【プチ調査】新型ヴォクシーはダサい?外野の声・購入者の声を調べてみました!

新型ヴォクシーはダサい?外野の声・購入者の声を調べてみました!

※トップ画像は新型ヴォクシー(TOYOTA自動車)

グレース泉
この記事は私グレース泉が執筆しました。数多くの転職経験を経て現在はWebライターに専念。「リサーチ9割、執筆1割」がモットー。信頼性の高い記事をお届けします。40代、2児の母。

トヨタのミニバンの中でも人気のヴォクシーは、2022年1月に4代目の新型ヴォクシーとしてフルモデルチェンジしました。発売前から予約注文が殺到し、かなり注目を集めています。

新型コロナウイルスの影響もあり、半導体不足、工場停止で納期が遅れてはいるものの、SNSでは「新型ヴォクシーが納車した!」「我が家に新型ヴォクシーがやってきた!」という喜びツイートを見かけます。

しかし、それと同時に「新型ヴォクシーはダサい」といった否定的な声も。今後購入を視野に入れている人にとっては、このような不評はとても気になりますよね。

この記事では、「新型ヴォクシー」に対する外野の声・購入者の声をそれぞれ集めました。周りの評価だけではなく、購入者側の不満、購入してよかった点も紹介していますので、ぜひ、参考にしてくださいね!

新型ヴォクシーについて

新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

VOXYはトヨタ自動車が販売しているミニバン型乗用車。今回の新型ヴォクシーは4代目となります。初代は兄弟車の「ノア」と同時に2001年に発売されました。

初代ヴォクシー・ダサい

初代(2001年~2007年)by Wikipedia

2代目・ヴォクシー・ダサい

2代目(2007年~2014年)by Wikipedia

3代目・ヴォクシー・ダサい

3代目(2014年~2021年)by Wikipedia

背の高いミニバンで、両側にはスライドドア、広々した室内という特徴によりファミリー層から人気のある車種になります。2022年1月13日、8年ぶりにフルモデルチェンジされ、見た目やサイズ、性能など大幅に変更し、スタイリッシュで機能性の高い新型ヴォクシーに生まれ変わりました。

発売開始から1か月後には7万台近く受注され、人気を集めています。※7万台の内訳は、ヴォクシーとノアで半分ずつといったところ

ヴォクシーの名前に由来はあるの?

名前の由来・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

ヴォクシー(VOXY)は、英語のVOX(声・言葉)と「箱型」を意味する「BOX」を連想させる造語です。若々しい響きの語感から命名されました。

外野の「ダサい」声

ダサいの声・新型ヴォクシー

画像:トヨタ

Yahoo!知恵袋では、以下のような投稿がありました。

  • 新型ヴォクシーのデザインをどう思いますか?自分はちょっとダサいと思います。」(参照:Yahoo!知恵袋
  • 新型ヴォクシー楽しみにしてたのですが…ダサくないですか?ノーマークだったステップワゴンの方がよほど良いなって…(参照:Yahoo!知恵袋

新型ヴォクシーを楽しみにしていたものの、「ダサいかも」と不安を持つ人の投稿がみられました。この投稿には20件近くの回答が寄せられ、関心の高さがうかがえます。

ネット上で言われている「ダサい」の声を中心に、新型ヴォクシーに対する外野の評判をまとめました。

フロントグリルがダサい

フロントグリル・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

  • 何故、グリルを巨大化する風潮があるのか
  • 日本人が大好きそうなフロントマスク
  • メッキグリル満載は好きじゃない
  • 品の無い大口開けたグリル
  • まるで6連奏CDチェンジャーだぁ

このように「ダサい声」が多く見受けられます。また、フロントグリルを「顔」に例える声も。

  • プレデターじゃん
  • ゴルバットみたい(ポケモン)
  • ひどいホラー顔
  • おじさんが銀歯で笑っているような顔

迫力のあるフロントグリルを、顔に例えて揶揄する声もあがっています。

DQN感ありすぎ

ドキュン・新型ヴォクシー・ダサい

 

