ステアリングシャフト|故障の症状|交換費用・工賃

ステアリングシャフト・交換費用・工賃・異音・ガタ・症状

故障の症状

まずステアリングシャフトの位置関係を確認しておきましょう。

ドライバーがステアリングホイール(ハンドル)を切ります。すると、その力がステアリングコラム⇒ステアリングシャフト⇒ステアリングギアボックスの順に伝わっていきます。

ステアリングギアボックスでは、ギア比の変換・増幅によりその力をナックルアームに伝えることでタイヤが向きを変えます。

このようにドライバーのハンドル操作は、一連のステアリングシステムを通じてタイヤの向きを変えるので、どこかに不具合があった場合、その場所を特定するのはけっこう困難です。

困難ですが、経験豊富なプロに診断してもらえば、比較的短時間で場所が特定されます。

さて、ステアリングシャフトが故障している場合には以下のような症状が見られます。

  • ハンドルを切ると異音がする:ガタガタ、カタカタ、ゴリゴリなど
  • ハンドルに振動が発生する

上記症状が出て、それがステアリングシャフトが発生源であった場合、ユニバーサルジョイント部分が故障している場合もあれば、ショックアブソーバ部分の抜けである場合もあれば、単なるグリス不足である場合もあります。

交換費用・工賃

ステアリングシャフトを交換しなければならない場合、ディーラーや修理工場に依頼した場合の部品代と工賃を合わせた総額は、10,000円~18,000円程度になると思います。

ディーラーは高め、他は安めです。

輸入車や高級車は高め、軽自動車は安めです。

下記のステアリング関連の記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。