【海外の評価】Suzuki RM-Z450:海外メディア試乗レビュー・スズキの口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



【海外の評価】Suzuki RM-Z450:海外メディア試乗レビュー・スズキの口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

Suzuki RM-Z450 : BikesWiki

スズキのRM-Z450は、オフロード愛好者にとって注目すべきバイクですが、その詳細はどうなっているのでしょうか。この記事では、スズキRM-Z450の特性から海外メディアによる試乗レビュー、さらにはライバル車との比較に至るまで、多角的にその魅力を解説します。

エンジン性能、独自の技術、コーナリング性能、ハンドルバーとサスペンションの特徴、そして新機能と価格についても詳しく触れます。さらに、海外の評価を2つの異なるメディアから紹介し、その評価がどのように一般ライダーとプロレベルのライダーに判断されるのかも見所です。

最後に、このバイクが特におすすめの人物像と、スズキの他の車種についても簡単に触れます。

どんなバイク?

スズキのRM-Z450は、2005年にスズキが初めて4ストロークエンジンを搭載したモトクロッサーとして登場しました。

その後も技術の進化は止まらず、2008年にはフューエルインジェクションが搭載され、2015年にはスタートダッシュをサポートするSHAC(スズキホールショットアシストコントロール)が装備されました。

最新の2023年モデルでは、一部仕様が変更されています。

オフロードレースやレジャーに最適な一台です。

主要スペック

  • エンジン:4ストローク、単気筒、水冷、449cc
  • 燃料供給:フューエルインジェクション
  • 車両重量:112kg
  • タイヤ:前 80/100-21、後 110/90-19
  • ブレーキ:前後ともに油圧式ディスク

独自の技術:SHAC

スズキホールショットアシストコントロール(SHAC)は、スタート直後の最初のコーナーをトップで通過することを目的とした独自の技術です。レースでのスタートダッシュが大幅に向上します。

具体的には、スロットルポジション、ギヤポジションの情報により、点火タイミングを調整してエンジン出力を最適化し、優れたスタートダッシュ性能を発揮します。

SHACのモードセレクトスイッチはハンドルバー左側に配置され、速やかな操作が可能。

パワフルなエンジンの特徴

吸気システムは、エアクリーナーボックスの大きなエアフィルター開口部と、アウトレットチューブの形状を直線的にすることで優れた吸気効率に貢献。

フューエルインジェクションシステムは、インジェクターをスロットルボディの下部に配置し、燃料をバタフライバルブへ向けて噴射することで、燃料の霧化を促進。

こうした機構によって力強い低中速トルクを発生し、リニアで確実なスロットルレスポンスとピークパワーを発揮します。

また、その出力を受け止めるピストンにはピンボス間にリブが設けられ高い強度を実現し、高出力エンジンの耐久性を高めています。

コーナリング性能の向上

全体の剛性を最適化した軽量なフレームとスイングアームは、コーナーのイン側、アウト側のどちらからでも優れた旋回性を発揮します。

また、最適化された重量配分により、軽快なハンドリングと走行安定性を両立。

ウォーターポンプとマグネットカバーを保護するエンジンプロテクターを標準装備しています。

ハンドルバーの特徴

ハンドルバーには、充分な強度を備えると共に振動を抑え、様々なコース状況にも広く対応するレンサル製アルミファットバーを標準装備

前後サスペンションの特徴

フロントには、コイルスプリングフォークを採用。

リアクッションには、SHOWA(日立Astemo株式会社)のBFRC(Balance Free Rear Cushion)を装備。

ピストンの上下圧力バランスを的確に調整。荒れた路面や激しいブレーキングにおいてもスムーズな動きでストロークさせます。

2023年モデルの新機能

2023年モデルでは、ECUが変更され、一部仕様が変更されています。基本性能がさらに向上しています。

価格

924,000円(消費税抜き840,000円)※2023年8月時点

スペック(主要諸元)

