車を売却するとリサイクル料は返還されますか?

重量税還付マイナンバー
このページのポイント
建前上は車を売却するとリサイクル料は返還されることになっています。

・しかし返還されないからといって法的に罰せられたという実例はないようです

・実務的な対応としては、車を売却する際は、「リサイクル料はどうなっていますか?」とはっきり質問するのがベストです。

Mr.乱視
みなさんこんにちは、ミスター乱視です。
question豚子
はあい、こんにちは、クエスチョン豚子です。
Mr.乱視
このページのテーマは、車を売却するとリサイクル料は返還されるか、という点ですね。
question豚子
わたしも気になっているんです。なんだかいろんなケースがあるようですね。
Mr.乱視
そうなんです。

まず、表示の仕方が統一されていません。

つまり、わたしが車買取店に車を売却するとしますね。

その際、買取店の明細に「車両価格」と「リサイクル預託金(リサイクル料のこと)」というように、車両価格と分けて明記してあるお店もあります。

一方で、ただ単に「車両価格」だけのお店もあるんです。

question豚子
正式にはどちらが正しいんですか?
Mr.乱視
経済産業省のホームページでは事業者向けに次のような指導を行っています。
question豚子
要するに、書類のどこかに明示するよう指導しているということですね。
Mr.乱視
そういうことです。本来は、上記のように明示すべきなんです。

さらに、経済産業省のホームページにはこうあります。

(Q)リサイクル料金はいつ支払うの?

A原則、新車購入時にリサイクル料金を支払っていただくこととなります。 リサイクル料金を支払うと、リサイクル券や領収書が発行されますので、確実に入手するようにしてください。 ちなみに、リサイクル料金を支払ってあるクルマを他の人に売る場合は、次の所有者の方から、車両部分の価値金額に加えて、リサイクル料金相当額を受け取る権利があります。(青字部分当サイト強調)

経済産業省ホームページより

question豚子
この文面は当サイトの別のページでも取り上げていますけど、やはり微妙な表現ですね。
Mr.乱視
最後の「受け取る権利があります」の部分ですね。

「権利」とあるので、一見すると法的な文面のように見えますけど、実際は玉虫色の解釈を許容している表現ではないかと。

question豚子
実際のところ、自動車リサイクル法に関する罰則規定は、ほとんどが廃車の引き取り業者とか解体業者などの許認可に関することで、車の所有者が変わった際のリサイクル料金のやり取りに関しては、該当するものが見当たりませんよね。
Mr.乱視
見当たりませんでした。

自動車リサイクル法に違反した場合の罰則概要」には、いまトン子ちゃんが言ったように業者さんの許認可のことばかりです。

また、自動車リサイクルシステムのQ&Aには、罰則に関して以下の文面があります。

自動車リサイクル法罰則

自動車リサイクルシステムQ&A

question豚子
ラインを引いたところはとても漠然としていて、車の売却の際にリサイクル料が返還されなかったらどうなるかについては、結局のところよくわからないです、法的根拠が。
Mr.乱視
残念ながら、現時点では、トン子ちゃんの言葉通り、よくわからないですね。

ただ、さっき引用したように、「受け取る権利があります」と明記しているわけですから、車を売る側としては、堂々とリサイクル料の返還を請求すべきだと思います。

question豚子
車を売る時には、相手に「車両金額に加えてリサイクル料も支払ってください」と言うべきですね。
Mr.乱視
そういうことです。

それか、車両価格の交渉をする際に、「この車のリサイクル料は15,000円なんですけど、この金額は含めないで、車両価格単独で見積もりを出していただけますか?」といった言い方も有効だと思います。

question豚子
あとですね、今思い出したんですけど、「リサイクル料」とひと口に言っても、リサイクル券の実物を見ると、料金がいくつかに分かれていますよね。

車を売却した時に返還してもらうリサイクル料は、どの部分ですか?

Mr.乱視
では自動車リサイクル券をまずご覧ください。
自動車リサイクル券

自動車リサイクル券

question豚子
この1枚の書類が自動車リサイクル券ですね。
Mr.乱視
そうです。

この画像はひな形なので金額等は印字されていませんが、[A券]の丸で囲んだ部分の金額ですね。

この金額が車の売却時に返還してもらうべき金額です。

下の方にある金額は、この際無視してかまいません。

question豚子
リサイクル券を紛失した場合はどうしたらいいですか?
Mr.乱視
その場合はこちらのページを参照してください。

紛失?車を廃車しようと思ったらリサイクル券がない!

2018.04.22
question豚子
それではこのあたりでお終いにさせていただきます。

当サイトでは他のページでも廃車のお役立ち情報をたくさん揃えているので、そちらにもお立ち寄りくださいね。

ではまたお会いしましょう。

車を手放すことになったら、廃車専門業者か一般の中古車買取業者も選択肢に入ると思います。こうした業者はディーラーの下取り金額より高値が付きますし、とりわけ廃車買取業者の場合は自動車税の還付・自賠責保険の還付・自動車重量税の還付などの諸手続きも無料で代行してくれます。リサイクル券の扱いも全て教えてくれます

ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

 

 


 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他車に関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きると菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。柑橘類が好きで寝る前にはウイスキーをストレートで飲みます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。