ディーラーで車を下取りしてもらう時リサイクル料は戻る?

ディーラー車下取りリサイクル料戻る
このページのポイント
・ディーラーで車を下取りしてもらう時、リサイクル料は、戻るケースと戻らないケースがあります。

中古車として下取りしてもらうケースではリサイクル料が戻ります

廃車として引き取ってもらうケースではリサイクル料は戻りません

Mr.乱視
Mr.乱視です。よろしくお願いします。
question豚子
question豚子です。こんにちは。
Mr.乱視
さて今回は、ディーラーで下取りしてもらう時リサイクル料が戻るか、というテーマです。
question豚子
これはちょっと難しい問題かもしれません。
Mr.乱視
原則としてはそんなに難しくないです。

下取りしてもらう車が中古車としてその後も取引される場合は、リサイクル料は戻ります。

なぜならその車の所有者はまだ後に続くことになるので、リサイクル料はその後に続く人が負担すべきです。

したがって今回車を出した人はすでに負担していたリサイクル料を返還してもらう権利があるからです。

「中古車を売った(もしくは販売店等に中古車として下取りして貰った)場合は、リサイクル券を次の所有者に渡すとともに、車両価値金額+リサイクル料金を受け取ってください。」

自動車リサイクルシステム「中古車として売った場合は、リサイクル料金が戻ってきます!

question豚子
中古車として下取りしてもらう場合は戻るわけですね。
Mr.乱視
そうです。

つぎは廃車の場合です。

ディーラーさんから、

「申し訳ないけど、このお車はもう査定がつきません。うちで引き取っても廃車にするしかありません」

といわれて、

「そうですか。じゃあ仕方ないから廃車として引き取ってください」

というやり取りがあったケースです。

この場合は、車は廃車として解体処分することになるので、車を出す人はその車の最後の所有者となります。

リサイクル料は最後の所有者が負担するルールになっているので、リサイクル料は戻りません。

question豚子
以上が原則論ですね。

取引の現場で原則論通りのやり取りが行われていればいいんですけど、そのへんはあやしいところがあります。

Mr.乱視
トン子ちゃんの指摘する通り、不透明な取引がしばしば行われているようです。
question豚子
まず第一に、取引明細に「リサイクル料」あるいは「リサイクル預託金(正式名称)」といった項目がないケースがかなりあります。
Mr.乱視
ディーラーさんの場合、多いようです。
question豚子
たとえば、中古車として下取りしてもらう場合はリサイクル料が戻るのが本来のルールですが、明細に記載されていないので、

「リサイクル料はどうなっていますか?」

とディーラーさんに訊ねると、

「ああ、リサイクル料は車両価格に含まれていますから」

と質問されてから答えるディーラーさんは良くないディーラーさんだと思います。

Mr.乱視
わたしもそう思います。

百歩譲って、リサイクル料を車両価格に含めるのがそのディーラーさんのいつものやり方(慣行)だとしても、それならどうして事前に車両価格に含めることをいわないのでしょう?

10万円でいいですか、いやもうちょっと、では15万円でいかがでしょう、じゃあその価格で、というように下取り価格の交渉をして、下取り額が決まった後で、お客さんから質問されたから仕方なく、

「ああ、下取り額15万円はリサイクル料を含めて査定していますから」

などと言うのはあまりいいやり方とはいえないでしょう。

question豚子
ずるいやり方です。

はじめからリサイクル料を誤魔化すつもりに決まっています。

リサイクル料は1台当たり7,000円~20,000円ですけど、金額の問題ではないと思います。

こういうやり方をするお店は、ほかのところでも怪しげなことをしている可能性が高いと思いますから。

Mr.乱視
いずれにしても、実務的、現実的な対処法として、車を下取りに出す場合は、ディーラーさんに、

「リサイクル料は戻ると聞いているんですけど、下取り額はリサイクル料とは別枠で見積もりしていただけますか?」

と一言告げるのがいいと思います。

question豚子
まあ、そうなると、今度は、ディーラーさんのほうでも、リサイクル料金の分だけ下取り額を低めに査定する可能性はありますけどね。
Mr.乱視
それでもいいじゃないですか

明朗会計でいいじゃありませんか。

取引はできるだけ明朗にすべきで、こういうお客に対しては、ディーラーさんもさっきトン子ちゃんが指摘した他のところで怪しげなことをする可能性は低くなると思いますよ。

question豚子
そういうことならいいんですけどね。
Mr.乱視
それとですね、そもそも車のディーラーさんは、新車を販売するのが本来の業務で、それ以外の付随する業務ではリスクを取りたくないんですね。

たとえば、中古車として引き取った車が、その後引き取り手がなくて、結局廃車にするしかなくなるリスク。

この場合、中古車なんだからと、リサイクル料をお客さんに戻していたら、そのリサイクル料分をディーラーが自腹で払うことになりますね。

こういうリスクをできるだけ抱えたくないから、下取りの際はリサイクル料のことをあいまいにしておくケースもあるのではないでしょうか。

リサイクル料の話からはそれますけど、一般的に、ディーラーの下取り額は車買取店の買い取り額より低いと言われています。

実際、低いと思いますけど、その理由は、やはり余計なリスクを負いたくないからだと思うんです。

新車の納車日が1ヶ月とか1ヵ月半くらい先になるのは普通のことですが、そうなると下取りを見積もった時点より実際にその車がディーラーさんの元に来るまで1ヶ月から1ヵ月半かかることになります。

つまりその期間分だけ下取り車の価値は落ちるわけです。

まあ、実際は、そのくらいの期間ならそれほど大きくは落ちないと思うのですが、でもディーラーさんはより安全策をとる傾向にありますから、どうしても下取り額を低め低めに査定するのだと思います、リスクを抱えたくないから。

question豚子
じゃあ、乱視さんは、ディーラーさんの商慣行をあまりうるさく言わないほうがいいと言いたいんですか?
Mr.乱視
いえ、トン子ちゃんを非難しているんじゃないんです。

もともとディーラーさんというところは新車を売るのが本来業務だから、下取り車を扱うのは得意じゃないということを言っているんです。

走行距離が多くて年式が古い車の場合は、下取りに出すより、廃車専門業者に買取してもらうほうが、プラスマイナスの総額で見ると、トクすることが多いんです。

question豚子
ああ、そういうことですね。餅は餅屋というか。
Mr.乱視
はい。
question豚子
いずれにしても、話がちょっとそれたので、このページのテーマをもう一度整理しましょう。

ディーラーさんに車を下取りしてもらう時、中古車として下取りしてもらう場合は、リサイクル料は戻り、廃車として引き取ってもらう場合は、戻らない。

これが結論です。

みなさん、参考になったでしょうか?

車を手放すことになったら、廃車専門業者か一般の中古車買取業者も選択肢に入ると思います。こうした業者はディーラーの下取り金額より高値が付きますし、とりわけ廃車買取業者の場合は自動車税の還付・自賠責保険の還付・自動車重量税の還付などの諸手続きも無料で代行してくれます。リサイクル券の扱いも全て教えてくれます

ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

 

 


 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。