ミッションオイル(AT/MT/CVT)|交換時期・交換費用|実際の頻度は?

ミッションオイル・交換時期・交換費用・交換頻度

画像:Wikipedia様より

エンジンの力をタイヤに伝える際、あいだにトランスミッション(変速機)を介します。

これにより、発進時は少ないパワーでも車を転がりださせるトルクを発生させ、速度に乗れば少ないパワーで巡行運転できるように調整できます。

このようにトランスミッションは常時回転し続ける働きっぱなしのパーツであり、各変速ギアは酷使されています。

こうした数多くのギアの潤滑を受け持つのがミッションオイルです。

オートマチックでもマニュアルでもCVTでも基本は同じです。

交換時期

ミッションオイルの交換時期、交換頻度ですが、一般的には20,000キロ~30,000キロで交換することが推奨されています。

これはオートマチック(AT)もマニュアル(MT)もCVTも同じです。

ただし、これは整備担当のプロならみなさんご存じのことですが、「中途半端はダメ」です。

どういうことかと言うと、ミッションオイルは、交換するのであれば定期的にちゃんと交換すべきであり、交換しないのならむしろ無交換のままずっと放っておくほうがいい、ということです。

とりわけ、オートマチック車(AT車)のミッションオイルに当てはまることです。

たとえば、それまで10万キロ無交換でオートマチック車を乗り続けていた人が、思い立ってミッションオイル(ATF)の交換をした場合、すぐに故障してしまうというケースがしばしば発生します。

ディーラーや整備工場のスタッフは、こういう事例をよく知っているので、10万キロで初めてミッションオイルの交換を依頼された場合、断ることがよくあるのです。

したがって、ミッションオイルに関しては、交換するのであれば走行距離や年数を決めて、オイルが劣化しているいないにかかわらず、決め事として交換するというやり方が正解です。

すでに8万キロとか10万キロを無交換で乗り続けている人は、そのまま乗り続けたほうがいいと思います。

私のこの文章にご納得いただけないようなら、プロのご意見をお聞きください。多分同じことを言うはずです。

交換費用

ミッションオイルの交換費用は、オイル代と工賃の総額で5,000円~15,000円が相場です。

ディーラーは高め、カー用品店やガソリンスタンドは安め、となります。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。