エンジン警告灯が消えた|点いたけどしばらくすると消える

エンジン警告灯

エンジン警告灯が消えた|点いたけどしばらくすると消える

運転席のメーターパネル内にあるヘリコプターみたいなマーク、これがエンジン警告灯です。※このページの一番上の画像

エンジン警告灯が点灯または点滅するのは、エンジンに連結している様々な機器のセンサーに不良がある場合です。

具体的には、エアフローセンサー、02オーツーセンサー、イグニッションセンサー、クランク角センサー、アクセルポジションセンサー、水温センサー、バッテリーセンサーなどです。

エンジン警告灯が点灯または点滅したらこうしたセンサー類に不良があるので、すみやかにディーラーや修理工場に車を入庫して、プロの診断を受けてください。

診断は、スキャンツールと呼ばれる診断機を、通常ダッシュボードの下に配置されているOBDポート(コネクタのこと)と接続し、ECUを読み取ることで行います。

(※)ECUとは、エンジンコントロールユニットあるいはエレクトロニックコントロールユニットのことです。

ところが、エンジン警告灯がずっと点きっぱなし、あるいは、点滅しっぱなしであれば話は早いのですが、時として、いったん点灯・点滅するけれどしばらくすると消えるということがあります。

あるいは、エンジン警告灯が点灯してからいったんエンジンを切ってまたエンジンをかけると、今度はまったく点灯・点滅しないということもあります。

機械ものは時としてこうしたイレギュラーな症状が発生するものなので、しばらく様子を見るのもいいかもしれません。

しばらく様子を見て、また同じような点いたり消えたりすることが再現されないのであれば、これはあまり気に掛けないでいいケースだと思います。

けれども、いったんおさまったけれど、またしばらくしたらエンジン警告灯が点灯または点滅し、そしてすぐ消えた、あるいはしばらくすると消えるというようなことが再発したら、これは重く受け止めるべきです。

できるだけすみやかにディーラーや修理工場に車を入庫させてプロの診断を受けてください。

ちなみに、もしも実際に各種センサー類に不具合があった場合には、ECUにはその不具合の履歴が記録されているので、後から「やっぱりここが悪かったんだな」と気づいたりするのだそうです。

いずれにしても、エンジン警告灯が点いたり消えたりする症状がある場合、1度や2度ならあまり気に掛けないでいいと思いますが、さらに繰り返すようならどこかに不具合があるとみなしたほうが安心・安全ではないかと。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒エンジン警告灯が点灯・点滅してスピードが出ない原因

⇒⇒エンジン警告灯が点灯しガタガタしてエンスト|修理費用は?

⇒⇒油圧警告灯(オイルランプ)の点灯・点滅|原因は?対処法・予防策を解説

⇒⇒車のバッテリーマーク(ランプ・警告灯)の点灯・点滅の意味

⇒⇒アクセル離すとキュルキュルするのは何が原因でしょう?

⇒⇒車のアクセル踏むと異音|キュルキュルするのはどこから?

⇒⇒車のブレーキ音|キュルキュルする原因は何?

⇒⇒車のVベルト(リブドベルト)|交換時期と交換費用|キュルキュルしたら交換

⇒⇒車のキュルキュル音|ベルト以外ではどこから出る?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。