デリカミニは何人乗り?MTはある?ベース車はekクロススペース!

デリカミニスペック

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



こちらの記事も読まれています

 

デリカミニは何人乗り?MTはある?ベース車はekクロススペース!

デリカミニスペック

画像:三菱自動車

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

【追記】2023年5月25日。ついにデリカミニ発売日です。今年1月13日より予約注文受付を開始していて、昨日(5月24日)までに積み上がった受注は約16,000台とのこと。予約注文のうち、約6割のユーザーが4WDモデルを選択。8割以上のユーザーが運転席側後席電動スライドドアや高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」などがついた上級グレードである「G Premium」「T Premium」を選んでいるとのこと。また、テレビCMに出ているぬいぐるみの名称が「デリ丸。」に決まったそうです。(ベストカー)

【追記】2023年5月16日、デリカミニを製造する水島製作所(岡山県倉敷市)の浜崎所長が報道各社のインタビューに答え、現状約13,000台のデリカミニを受注しているとのこと。年間3万台を製造する予定で、電気自動車のEKクロスEVと同じラインで製造するようです。なお、デリカミニを注文している人は三菱車からの乗り換えが約4割で、他は新たな顧客。(日本経済新聞)

【追記】2023年5月10日、受注10,000台超。三菱自動車加藤社長談。(CARVIEW)

【追記】2023年4月5日時点で約9000台の受注。(auto sport web)

【追記】2023年3月5日時点で約7000の受注、と三菱が発表しました。(日刊自動車新聞)

【追記】2023年2月6日「くるまのニュース」の記事から:予約しているユーザー層は「若い人や小さなお子さまのいる家庭、デリカD:5だと大きすぎると感じる方など」が多い。色はグリーンとブラックの2トーンカラー、プレミアムのターボ車の注文が多い。セカンドカーというよりメインカーとしてデリカミニ1台の人が多い感じ。静岡のディーラーのコメントで、納期は今の予約だと6月あたり、遅くとも今年中には、とのこと。

【追記】2023年1月13日から開始されたデリカミニの予約状況。1月31日時点で約4000台の受注。

 

三菱自動車のデリカミニは2023年5月に発売されます。予約注文は1月13日から始まっています。反響の大きさから、相当な数の受注が集まるのではないかと見られています。

 

ekクロススペースがベース車両

デリカミニはekクロススペースをベース車として開発された軽自動車です。サイズ的には、ekクロススペースとほぼ同じで、高さが30mmほどデリカミニが上回っています(4WD同士の比較)。

 

デリカミニ4WD全長3395mm×全幅1475mm×全高1830mm
ekクロススペース4WD全長3395mm×全福1475mm×全高1800mm

 

ホイールベースは2495mmで両車同一サイズです。

 

ライバル車とのサイズ比較

デリカミニは軽スーパーハイトワゴンなので、ライバルはタントファンクロス、スペーシアギア、N-VANといった車になります。

 

また、ベース車のekクロススペースは街乗りのイメージですが、デリカミニはSUV色を出してアウトドア派にアピールしているので、ハスラーやタフトもライバル車になるはずです。

 

そこで、こうしたライバル車と車両サイズの比較をしてみます。すべて4WD同士の比較です。

車名価格帯
デリカミニ4WD全長3395mm×全幅1475mm×全高1830mm
タントファンクロス4WD全長3395mm×全幅1475mm×全高1805mm
スペーシアギア4WD全長3395mm×全幅1475mm×全高1800mm
N-VANハイルーフ4WD全長3395mm×全幅1475mm×全高1960mm
ハスラー4WD全長3395mm×全幅1475mm×全高1680mm
タフト4WD全長3395mm×全幅1475mm×全高1630mm

全長と全幅は全車同一サイズです。全高で微妙に差があります。スーパーハイトワゴン勢は4車共に1800㎜越えで、N-VANハイルーフのみ突出しています。

 

ハスラーとタフトは決して背の低い車ではありませんが、スーパーハイトワゴン勢と比べると10数センチ低いですね。N-VANなどと比べると30センチ低くなります。

 

いずれにしても、デリカミニ、タントファンクロス、スペーシアギアの3車はほぼ同じといったところです。

 

【プチ調査】スペーシアギアは後悔する?人気ない?うるさい・乗り心地悪いが欠点?

2022.11.09

【プチ調査】N-VANはがっかり車で売れないから生産終了?ターボいらないの声も

2022.11.17

【プチ調査】新型ハスラーは買って後悔するダサい車?生産中止?不人気色や欠点を検証!ターボいらない派の声

2023.02.01

【プチ調査】タフトは軽自動車ですか?軽じゃない?後悔の声「ターボ要らない」「乗り心地悪い」他

2022.12.12

 

4人乗りの軽自動車

デリカミニは軽自動車のekクロススペースをベースに作られた車です。ですから、デリカミニも軽自動車です。したがって、乗車定員も4名です

 

最近の背が高い軽自動車はとても立派に見えるので、上記ライバル車たちはしばしば普通車と間違われます。

 

とりわけ、よく見ると絵柄が入っているものの遠目には普通の白ナンバーに見えるナンバープレート(ご当地ナンバー等)を付けていたりすると、ほとんど普通車と見分けが付かないことがあります。

 

でも、デリカミニは正真正銘の軽自動車です。排気量は約660cc、4人乗り、高速料金も「軽自動車等」、任意保険料も安く、車検費用も普通車より割安です。

 

アウトドア派がガンガン使う車としては、うってつけの車ですよ。高速料金は普通車の8掛けくらい(×0.8)、燃費もいいし、衝突安全性能も高まっているし、電子制御による安全装置も充実しています。

 

値段はライバル車よりちょっと高いですが、「かわいいから許す」といったところではないでしょうか。

 

MTの設定は?

これに関しては本当に本当に残念な話ですが、今のところデリカミニにMTの設定はないようです。

 

ここでマニュアル車のメリット・デメリットを論じるつもりはありません。ただ、たとえ予想販売台数がわずかに違いないとしても、マニュアルトランスミッションはすでに確立した技術であり、新規の開発費が膨れ上がることはないのでは。

 

ならば、ユーザーに選択の余地を残して欲しいです。

 

【プチ調査】マニュアル車はうざいから後悔する?MTに乗る男・乗る女の特徴は?そもそも時代遅れ?

2023.01.11

 

まとめ

「デリカミニは何人乗り?MTはある?ベース車はekクロススペース!」のテーマで解説してきました。

 

デリカミニはekクロススペースをベースに開発された車です。軽自動車です。だから4人乗りです。でも、MTの設定はないようです。

 

デリカミニのライバル車は実に強豪ぞろいです。軽自動車部門における2022年1月~12月の年間販売台数は下記のとおりです

  • タント(2位):107,810台※タントファンクロスを含むタントシリーズの累計
  • スペーシア(3位):100,206台※スペーシアギアを含むスペーシアシリーズの累計
  • N-VAN(15位圏外):不明
  • ハスラー(7位):70,373台
  • タフト(10位):56,861台

 

N-VAN以外はすべてベスト10内に入っている人気車種ばかりです。

 

果たして、デリカミニがどこまで食い込むのか。とろんとした愛らしい目と野性味あふれる内外装の魅力でスマッシュヒットを獲得して欲しいですね。

 

ご覧いただきありがとうございました。

【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023.12.13

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023.12.15

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023.12.16

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023.12.18

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023.12.22

買ってはいけない中古車ランキング:絶対に避けるべき10の注意点

2023.12.12

 

2023年5月25日発売:新型デリカミニ:スペック:値段・排気量・燃費・サイズ:予約開始!

2023.01.14

デリカミニは日産にOEM供給されるのでしょうか?

2023.01.11

ついに解明?デリカミニの目はガメラの目だった!!

2023.01.23

【プチ調査】デリカD5は買って後悔する車?故障多いの?

2022.11.02