車|ステアリングギアボックスの調整|遊びなどを調整できます

ステアリングギアボックス・調整

遊びなどの調整が可能

そもそもステアリングギアボックスは、ステアリングシステムの中の重要なパーツです。

まずステアリングホイール(ハンドル)があり、ステアリングコラムがあり、ステアリングシャフトがあり、そしてステアリングギアボックスへと続きます。ステアリングギアボックスの動きはナックルアームに伝わり、タイヤの向きを変えます。

現在の車には昔の車のような遊びはあまりありませんが、それでも中立付近は、左右に切り込んだ位置に比べてある程度動きに遊びがあります。

しかし、走行距離がかさんでいくと、この遊びが目立ってくるようになり、細い道のすれ違いにも神経を使うような、実用上差し障りが出てくるケースもあります。

そういうケースでは、ステアリングギアボックスの調整によりある程度の調整幅は確保されています。

ただし、車種によっては、調整の際のサービスホールが設けてないものがあったり、他のパーツが邪魔になっていて、まずそれを取り除いてからでないと調整できないものもあります。

したがって、ステアリングギアボックスの調整そのものはそれほど難易度の高い作業ではないものの、その他の要因で作業の難易度が上がってしまう車種もあります。

DIYが困難なら、そこはプロに依頼したほうが安心かもしれません。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。