Suzuki RM-Z450のスペック(主要諸元)を以下にまとめました。

項目詳細
車名・型式RM-Z450, DZ117
フレーム形式
全長×全幅×全高2175mm × 835mm × 1260mm
最低地上高330mm
シート高960mm
エンジン種類4サイクル水冷単気筒 DOHC4バルブ
総排気量449cm³
最高出力
最大トルク
燃料タンク容量6.3L
乗車定員1名
トランスミッション形式常時噛合式5段リターン
車両重量112kg
燃料消費率(km/L)
最小回転半径
カラーとメーカー希望小売価格チャンピオンイエローNo.2, 924,000円(税込)

※2023年8月時点

Suzuki RM-Z450は、特にオフロード走行に特化したバイクであり、449cm³の大排気量エンジンを搭載しています。車両重量は112kgとなっており、乗車定員は1名です。価格は924,000円(税込)となっています。

ただし、公道走行はできません。燃料タンク容量は6.3Lで、トランスミッションは5段リターン式です。全体的に高性能なスペックを持っていますが、公道走行ができない点と乗車定員が1名である点には注意が必要です。

motocross action magazine様のレビューから。英語の動画です。下記内容はレビュー動画のほんの一部に触れているものであり、全体を網羅したものではありません。

Suzuki RM-Z450のレビューを以下にまとめました。

項目詳細
乗り心地エンジンは速くないが、乗りやすい。特にプロのレースに参加していない一般のライダーには楽しい。
走行感覚バイクはトラックで踊るような感じがあり、乗り手には厳しい。特にサスペンションとシャシーが硬い。
ハンドルの感触ハンドルは非常に硬く、特にコーナーでの挙動が厳しい。
サスペンションサスペンションは柔らかく、特に前のフォークが柔らかい。セッティングを変更することで改善可能。
重量感241ポンドで、クラスで最も重い。その重量は特にコーナーで感じられる。
オプションマッピングのオプションがあり、アグレッシブなカプラを使用することで、よりスナッピーな走行が可能。

このバイクは一般のライダーには楽しいが、プロのレベルには達していない。特にサスペンションとシャシーの硬さが問題で、乗り心地に影響を与えている。しかし、価格が低いため、初心者や予算に限りのある人には良い選択かもしれない、と評されています。

Dirtbike Magazine様のレビューから。英語の動画です。下記内容はレビュー動画のほんの一部に触れているものであり、全体を網羅したものではありません。

Suzuki RM-Z450のレビューを以下にまとめました。

項目詳細
乗り心地非常に硬い、前後ともに
走行感覚安定しており、平均的なライダーには満足できる
ハンドルの感触予測可能なハンドリング、よく曲がる
エンジンの特性強力で乗りやすい
重量感プロレベルのライダーには少し重く感じる可能性あり
タイヤBridgestone Battlecross x30、一般的なライダーには違いが分からない
プロレベルでの評価高いレベルでの競技でも強い結果を出している
価格帯平均的なライダーにとっては手頃な価格
グラフィックと追加機能RM ArmyパッケージでYoshimuraシステムとグラフィックが付属

Suzuki RM-Z450は多くの面で平均的なライダーにとって非常に良い選択とされています。特に乗り心地や走行感覚、ハンドリングにおいて高評価を受けています。ただし、プロレベルのライダーには少し重く感じる可能性があり、サスペンションは硬めであるとのことです。価格帯も手頃で、追加のグラフィックや機能も魅力的です。

ライバル車とその特徴

Suzuki RM-Z450のライバル車と特徴をまとめました。

ライバル車名特徴
Honda CRF450Rバランスの良いサスペンションと頑健なシャシーでトラック性能が高い。

⇒⇒レビュー記事

Kawasaki KX450エレクトリックスタート搭載で使いやすく、総合的なパワーバランスに優れる。

⇒⇒レビュー記事

Yamaha YZ450F独自のパワーチューニングアプリを提供し、カスタマイズが容易。

⇒⇒レビュー記事

KTM 450 SX-F軽量設計と高回転型エンジンでスピード感がある。

⇒⇒レビュー記事

Husqvarna FC 450軽量なアルミフレームと高品質なサスペンションで優れたハンドリング性能。

⇒⇒レビュー記事

各ライバル車は使いやすさ、カスタマイズ性、バランスにおいて独自の強みを持っています。特にサスペンションやハンドリングに関し、各社で異なる技術と設計哲学を反映している点が興味深いです。

RM-Z450はどんな人におすすめ?

