フィアット500大解剖:「故障多いからやめとけ?」「弱点・気をつけること」「坂道登らない」「ツインエア故障率」を重点的に検証!

フィアット500・1

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日

フィアット500大解剖:「故障多いからやめとけ?」「弱点・気をつけること」「坂道登らない」「ツインエア故障率」を重点的に検証!

フィアット500(2008年3月~):FIAT

小さな車体と個性的なデザインで多くの人々を魅了してきたフィアット500。しかし、この愛らしい外観の背後には、実用性や性能に関する様々な評価が存在します。

今回の記事では、フィアット500の故障率や弱点、坂道性能、さらにはツインエアエンジンの信頼性について詳しく検証します。

購入を考えている方はもちろん、車好きの方にも興味深い内容です。さまざまな視点からフィアット500の実態を探り、その魅力と注意点を明らかにしていきましょう。

どんなクルマ?

フィアット500は、「500」のイタリア語読みである「チンクエチェント」を略して「チンク」という愛称で親しまれています。

キュートでポップなルックスやインテリアも可愛らしく、さすがイタリア車といったこだわりが細部に込められ、日本車にはない魅力がたくさんあります。

ショートヒストリー

現行型フィアット500(チンクエチェント、チンクェチェント、チンク)は3代目に当たります。

初代は1936年~1955年に販売され、2年間ブランクがあったのちに、2代目が1957年~1977年に販売されました。

そこからさらに30年のブランクを挟んで、2007年から3代目が販売されて現在に至っています。※日本での販売は2008年から

フィアット500とBMWミニとフォルクスワーゲン・ニュービートル/ザビートルには共通点があります。

いずれも復刻版、リバイバル商品として世に出た点です。

さらに共通しているのは、ご先祖に当たるモデルの、とりわけ「デザイン」に対するオマージュという形で世に出ているところでしょう。

そうした中、ご先祖様に一番寄り添う展開を見せたのがフィアット500でした。

3代目フィアット500は、2代目フィアットNUOVAヌオーヴァ 500より大きいものの、それは時代が要請する安全性能などの面で止むを得ない変更だったと思います。

いっぽうで、BMWミニはみなさんご存じの通りもはや「ミニ」ではないサイズですし、ニュービートルとザ・ビートルも近くで見ると威圧感のある姿でこちらに迫ってきます。

100人の人がフィアット500を見たら、おそらく97人くらいはこう言うでしょう。

「かわいい!」

フィアット500は、つまり、そういう車です。

フィアット500とほぼ同じサイズのクルマ

フィアット500のサイズは、全長3570mm×全幅1625mm×全高1515mmです。この車と同じくらいのサイズの車は下記の通りです。フィアット500のおおよそのサイズ感がわかると思います。

車種特徴
BMWミニ3ドアBMW製プレミアムコンパクトカー。丸みを帯びたクラシカルなデザインが特徴。
ルノー トゥインゴフランスの伝統的なコンパクトカー。後ろにエンジンを積むRRレイアウト。
シトロエン C3丸みを帯びたデザインが特徴のフランス製コンパクトカー。
トヨタ ヤリススポーティなデザインが特徴の日本製コンパクトカー。
ホンダ フィット実用的なデザインが特徴の日本製コンパクトカー。

フィアット500「Super Pop Italia」のスペックです。

項目内容
新車価格254万円
駆動方式FF
燃料ハイオク
燃料タンク容量35L
排気量1,240cc
トランスミッション5AMT
乗車定員4名
燃費(WLTCモード)18.0km/L
最小回転半径4.7m
最高出力51[69]/5500 kW[PS]/rpm
最高トルク102[10.4]/3000 N・m[kgf・m]/rpm
全長3,570mm
全幅1,625mm
全高1,515mm
ホイールベース2,300mm
車両重量990kg
荷室容量(リアシート立)185L
荷室容量(リアシート倒)550L

価格

フィアット500の価格帯です。

254~344 万円

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは『フィアット500大解剖:「故障多いからやめとけ?」「弱点・気をつけること」「坂道登らない」「ツインエア故障率」を重点的に検証!』です。

