オイルパンシーリング|交換費用・工賃|液体ガスケット劣化でオイル漏れ

オイルパンシーリング・交換・工賃・交換費用

画像:Weblio様サイトより

シーリングの劣化⇒オイル漏れ

エンジンのシリンダーブロックの下にオイルパンはボルト締めで固定されています。

エンジンオイルが漏れないように、パッキンとして液体ガスケットが埋め込まれています。これがオイルパンシーリングと呼ばれるものです。

オイルパンシーリングである液体ガスケットは、エンジンを循環して熱を持ったエンジンオイルに常時さらされているので、次第に劣化していきます。

劣化すると隙間ができてそこからエンジンオイルが漏れてきます。

こうなったらオイルパンシーリングをやり直さなければなりません。

交換費用・工賃

オイルパンの位置は車種により異なります。車の下に潜り込めばすぐに外せる場所にあるものもあれば、フロントメンバーなどが立ちはだかっていて、まずそれを外してからでないとオイルパンにたどり着けない車種もあります。

そのため、作業時間には車種による幅があり、工賃が安くつくものと高くなってしまうものとがあります。

液体ガスケットの料金は1,000円から3,000円のあいだです。

工賃は、安いもので12,000円前後、高いくなると35,000円前後になります。

したがって、部品代と工賃を合わせた総額で、13,000円~38,000円くらいがオイルパンシーリングの交換費用になります。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。