Suzuki RM-Z450がおすすめの人物像をまとめました。

おすすめの人物理由
モトクロス競技者高いパワーと精度のサスペンションで競技性能が求められる方に適しています。
経験者・上級者複雑なコースでも安定した走行が可能なため、技術に自信がある方に良い選択。
カスタム愛好者豊富なアフターマーケットパーツが存在し、独自のバイクを作りたい方に合う。
走行性能を重視する人高度なハンドリングとパワーバランスで、走行性能が優先される方に向いています。

各ターゲットには独自の強みと魅力があり、特に競技用途や上級者に強い訴求力を持っています。アフターマーケットの豊富さもカスタム愛好者には嬉しいポイントです。

RM-Z450に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないスズキの他の車種があるとしたら、それは何?

Suzuki RM-Z450に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないスズキの他の車種をまとめました。

スズキの他の車種理由
Suzuki RM-Z250より軽量で取り回しやすいモトクロスバイク。初心者や中級者に適しています。
Suzuki V-Strom 650アドベンチャーツーリングに適した設計。長距離移動や多様な地形に対応。

⇒⇒レビュー記事

訪れた人がRM-Z450に興味を持っている場合、スズキのラインアップは他にも多彩なオプションを提供しています。特に用途やスキルレベルに応じた選択が可能です。

Q&A:記事内容のおさらい

Q1: スズキ RM-Z450は何年に初めて登場したのか?

A1: スズキ RM-Z450は2005年に初めて登場しました。このバイクはスズキが初めて4ストロークエンジンを搭載したモトクロッサーです。

Q2: SHACとは何ですか?

A2: SHAC(スズキホールショットアシストコントロール)は、レースでのスタートダッシュ性能を向上させるための独自の技術です。

Q3: このバイクのエンジンの特性は?

A3: エンジンは4ストローク単気筒水冷449ccで、フューエルインジェクションが搭載されています。

Q4: 2023年モデルは何が新しいのか?

A4: 2023年モデルではECUが変更され、一部仕様が向上しています。

Q5: このバイクの価格は?

A5: 2023年8月時点での価格は924,000円(税込)です。

Q6: 海外レビューによると、どのような人にこのバイクは向いているのか?

A6: 一般のライダーには楽しいが、プロのレベルには達していないという厳しい評もあります。ですが、全般的には高く評価されています。

Q7: ハンドルバーは何が特別なのか?

A7: レンサル製のアルミファットバーが標準装備されており、振動を抑えつつ強度も確保しています。

Q8: フロントとリアのサスペンションには何が使われているのか?

A8: フロントにはコイルスプリングフォーク、リアにはShowaのBFRC(Balance Free Rear Cushion)が装備されています。

Q9: このバイクのライバル車は?

A9: Honda CRF450R、Kawasaki KX450、Yamaha YZ450F、KTM 450 SX-F、Husqvarna FC 450などがライバル車とされています。

Q10: スズキ RM-Z450がおすすめの人物像は?

A10: モトクロス競技者、経験者・上級者、カスタム愛好者、走行性能を重視する人におすすめです。

まとめ

スズキRM-Z450は、多くの面で一般ライダーからプロレベルのライダーまで幅広く対応する高性能なオフロードバイクであることが確認できました。

エンジンは4ストローク単気筒水冷449ccで、燃料供給はフューエルインジェクション、車両重量は112kgと、基本スペックもしっかりとしています。

特に注目すべきは、スズキ独自の技術であるSHAC(スズキホールショットアシストコントロール)が装備されている点です。これをONにすると、レースでのスタートダッシュ性能が大幅に向上します。

海外メディアの評価も基本的には高く、特に乗り心地やハンドリングにおいて高評価を受けています。ただし、プロレベルのライダーには少し重く感じる可能性があり、サスペンションは硬めであるとの指摘もありました。

価格は924,000円(税込)と手頃で、多くのライダーにとってアクセスしやすい一台と言えるでしょう。

ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています