【超丁寧記事】クーラントリザーブタンク吹き返し・逆流|ポコポコ吹き出す

車・クーラントリザーブタンク・吹き出す・吹き返し・逆流・ポコポコ




クーラントリザーブタンク吹き返し・逆流|ポコポコ吹き出す

クーラントリザーブタンクから冷却水が吹き返しするケースですが、いろんな症状があります。

ポコポコと泡を吹くように逆流する感じの時もあれば、沸騰したお湯が勢いよく吹き出すような感じのケースもあります。

いずれにしても、これは異常事態です。

クーラントリザーブタンクの役割

車の冷却システムは閉鎖系です。閉じています。どこかに抜け穴を用意していて、非常時はそこから冷却水が逃げるようなシステムではありません。

では、通常なら90度~100度のあいだに収まっているべき冷却水の温度が100度を超えて冷却システム内部で溢れかえりそうになったらどうするのか?

そこで役割を果たすのがクーラントリザーブタンクです。

まず、車の冷却システムの本体であるラジエーターには上部にラジエーターキャップが付いています。このキャップはただのフタではありません。

普段は冷却水が100度になってもヤカンのお湯のように気泡を出して暴れないように加圧し続け、冷却水が液体状態にとどまるように踏ん張り続けています。

しかし、エンジンが高回転ばかりを使い続けて冷却水が100度を大幅に超えてくるような場合、ラジエーターキャップがいつまでも踏ん張り続けていると、冷却水の経路にあるホースやつなぎ目などの比較的弱い部分が破損してしまいます。

そこで、一定の限度を超えた場合は、ラジエーターキャップは冷却水をクーラントリザーブタンクに逃がすのです。逃がした冷却水は、いったんリザーブタンクにとどまるものの、やがてエンジンが通常の回転域に戻ると、またラジエーター本体に復帰するようになっています。

だから、冷却水がラジエーター本体からリザーブタンクに「逆流」「吹き返し」「吹き出し」したりすること自体は正常な動きです。冷却水はそうやって行ったり来たりするのが普通の動きだからです。

しかし、外部に漏れ出すことはなくても、リザーブタンクにポコポコと大小の泡を吹きだしたりすることが頻繁に発生するのは、どこかに問題があるからです。

そもそも、普段冷却水がラジエーターとクーラントリザーブタンクのあいだを行き来していても、ドライバーはそんなことは意識しないはずです。意識するということは、何か普段と違うゴボゴボとかポコポコといった異音がするからでしょう。

吹き返し・逆流の原因は?

クーラントリザーブタンクに冷却水が移動し、その際に異音がしたり沸騰したお湯のように暴れる症状がある場合、下記のような原因が考えられます。

  1. ラジエーターキャップの不具合:本来は冷却水が100度になっても沸騰しないように加圧する役目を果たしているが、劣化してその役目を果たせずに冷却水を暴れさせている。
  2. 冷却水(LLC・ロングライフクーラント)の入れ過ぎ:単純に冷却水を入れ過ぎている。
  3. 冷却水を補充または入れ替えた際に「エア抜き」が十分に行われていない:エンジン内に空気が残った状態で冷却水を入れると、残った空気がエンジンの熱で膨張して冷却水を押し出してリザーブタンクに吹き出す。
  4. ガスケットの吹き抜け:エンジンの継ぎ目であるガスケットが劣化して、エンジン内部にとどまっているはずの燃焼ガスが冷却水の経路に吹き出し、その吹き出す圧が冷却水を逆流させてリザーブタンクをあふれさせる。

プロに診断してもらいましょう

水冷式エンジン車の冷却システムの不具合は要注意です。軽く考えないほうがいいと思います。結果的にラジエーターキャップの交換で済むようなケースでも、いちおうプロの診断を受けたほうが安心です。

オーバーヒートやオーバークールを起こしてエンジンを傷めると高額な出費(数十万円)が発生することがあります。

ディーラーや修理工場のスタッフに点検・診断してもらってください。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。