【3分記事】タイロッド(ラックエンド)の交換時期・交換費用|車検基準は?

タイロッド・ラックエンド・車検・交換時期・交換費用

タイロッド(ラックエンド)とは

ステアリングのタイロッド(ラックエンド)とは、ハンドルとタイヤの間にあるパーツで、ハンドルを切ると、その動きがラックピニオンに伝わり、そこからタイロッドを通じて、最終的にタイヤを動かします。

タイロッド(ラックエンド)はボールジョイント形式で、このボールジョイント部分に水が入ると錆びが発生しますし、ゴミが入ると動きが悪くなります。

そこでステアリングラックブーツと呼ばれるゴムのカバーで覆われています。

【2分記事】ステアリングラックブーツ|破れは車検NG|交換時期・交換費用|異音は?

2020.04.12

交換時期

普通に乗っている限りタイロッド(ラックエンド)が壊れることはめったにありません。

しかし、何かにぶつけてしまったり、ステアリングラックブーツに破れが生じて、錆びたり異物が混入したりすると、タイロッドの動きが悪くなり、最悪の場合は抜けてしまってハンドルが全く効かなくなります。

そういうわけで、タイロッド(ラックエンド)の交換時期は、実際になにがしかのトラブルが発生した時ということになります。

定期的に交換する部品とは違います。

車検

車検ではタイロッドにガタつきがあると不合格になります。また、タイロッドを覆っているステアリングラックブーツに破れがある場合も不合格になります。

交換費用

タイロッドは単品で購入すると3,000円~8,000円くらいで入手できます。

DIYは、特別やっかいな車種を除き、それほど難易度は高くないのが普通です。

ディーラーやカー用品店に依頼した場合は、部品代と工賃を合わせた総額で12,000円~40,000円が相場です。

部品代はそれほどしませんが、工賃がかさむ車種が一部にあります。

ディーラーは高め、カー用品店などは安めです。

軽自動車は安く、高級車は高くなります。

下記のステアリング関連の記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!