検証するには材料が必要です。

まず、フィアット500に関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • 新車価格が高い。中古価格も安くない
  • デュアロジックの故障が発生しやすい
  • 故障の修理費が高額
  • ABSでエラー警告が出ることがある
  • エンジンやトランスミッションにエラーが発生しやすい
  • 冷却水の漏れが発生しやすい。冷却水漏れの修理が困難
  • 使い勝手が良くないカップホルダー
  • 収納スペースが少ない
  • 古いモデルはCDラジオしかない
  • 真夏の渋滞でオーバーヒートしやすい
  • 総合的な信頼性が低い

 

  • ドアが大きく重い。
  • ドアの開き角度が大きく、隣の車にぶつかるリスクあり。
  • ドアを開ける際に力が必要で、挟まれることも。
  • インテリアにプラスチック感や成形不良の部品が見られる。
  • 後部座席が狭く、背もたれが倒れない。
  • ドリンクホルダーの位置が使いづらい。
  • スマートフォンとのオーディオ接続が安定しない。
  • デュアロジックミッションの動作に癖があり、振動や不快感を感じることがある。
  • NVH(騒音、振動、遮音性)が良くない。
  • 舗装されていない道や坂道での乗り心地が良くない。
  • 燃費が期待よりも悪い場合がある。
  • 価格が割高で、他のコンパクトカーと比較して高価。
  • エコモードを使用しないと燃費が悪化する。

 

  • ミッションの不具合で信号待ちなどでニュートラルのまま動けないことが多々あった。
  • ブレーキオイルの漏れがあり、ブレーキが利かなくなることが数回あった。
  • パワステが故障し、衝突しそうになることがあった。
  • ミッションとエンジンのマッチングが良くない。
  • インパネ周りのプラスチッキー感が否めない。
  • 車高の高さが気になることがある。
  • 車の基本性能である「走る」「止まる」「曲がる」が不十分な場合があった。

 

  • デュアロジックシステムが弱い。49,000kmでアッセンブリー交換が必要だった。
  • ライト類が全体的に暗い。ナンバープレートライトのLED化で警告灯が出る。
  • 使用範囲が小ささ故に限られる。
  • 期待外れの燃費。
  • 現代の標準装備がない(前後センサー、バックモニター、オートライト、ナビ等)。
  • 中途半端なモニターが使い勝手が悪い。
  • パワーウィンドウが使いにくい。
  • スーパーで売っているマイバスケットが後部座席を倒さないと2個乗らない。
  • 後席とトランクのスペースが狭い。
  • 乗り心地が良くない。
  • 実用性が低い。実質ツーシーター。
  • ハンドルが重く、小回りが効かない。
  • カップホルダーやシートベルトの位置が不便。
  • シフトの警告音が鬱陶しい。
  • エンジンルームの細かい剥き出し部分で怪我しやすい。
  • ナンバープレートがフレームからはみ出ている。
  • シートが日本人の体型に合わない。

上記の否定的・ネガティブなレビューの分析結果

1. 価格とコスト面の懸念

  • 新車および中古車の価格が高いと評されている。
  • 故障が発生しやすく、修理費が高額であるといった意見がある。
  • 特にデュアロジックやABSの故障、冷却水の漏れが指摘されている。

2. 実用性と快適性の問題

  • 収納スペースが少なく、カップホルダーやシートベルトの位置が使いづらいとの声がある。
  • 古いモデルではCDラジオのみで、現代的な標準装備が不足しているといわれる。
  • 後部座席やトランクのスペースが狭く、実用性が低いと評されている。

3. ドライブの快適性に関する問題

  • NVH(振動、騒音、遮音性)の低さ、舗装されていない道での乗り心地の悪さが指摘されている。
  • エンジンやトランスミッションのパフォーマンスに関する不満が見られる。

4. 安全性と信頼性の懸念

  • デュアロジックシステムの弱さ、ブレーキオイルの漏れ、パワステの故障など、安全面での不安が表明されている。
  • 総合的な信頼性に疑問が呈されている。

5. 設計上の問題点

  • ドアが大きく重いこと、開閉時の不便さや隣の車との衝突リスクが挙げられている。
  • インテリアの質感に関する不満や、日本人の体型に合わない設計が指摘されている。

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はフィアット500に関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、フィアット500に関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • ユニークで魅力的なデザイン
  • コンパクトながら十分な走行性能。乗っていて幸せな気持ちになる
  • 内装のデザインが個性的で素敵
  • 軽量で取り回しが良い。低速でもスムーズな走り
  • マニュアル車に近いデュアロジックの挙動
  • 足回りが柔らかく快適な乗り心地
  • 一定の条件下で楽しくドライブできる
  • エクステリアの可愛らしさ
  • 限られた空間でも取り回しが容易
  • 燃費が良い