画像:トヨタ

  • DQN感があってダサい
  • 新型ヴォクシーとか田舎のDQNしか乗らねえ
  • 元々DQN御用達車
  • ノアはまだしもヴォクシーはDQN多い

DQNが乗っているイメージを持っている人もいるようですね。また、「オラオラ系」「マイルドヤンキー」といった不良やワルの印象を持つ人も。

  • 「オラオラ系」の見た目で田舎のマイルドヤンキーには好まれるデザイン
  • 大人になりきれない頭の悪い人が好みそうなデザイン
  • 目立たない奴が、唯一虚勢を張ることが出来るのがオラオラ車
  • マイルドヤンキーやガテン系の人が多い

さらに、

ヴォクシーが無理やり車線変更してきた

名古屋ナンバーのヴォクシーが割り込んできた

このような経験からヴォクシー=DQN、オラオラ系が乗る車というイメージが付いている人もいるようです。

白はダサい

dqn・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

ボディの色については好みの問題があるものの、「白はダサい」という意見がいくつかみつかりました。

  • 黒や濃色のボディーカラーなら意外に悪くないかも。白だとちょっとキツイ。
  • 白いヴォクシーはパンダみたいでダサい
  • 新型ヴォクシーはセンスなさすぎる…まだ黒ならいいけど白とかだとフロントがくそダサい。

モデルチェンジ前の方がよかった

3代目・ヴォクシー・ダサい

3代目ヴォクシー(画像:Wikipedia)

今回の新型ヴォクシーは4代目のモデルチェンジ。外見も大きく変わったことから「前のモデルの方が良かった」という声もありました。

  • ヴォクシー(2014-2017)前期が1番カッコ良かった
  • 新型ヴォクシーの顔…やっぱり変だ。前の方がかっこいい
  • 個人的には前型の方がカッコよかったな
  • アレンジ性利便性が前のモデルより落ちた気がする
  • 派手なデザインより、14~15年前のシンプルなヴォクシーが大好きだったなぁ

アルファードと比較する声

アルファード・新型ヴォクシー・ダサい

アルファード(画像:トヨタ

  • 似たような顔のアルファードがヒット作なので、なんだかんだ売れてしまう
  • アルファード買えない人が買う車だと見られる
  • 品とお金が無いけどアルファード欲しいって人にとって魅力的なのでしょう
  • 確かにアルファードの大きさだと駐車スペースがないなどの理由で、ノアやヴォクシーを選択する人もいる
  • 同じタイミングでアルファードの新型出ていたらそっち買う
  • 次期アルファードが出てもこのデザインなら、存在感で新型ヴォクシーも負けなさそう

存在感のあるフロント部分がアルファードと似ていることから、新型ヴォクシーと比べる人も多く存在しています。

高すぎる

高すぎる・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

新型ヴォクシー見積りとったけど、オプション含めて450万?ファミリーカークラスなのに高すぎる

新型ヴォクシー(ガソリン)見積りで460万円値引きなし

オプションが高すぎるし…意味わかんない(泣)

新型ヴォクシーの高めな価格設定に、「不満の声」が一部出ていました。

ミニバンに対する「ダサい」の声

ミニバン・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

調査を続けていると、ミニバンそのものに対する否定的な意見もありました。

  • ミニバンでは最近イカつい仕様が多い傾向だよね
  • 四角い車はカッコ悪い
  • そもそも車にデザインを求める人はノアだろうがヴォクシーだろうがアルファードだろうがミニバンを買わない
  • ミニバンという形が基本的にダサい
  • 爆音ミニバンほどダサいものは無い
  • ミニバンなんてトロいしダサいし
  • ダサいミニバンで荒い運転してるやついるよね
  • ガラの悪いミニバンって本当にダサい
  • 欧米メーカーはミニバン文化が無いから全部ダサい
  • アメリカでミニバンってぜんぜん売れてないよ、こんなダサいデザイン日本だけ

購入者の声

購入者の声・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

ここまで集めたのはあくまでも外野の声。購入していない第三者が、新型ヴォクシーについてあれこれ言っているだけの評価に過ぎません。

ここからは、実際に購入した方のリアルな声を検証します。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【調査対象】

