自動車リサイクル券を紛失したら再発行できますか?

自動車リサイクル券紛失再発行
このページのポイント
・自動車リサイクル券を紛失したら再発行できますか?

はい出来ます

・代用品ですが、それで何の問題もありません。

自動車リサイクル券は再発行できます!

Mr.乱視
みなさんこんにちは、Mr.乱視です。よろしくお願いします。
question豚子
question豚子です。よろしくお願いします。
Mr.乱視
紛失しても大丈夫です。

リサイクル券そのものを再発行することはできませんが、代用となるものを入手できるので大丈夫です。

入手方法は下記のとおりです。

まず自動車リサイクルシステムのこのページを開きます。

(お手元に自動車検査証をご用意ください)

パソコン使用の方は赤丸をクリック。

スマホ・タブレットの方は青丸をクリック。

(以下、パソコン画面でご説明します)

軽自動車リサイクル券ない紛失2

この画面に変わったら、番号順に進みます。

①は「車両区分」を選択。

②は「車台番号」の下4桁を記入。

③は「登録番号(ナンバープレートの番号)」を記入。

車台番号」はその車のシリアルナンバーで世界に一つしかない番号ですが、「登録番号(ナンバープレートの番号)」は車のオーナーが変わった時などに変更している可能性があります。しかし陸運局(軽自動車検査協会)で「登録番号」の変更手続きが行われると、2営業日ほどで自動車リサイクルシステムのコンピュータに反映されるシステムになっています。

最後に④「検索」をクリックします。

軽自動車リサイクル券ない紛失4

するとこの画面が出ます。

赤丸の中に「預託済み」とあれば、あなたの車はリサイクル料金がちゃんと支払われているということです。

(※)上の画面の「車両区分」に「登録自動車」とありますが、これはわたくしMr.乱視の普通車を入力したからです。軽自動車の場合は当然「軽自動車」と表示されます。

無事に預託済みであることが判明したら、右下の青丸「料金表示」をクリックしてください。

軽自動車リサイクル券ない紛失5

するとこの画面が表示されます。

この画面をプリントアウトすれば、これがリサイクル券の代用となるものになります。

プリントアウトする環境にない場合は、①②③④の部分をメモしておけば、そのメモがリサイクル券の代用品となります。

(※)軽自動車・普通車のリサイクル料金は7,000円~20,000円ほどの金額です。

では、これまでの説明を踏まえて、こちらから手続きを進めてください。

⇒⇒⇒自動車リサイクルシステム「リサイクル料金検索」


以上、リサイクル券が紛失で手元にない場合の対処法をご説明させていただきました。

陸運局などにはリサイクル券の発行機があってその機械で再発行できると書いてあるサイトも見かけますが、そうではありません。

2005年に自動車リサイクル法がスタートしましたが、スタートしてしばらくの時期は確かにリサイクル券の発行機が陸運局などに備え付けられていました。

でも今ではその役目を終えて撤去されています。

そして現在の自動車リサイクルシステムのスタンスは、「要は、リサイクル料を納めていることが確認できればそれでOK」であって、リサイクル券があってもなくても、まあどちらでも構いません、ということになっているのです。

したがって、より厳密にいうなら、代用となるものを印刷しなくても、メモに取っておくか、表示画面を必要な時に提示するだけでOKなのです。

自動車リサイクルシステムのホームページの質問欄に下記のような記述があります。

Q.リサイクル券を紛失してしまいましたが、車検や買い替えなどに影響はありますか?
A.リサイクル券を紛失または毀損しても、車検や買い替えに影響はなく、車検時にリサイクル券を提示する必要もありません。
買い替え時にリサイクル料金の預託証明書が必要ということであれば、「自動車リサイクル料金の預託状況」が
証明の代わりとなりますので・・・・・・・

上のQ&Aは車検や買い替えについてですが、廃車の場合も同じです。

様々な自動車取引の現場では、「車台番号」と「登録番号(ナンバープレートの番号)」さえわかれば誰でも調べられますので、リサイクル券そのものがそこにないという事態は、特に誰にとっても不都合はないのです。

では、何のためにこのページを使って解説してきたのかと言いますと、やはり、自分の車の状況を自分の目で確認したいという方が一定数いらっしゃるのですね。

本当にリサイクル料金は支払ってあるのか

支払ってあるとしたら金額はいくらか

こういう疑問を、それまでリサイクル券に関して無関心であった人ほど、この機会に知りたいという方が多いのです。

だからこそ、丁寧に説明させていただきました。

参考にしていただければ幸いです。

(※)とは言いましても、リサイクル券があったほうが業者さんの手間が減ることは間違いない事実です。廃車手続きもスムースに進みます。
廃車手続きをご自分でやりたいという方は、下記のページを参照していただければ、どのタイミングでリサイクル券が必要になるのか、手順がわかると思います。ご活用ください。
⇒⇒⇒(普通車)廃車手続きを自分でやる
⇒⇒⇒(軽自動車)廃車手続きを自分でやる

廃車買取業者なら自賠責保険・自動車重量税・自動車税の払い戻しを含めて車の引き取りから解体、陸運局での事務手続きをすべて代行してくれます。ちょっと前までは車を廃車するにはこちらからお金を出さなければなりませんでしたが、今は引き取った廃車の流通先が国内・国外と多様化し、また部品取りしたパーツの流通ルートも確立されているので、以前とは逆に、こちらがお金を受け取れるようになっています。リサイクル券の扱いも全て教えてくれます

ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

 

 


 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。