フォグランプ表示灯|フロントとリヤ|消し方は?

フォグランプ・リヤフォグランプ
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

フォグランプ表示灯|フロントとリヤ|消し方は?

フォグランプを使用しているときにインパネに表示される表示灯のマークはどのメーカーもほぼ共通しています。

このページの一番上の画像はフォグランプのスイッチの画像ですが、上がリヤフォグランプで下がフロントフォグランプのマークです。これと同じマークがインパネに表示されます。

もちろんリヤフォグランプがついていない車もありますから、その車には上のマークはありません。

こうした表示灯はヘッドライトにもあって、ハイビームにするとブルーのマークが表示されるのはみなさんご存じのとおりです。

フォグランプの消し方

このページの一番上の画像のようなスイッチの場合、回転させた最初のクリックがフロントフォグランプ、次のクリックがリヤフォグランプです。消す場合はその反対の動作をします。その際に、インパネの表示灯が消灯することを確認してください。※リヤフォグランプのスイッチが独立している車種もあります。やはり表示灯の確認が大事です

とりわけリヤフォグランプの確認は大事です。リヤフォグランプが通常の天候時に点灯しっぱなしになっていると後続のドライバーの眼を強く幻惑し続けます。一度でも後続ドライバーの立場になった経験がある人はご存じでしょうが、かなり腹が立ってきます。トラブルも多数発生しています。

もちろん、フロントのフォグランプのつけっぱなしもダメです。悪天候時に使用すべきもので、普通の天候時に点灯し続けるのは歩行者や対向車に大きな迷惑を及ぼす行為なので、表示灯をしっかり確認して走行すべきです。

フォグランプの正しい点灯方法

フォグランプにはちゃんとした使用ルールがあります。下記に法的なルールとマナーとしてのルールを絡めてご案内します。

  1. フォグランプを単独で点灯させるのはNG※法的にダメです
  2. フォグランプを点灯する時は常にヘッドライトと同時に点灯させなければならない
  3. フォグランプとスモールランプを同時に点灯させるのはNG※同時にヘッドライトを点灯していればOKだが、フォグとスモールだけで点灯させるのはNGということ。必ずヘッドライトと同時でなければならない
  4. フォグランプとヘッドライトを同時に点灯させるのはOKだが、悪天候でない状況では対向車のドライバーの視界を妨げるのでフォグランプの点灯はNGです※法的にはOKだがマナーとしてNGということ

ということになります。

上記④で普通の天候時にフォグランプを点灯するのは「法的にはOKだがマナーとしてNG」と書きましたが、法的にも問題になることがあります。

道路運送車両法の保安基準第33条の2には「(フォグランプの)照射光線が他の交通を妨げない」という記述があり、たとえヘッドライトと同時点灯で点灯ルールには抵触していなくても、他の交通に迷惑をかけていると警察が判断した場合は検挙されることも有り得ます。

みなさんも何でもない天候時にものすごく眩しいフォグランプをつけっぱなしにしている車両とすれ違った経験があるのではないでしょうか。もしもその場に警察が居合わせたら違反車両として取り締まりの対象になることがあるということです。

フォグランプの保安基準

道路運送車両法では、フロントのフォグランプを「前部霧灯ぜんぶむとう」、リヤのフォグランプを「後部霧灯こうぶむとう」として明確な保安基準を定めています。

以下のとおりです。

フォグランプの保安基準
前部霧灯 後部霧灯
白または淡黄色

※左右同色であること

赤色
個数 2個以下 2個以下
位置・高さ 地上から25cm~80cmのあいだ

※車幅の外側縁からフォグランプの外側縁が40cm以内であること

地上から25cm~100cmのあいだ

※ブレーキランプから10cm以上離れていること

光軸 下向き
玉切れ・レンズの割れ 不合格 不合格
ヘッドライトとの連携 ヘッドライト点灯時にのみ灯火可能、ヘッドライト消灯時は灯火不可

(※)LED球であっても「車検対応」の品であれば問題なく車検をパスします。

標準装備と後付けの違い

フォグランプは車に必須の装備ではなく、あくまでもオプション扱いです。新車時に標準装備としてフォグランプがついている車とそうでない車があります。

ところで、フォグランプが標準装備でついている車の場合、そもそもフォグランプのスイッチはヘッドライトのスイッチと連動しています。つまり、ヘッドライトが点灯しているときのみフォグランプが点灯するような構造になっています。

ところが、後付けでフォグランプをつける場合で、作業をDIYでやる場合などは、フォグランプが単独で点灯するスイッチを取り付けることが可能です。しかし、こうした構造のスイッチは車検に通りません。不合格になります。

フォグランプを使用する際にヘッドライトと同時点灯しなければならないだけでなく、スイッチそのものがヘッドライトと同時点灯する方式なっていることが車検の保安基準になっているからです。

フォグランプ関連の記事
⇒⇒フォグランプで燃費は悪化する?それとも無関係?
⇒⇒フォグランプの整備不良で警察に捕まるケースとは?
⇒⇒フォグランプを常時点灯するのはOK?法的に問題ある?
⇒⇒フォグランプの車検基準|故障で外すと車検は不合格になる?
⇒⇒フォグランプだけ点灯して走行するのは違反ですか?
⇒⇒フォグランプの明るさ|車検基準|超明るいやつでもOK?
⇒⇒フォグランプ|道路交通法(道交法)違反で捕まるケースとは?
⇒⇒フォグランプをつけるつけないで迷っている。不要か?
⇒⇒フォグランプはいらない?意味ない?ない車があるけれど必要ですか?
⇒⇒フォグランプの必要性|どんな天候で役に立つの?
⇒⇒フォグランプがついてない車があるのはなぜ?
⇒⇒フォグランプをつけっぱなしの車は違反でしょ?迷惑です。
⇒⇒フォグランプの使い方|正しい点灯方法を知りたい
⇒⇒フォグランプを車検の時だけガムテープで覆うのはアリ?
⇒⇒LEDフォグランプ後付けで車検は?イエローLEDバルブは?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。