  • 新型ヴォクシーの乗り心地や不満点を評価している方のYouTube(参考URL
  • 価格コム(参考URL

ーーーーーーーーーーーーーーー

~~【不満点】~~

画像が見にくい

メーターの針が短い・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

スピードメーターの針が短く、一目見て今何キロ出ているか分かりづらい。」

(解決策)⇒⇒これは、画面のモードをデジタル表記にすれば見やすくなります。

ナビの性能

ナビの見やすさ・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

純正でついている10インチのナビは、白基調なので見づらい。目印となる施設名もまばらで、Googleマップと比べると分かりにくいので改善して欲しい

デジタルインナーミラーがクリアではない

デジタルインナーミラー・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

  • 昼間は暗い
  • 解像度が悪い
  • 他のメーカーに比べてクリアではない

(解決策)⇒⇒デジタルインナーミラーは車両後方カメラの映像をミラー内のディスプレイに表示する運転補助装置です。見えづらい人は、鏡面ミラーモードに切り替えられます。

乗り心地など

乗り心地・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

  • エンジンは唸っているが、加速感を感じない
  • 荒れている舗装路は微振動がくる
  • 坂道スタートの時は頑張っている感が出る

ドライバーモニタリングシステムがうるさい

ドライバーモニタリングシステム・新型ヴォクシー・ダサい

画像:長野トヨタ

アドバンスドライブ用のモニタリングカメラが付いていて、よそ見するとピーと怒られる。前見ているのに怒られることもある。」

頻繁にピーピー鳴るので、寝ている子どもが起きてしまう。」

(解決策)⇒⇒ドライバーモニタリングシステムは標準装備ですが、オフ設定も可能です。

グレードや装備を事前に選べない

選べない・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

新型のヴォクシーはオプション機能がセット販売になっていて、細かくオプションをつけたり外したりができない

不要なものが最初から装備されている

室内のカラーリングのオプションが無かった

サンルーフオプションが無かった。室内が明るく開放的になるので、無いのは残念でした。」

小回りが利かない

小回りが利かない・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

ミニバンでありホイールベースが長い為、あまり小回りが良いとは言えない※ホイールベース2850mm、最小回転半径5.5m

大きな車なので、狭い道で対向車とすれ違う時、90度のカーブを曲がる時などは車体をすりそうになる※全長×全幅×全高 4695×1730×1895mm

道に迷ってしまった際に、対向車が来ても避けきれない

山道などでは、すれ違いが出来るかどうか怖くて冒険ができない

このように購入者の声を見てみると、不満に感じている部分が多少なりともあるようです。乗り心地や車体の大きさなど感じ方は人それぞれ。

車の仕様に完璧を求めるのは難しく、ある程度納得して購入するのがいいでしょう。今回フルモデルチェンジした新型ヴォクシーは、魅力のある仕様に生まれ変わっています。

次の章では、新型ヴォクシーの魅力について解説します。

新型ヴォクシーの魅力

魅力・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

新型ヴォクシーは、迫力のあるフロントグリルとスタイリッシュな重厚感あるデザインが特徴です。今までの旧型よりも存在感が増し、「カッコよさ」「高級感」がプラスされ、ファミリー層だけではなく、若い層からも人気が高まっています。

初搭載機能「プロアクティブドライビングアシスト」

プロアクティブドライビングアシスト・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

新型ヴォクシーには、PDA「プロアクティブドライビングアシスト」機能を採用。トヨタ車としては新型ヴォクシーとノアで初搭載されています。

歩行者や自転車の横断を先読みし、運転操作をサポートする働きがあります。

世界初採用の「フリーストップバックドア」

バックドア・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

バックドアの開閉時、任意の角度で保持できる「フリーストップバックドア」は世界初採用!車の後ろにスペースがない場合も、バックドアからの荷物の出し入れがしやすくなっています。

これだけの安全装備が充実している新型ヴォクシー、不満の声はそこまで気にせず試乗してみるのが一番手っ取り早いと感じます。

新型ヴォクシーの個性的なデザインには理由がある

デザイン・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

新型ヴォクシーのフルモデルチェンジは、トヨタ自動車の販売戦略のひとつでもあります。個性的なデザインにトヨタがこだわった理由を見ていきましょう!

全車種全店販売の開始

トヨタディーラー・新型ヴォクシー・ダサい

画像:大阪トヨペット名神吹田店

2020年5月からトヨタ自動車では、全国にあるトヨタ販売店で全車種の取り扱いをスタートさせています。今までは「アルファード」はトヨペット店、「ヴォクシー」はネッツ店、「ノア」はトヨタカローラ店と、各販売店に合わせたモデル展開がされてきました。

全車種扱いになることで、トヨタは2025年までに国内で販売する約60車種を半数の30車種にする方針を打ち出しています。

3姉妹と呼ばれていた「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」については、2021年12月にエスクァイアの生産が終了しています。

そして、ファミリー層から慕われる「ノア」に対して、エアロ仕様の迫力のある独創的な新型ヴォクシーが発売されたというわけです。

アルファードのマイナーチェンジも影響している

アルファード2・新型ヴォクシー・ダサい

マイナーチェンジ後のアルファード(画像:トヨタ)

価格と性能は同一ながら、デザインの違う兄弟車「アルファード」と「ヴェルファイア」は、デザイン性からヴェルファイアの販売数が多かったが、2017年12月アルファードのマイナーチェンジで、フロントマスクの存在感を強めると、その後は両車の販売順位が逆転。

このアルファードの成功例になぞらえて、ヴォクシーもエアロ仕様を設定し思い切り個性的なフロントマスクに仕上げたと言われています
魅力・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

新型が発表になると批判の声は上がりやすい

デザインになれる・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

新型車への批判的な声は、新型ヴォクシーだけに限ったことではありません。「前のデザインの方が良かった」という声は、トヨタの人気車でもある「アルファード」や「ヴェルファイア」にも向けられています。

ですから、アップデートされた新型ヴォクシーへの批判的な声に敏感になる必要はありません。デザインには目が慣れるものです。

購入してよかったという声!

購入してよかった・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

  • 車内は広い空間で快適!自転車もそのまま入る
  • キャンプ用の荷物もたっぷり入ってとても便利
  • スマホを置く場所やUSB、タイプCにも対応して使いやすい
  • 飲み物も8本置けるので便利
  • タコメーター、スピードメーターが丸型でクラシック風なのが気に入っています

このように、購入してよかった!と満足している声も多く見受けられます。

【最新】2022年ヴォクシーの販売実績は?

販売台数・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

日本自動車販売協会連合会によると、この記事を書いている直近のデータである2022年9月の販売台数・順位は、以下の通りです。

(画像参照:日本自動車販売協会連合会

2022年9月の順位は、新型ヴォクシーは8241台で5位にランクインしています。兄弟車であるノア(7位、7770台)や、アルファード(11位、6072台)よりも売り上げが伸びていることが分かります。

これだけ販売台数が増えると、個性的なデザインにも見慣れてきて、「かっこいい」に変化するかもしれませんね。

※新型ヴォクシーのみの問題ではありませんが、2022年のトヨタの生産体制は様々な要因で停滞しています。それを踏まえてなお月販8000台を超えているのは驚くべき数字だと思います。ただし、2022年10月現在の納期予測は、最も早いもので半年くらい。グレードによっては1年後、2年後もザラにあります。

まとめ

まとめ・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

「新型ヴォクシーはダサい?外野の声・購入者の声を調べてみました!」をテーマに解説してきました。

外野の声を調査すると、車のデザインや、乗っている人のイメージ、価格設定に対する意見がほとんどです。このようなクチコミは偏った情報による発信にすぎません。

安全機能が搭載された新型ヴォクシーは、トヨタ自動車の貴重な戦力になると予測できます。車のデザインは好き嫌いが大きく分かれますが、人と違ったモデルを好む人にぴったりなカッコよさではないでしょうか?

周りの評判に左右されることなく、興味がある方はぜひ候補のひとつとして検討してみてくださいね。

ご覧いただきありがとうございます。

ラスト・新型ヴォクシー・ダサい

画像:トヨタ

グレース泉
私が執筆した記事一覧はこちらのページです。他の記事もお読みいただけるとうれしいです。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。