【3分記事】「ミニクーパーやめとけ」という不思議な言動について。

ミニクーパー・やめとけ




「ミニクーパーやめとけ」という不思議な言動について。

国産車であれ輸入車であれ、ディスるコメントは必ずあって、たとえば「〇〇 欠点」「〇〇 デメリット」「〇〇 不満点」(〇〇の部分に車名)といったキーワードでグーグル検索する人はたくさんいます。

そうした検索結果を見ると、その車に関する世間の人気や評判とは無関係に、これでもかというくらいよくない点を指摘するコトバが溢れているのです。

けれども、「やめとけ」というマイナスの言葉を伴ってグーグル検索する車種は、おそらくこのページのテーマであるミニクーパーだけでしょう。

ミニクーパーと言っても、2001年にBMWがブランドを引き継いだ以前の、あの日本の軽自動車より小さいミニのことを指しているかと言うと、どうもそうではなくて、あくまでもBMWミニのことを指して「やめとけ」と言っているようなのです。

そこで、わたしは持ち前の好奇心を発揮してネットを渡り歩いてみたのですが、結論としては、どうもよくわからないのですね。

ただ、よくわかったのは、ネット民のほとんどはBMWミニの様々な車種を総称して「ミニクーパー」と呼んでいること、そして、BMWミニの関心度が半端じゃなく、販売台数の差以上に圧倒的な検索数を誇っている点でした。※半期ベースでみると、BMWミニは2016年の下半期から2021年上半期まで、約5年半の間輸入車ナンバーワンを続けています。2021年上半期の販売台数は9135台です。2位はフォルクスワーゲンT-Cross(5193台)、3位はBMW3シリーズ(4566台)です。半期の数字です。年間では単純にこの2倍前後になるでしょう。

BMWミニが最も売れている輸入車なので、検索数が多いのは当然にしても、それでもフォルクスワーゲンやBMWに比べて圧倒的な数を様々なキーワードで検索しています。

日本のネットユーザーが最も数多く検索している車のブランド、それがBMWミニであり、とりわけ「ミニクーパー」をキーワードとした検索が突出しているのです。

おっそろしく注目度が高い車であり、人気があり、それゆえアンチもいて、そんな中から他の車ではけっして出てこないキーワードである「やめとけ」という言葉を伴って検索されているわけです。

いずれにしても、まず結論を申し上げておきます。

もしも、

ミニクーパーやめとけ

などと言う人がいるとするなら、わたしはその人に向かって、

あなたこそ、ミニクーパーについて語るのをやめとけ

と言ってやりたいと思います。

稀代の名車に対してあまりにも失礼極まりない!

維持費は輸入車として普通レベル

私は日本車を8台、ルノーを3台、フォルクスワーゲンを3台、これまで乗り継いできました。

私の兄はフランス車おたくで、プジョー、ルノー、シトロエンを乗り継いでいて、シトロエンが一番のお気に入りのようです。

私の高校の同級生にはミニクーパーのオーナーがいますが、ごく普通のカーライフを送っています。※BMWミニを総称して「ミニクーパー」と呼んでいます。以下同様

輸入車の維持費は、ベンツやBMWやポルシェのような高級車の場合であれば、確かに家計を圧迫するほどの出費を覚悟する必要があると思いますが、中級以下の車種であれば、国産車の1.3倍から1.5倍ほどの維持費で何とかなると思います。※やや多めに見た場合。実際はもう少し少なくて済むはずです

新車購入なら、3年とか5年の保証を付けることで、その間に発生した不具合はほぼすべて無料で修理できますし、中古車でも比較的年式の新しいものであれば延長保証を付けることで、やはりその期間は無料で修理可能です。

エンジンオイル交換、ブレーキパッド交換、ワイパーブレード交換等の消耗品に関しては、パーツ代と工賃が国産車よりやや高めになりますが、それでも1.3倍から1.5倍程度だと思います。ガソリンがハイオク指定である点もコスト高の要因です。

車検代も同様です。2倍も高くなることはなく、やはり1.3倍から1.5倍の範囲に収まると思います。

では、国産車と違ってミニクーパーは特別故障しやすいかと言うと、2007年2月の第2世代のミニクーパーから信頼性がアップしていて、特に2010年10月以降の第2世代後期型からはさらに信頼性が高まっています。

ミニクーパーが国産車や他の輸入車より特に際立って故障が多いなどと言うファクトはどこにもありません。※デマはあるでしょう。だから「ミニクーパーやめとけ」などというコトバが出回っているのです

「ミニクーパーやめとけ」にエビデンスなし

みんカラという有名なサイトがあります。

車に関する総合情報サイトですが、特に不具合情報や修理情報(工賃や値段を含めて)が充実していて、国産車や輸入車の修理事例が無限と呼べるほどたくさん投稿されています。

これを見れば、国産車であろうが輸入車であろうが、車というのは走行距離が増えればどんな車種であれあちこち不具合が発生し、修理費用もそれなりにかかるのだということがわかります。

また、車種によって特有の弱点というものがあって、リコールすれすれの短所をどの車種も抱えているわけです。

このみんカラ1つとってみてもわかることですが、ミニクーパーが突出して故障しやすい車であるなどというエビデンスは一切存在しません。

デマは存在しますが、事実は、「ごく普通の輸入車」ということになります。

ミニクーパーやめとけ

というコトバは、結局のところ、嫉妬心とかやっかみであり、そういった陰湿で屈折した心が発しているコトバであることは明々白々です。

どうか気になさらないでください。

世界の名車なんです。

カッコいいんです。

かわいいし、性能がいいし、愛着の湧く車なのです。

「やめとけ」といった、まさに人を引きずり下ろしたがる人たちが発するマイナスの言動に惑わされないで欲しいと思います。

ミニクーパーに乗りたいな

と思ったら、躊躇なく契約書にサインしてください。

私としては現在のマイカーであるフォルクスワーゲンゴルフにも乗って欲しいと思いますが、ゴルフのデザインはちょっとおじさんですからね。

ミニクーパーには負けます。

【2分記事】エクストレイルの新型はひどい?好き過ぎて心配過剰気味の様子

2021.08.27

【3分記事】SUVクーペはダサい?クーペ風のSUVをどう思いますか?

2021.08.09

【5分記事】ロードスターのATはダサいとは思わないがモッタイナイかも

2021.05.06

【徹底議論】ステーションワゴンはダサい?時代遅れ?そもそも速いの?

2021.05.15

【4分議論】コンパクトカーの男はダサい?フィットやアクアに乗ってる男は?

2021.05.13

【徹底調査】ランクル300はダサい?ディスるコメントを集めてみました。

2021.08.26

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!