体験を求める人に適しています。
ツーリング愛好者快適な座席と高度なサスペンションにより、長距離のドライブが楽しめます。
テクノロジー好き先進の安全装置や情報装置が充実。テクノロジーを活用した運転が可能です。
スタイル重視の人モダンなデザインと洗練された内装。外観やスタイルにこだわる人にふさわしい。カタナ同様、道の駅で人だかりができる希少なモデル。所有欲が満たされます。
燃費を重視する人排気量のわりには燃費性能が良く、頂点のバイクを楽しみつつあんがい経済的です。

新型隼に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないスズキの他の車種があるとしたら、それは何?

思わず目移りしてしまうかもしれないスズキの他の車種をまとめました。

車名特徴
カタナ
  • 998cc。1,606,000円。
  • 隼に興味がある人にとって、目移りするかもしれないのはカタナ以外に存在しないでしょう。そうでなければ、セカンドバイクとしてバーグマンストリート125EXとかに興味を抱くかも。

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

まとめ

「新型隼大解剖レビュー:隼は買うな・がっかり・不評・購入後悔・壊れやすい・安い理由を検証!」のテーマで解説してきました。

記事を通じて、新型「隼」の多角的な評価を行いました。スペック、価格、肯定的なレビューと否定的なレビュー、それに加えてライバル車との比較やおすすめの対象者まで、多くの側面からこのバイクを紹介しました。

重点的に分析した「隼は買うな」「がっかり」「不評」「購入後悔」「壊れやすい」「安い理由」などのキーワードについても、多角的な視点で評価を行い、その真偽を検証しました。

さらに、スズキのディーラーで目移りしてしまいそうな他の車種についても言及しました。これらの情報が、新型「隼」を検討中の皆さんの参考になれば幸いです。ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています