自動車リサイクル券って廃車の時は誰に渡せばいいの?

自動車リサイクル券廃車誰に渡す
このページのポイント
・自動車リサイクル券は廃車の時に業者さんに渡す。

自動車リサイクル券って廃車の時は誰に渡せばいいの?

Mr.乱視
このページは自動車リサイクル券がテーマです。

車を廃車する時は自動車リサイクル券が必要になりますけど、これを誰に渡せばいいのか、という点ですね。

question豚子
その前に、乱視さん。

同じ廃車でも、自動車リサイクル券の提出が必要ない廃車もありますよね。

Mr.乱視
おっと、そうでしたね、トン子ちゃん。

念のために、まずはそこからお話ししておくべきでしたね。

つまりです。
「廃車」は大別すると2種類あって、永久抹消と一時抹消に分けられるんです。

永久抹消はその車にもう2度と乗らないから車体を解体処分してしまう手続きのことです。

軽自動車の場合はこの永久抹消のことを解体返納と呼ぶこともあります。

次に一時抹消ですが、これは車を解体しません。

あくまでも一時的に使用を中断するための手続きで、長期の海外赴任などで一定期間車の登録を外しておくことでその間の自動車税を免除してもらう処置です。

question豚子
だから廃車が一時抹消のことなら、自動車リサイクル券の出番はないわけですね。

だって車を解体するわけじゃないから。

Mr.乱視
そういうことです。

自動車リサイクル券は、車を最終的に解体処分した後にリサイクル素材として有効活用するためのものです。

その車の最終所有者が業者に手渡しするべき書類です。

だから、永久抹消(解体返納)する際にだけ登場してもらう書類です。

question豚子
ただ、車を永久抹消にするといっても、自分で手続きをすべてやる場合と、廃車専門業者さんなんかに手続きを丸投げする場合と、自動車リサイクル券の扱いに違いがあったと思うんですけど。
Mr.乱視
そこなんです。

まずは自分で廃車手続きをすべて最後までやる場合ですね。

この場合は、陸運局(軽自動車検査協会)で最終的な事務手続きをする前に、まずは車を解体業者などに引き取ってもらうことになります。

その際、自動車リサイクル券をその業者に手渡ししてください。

そうすればリサイクル券を渡された業者さんは、リサイクル券の[A券]だけ手元に残し、[B券]に必要事項を記入して返してくれます。

自動車リサイクル券

(※)C券、D券はこの際無視して大丈夫。単なる明細ですから。とにかくこの1枚の書類を渡せばいいです。

question豚子
業者さんから[B券]を返してもらうんですけど、それだけじゃ終わりませんよね。
Mr.乱視
そうなんですね。

[B券]を返してもらったら、その日はいったん家に帰ります。

この時点ではまだ陸運局(軽自動車検査協会)での最終手続きには進めないんです。

数日後に、その業者さんからメールか電話で連絡がきます。

何の連絡かというと、それは車の解体処分の作業が完全に完了した日付の連絡です。

question豚子
その日付をメモに書いておくんでしたね。
Mr.乱視
メモに書き留めて、すでに受け取っている[B券]を持って、いざ陸運局(軽自動車検査協会)に出かけて最後の手続きに入るのです(もちろん他の必要書類も持って)。
question豚子
うーん、やっぱり何度聞いても、結構面倒なんですね。
Mr.乱視
一日じゃ終わりませんからね。

それと、陸運局(軽自動車検査協会)での手続きも、あまり混みあっていない場合でも2時間前後はかかるでしょうね。

行き帰りの時間も含めると、半日仕事といっていいでしょう。

question豚子
では、その次をお願いします。

廃車手続きを自分でやるんじゃなくて、廃車専門業者さんに全部丸投げする場合ですね。

Mr.乱視
その場合は単純明快です。

廃車手続きに必要な書類の一覧表を業者さんが出してくれますから、最初にそれらの書類をまとめて業者さんに渡すだけです。

もちろんその一覧表の中に自動車リサイクル券が入っています。

question豚子
提出した後は、すべての廃車手続きが完了した知らせを待っているだけですね。
Mr.乱視
そういうことです。
question豚子
よくあることですけど、自動車リサイクル券が見当たらない場合はどうしたらいいんですか?
Mr.乱視
自動車リサイクル券を紛失あるいは他のものといっしょに盗難にあったりした場合ですね。

その場合はこちらのページを参照してください。

画像付きで詳しくご説明していますから。

紛失?車を廃車しようと思ったらリサイクル券がない!

2018.04.22
question豚子
ではみなさん、またお会いしましょうね。

question豚子でした。

Mr.乱視
Mr.乱視でした。

ありがとうございます。

廃車手続きをご自分でやりたいという方は、下記のページを参照していただければ、どのタイミングでリサイクル券が必要になるのか、手順がわかると思います。ご活用ください。
⇒⇒⇒(普通車)廃車手続きを自分でやる
⇒⇒⇒(軽自動車)廃車手続きを自分でやる

廃車買取業者なら自賠責保険・自動車重量税・自動車税の払い戻しを含めて車の引き取りから解体、陸運局での事務手続きをすべて代行してくれます。ちょっと前までは車を廃車するにはこちらからお金を出さなければなりませんでしたが、今は引き取った廃車の流通先が国内・国外と多様化し、また部品取りしたパーツの流通ルートも確立されているので、以前とは逆に、こちらがお金を受け取れるようになっています。リサイクル券の扱いも全て教えてくれます

ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

 

 


 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他車に関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きると菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。柑橘類が好きで寝る前にはウイスキーをストレートで飲みます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。