 

  • 外観がユニークで、カラーバリエーションが豊富。
  • インテリアがコンパクトで整理されており、安っぽさがない。
  • 安定感のある走りと小回りが利くところがいい。
  • シティドライブが快適。
  • 0.9リッターツインエアターボエンジンが魅力的な軽いエンジン音を響かせる。
  • タイミングチェーン使用でメンテナンスコストが低い。
  • ECOスイッチ使用で良好な加速と燃費を実現。
  • 都市部での運転に適している。
  • ボディ同色の内装が魅力的。
  • 単眼メーターやスイッチの配置が使いやすい。
  • 荷室が意外と広い。
  • アクセルレスポンスが良く、日常走行が楽しい。

 

  • デザインが魅力的で、老若男女に愛される。
  • インパネがボディ同色にペイントされている点が良い。
  • 必要最低限のスイッチで扱いやすい。
  • 1.2L 4気筒エンジンで十分なレスポンスがある。
  • ボディの剛性が高く、カーブなどでも安定している。
  • 14インチタイヤで路面の凹凸をしなやかに処理する。
  • 燃費が良く、一般道では15~17km/l、高速では20km/l以上走る。

 

  • シンプルなデザインでカスタマイズが可能。
  • アフターパーツが豊富で安価。
  • 車内は全てLED化で問題なく使用可能。
  • TFTメーターよりオレンジのメーターが似合っている。
  • 市内での燃費は13km/l、高速では22km/lと経済的。
  • 所有感が得られる。内装が可愛く、乗るたびに楽しい。
  • ツインエアは意外にパワフル。

上記の肯定的・ポジティブなレビューの分析結果

フィアット500のレビューに基づいた分析を以下の通りまとめます。

デザインと外観

  • ユニークで可愛らしいデザインが特徴。
  • 内装もボディ同色のペイントで統一されており、個性的。
  • インテリアはコンパクトで整理されており、高級感がある。

走行性能と操作性

  • コンパクトながら走行性能が高い。
  • マニュアル車に近いデュアロジックの挙動がいい。
  • 低速でのスムーズな走りと良好なアクセルレスポンス。
  • 小回りが効き、シティドライブに適している。

快適性と実用性

  • 軽量で取り回しが良く、限られた空間でも容易に操作可能。
  • 快適な乗り心地と、足回りの柔らかさ。
  • 荷室が意外と広い。

エンジンと燃費

  • 0.9リッターツインエアターボエンジンが心地よい音を提供。
  • タイミングチェーンの使用でメンテナンスコストが低い。
  • ECOスイッチ使用で加速と燃費のバランスが良い。
  • 一般道では約15~17km/l、高速では20km/l以上の燃費性能。

カスタマイズ

  • シンプルなデザインでカスタマイズ可能。
  • アフターパーツが豊富で、車内は全LED化が可能。

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はフィアット500に関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

総合的・全般的なレビューをご紹介

レビューの最後に、フィアット500に関する総合的・全般的なレビューをご案内します。「細かな点ではいろいろ言いたいことがあるけれど、結局のところフィアット500のことをどう思っているのか」、そうしたレビュアーの<思い>が込められたレビューとなります。ぜひ、参考になさってください。


  • デザインと走りの楽しさは評価が高い
  • 故障リスクと修理費が高いため、メンテナンスには注意が必要
  • 中古車購入時は整備歴や状態をよく確認することが推奨される
  • 新車購入が安心だが中古でも良品が見つかる可能性あり
  • 独特の魅力があり、愛着を持って乗るドライバーが多い
  • 日常使いには不便な面もあるが、個性的な車を求める人には適している

 

  • 見た目の可愛らしさとは裏腹に、ドアの大きさやデュアロジックミッションの挙動など、特有の癖がある。
  • 高価だが、その分運転の楽しさや所有する喜びを提供する。
  • 日常の足としては高価すぎるが、個性的なデザインと運転の楽しみを重視するドライバーには魅力的。

 

  • ルパン三世の愛車としてのイメージが購入意欲を高める。
  • 故障やトラブルがあるものの、それを上回る魅力がある。
  • 走行距離が10万kmを超えるまで愛着を持って乗れた。

 

  • スタイルに惚れて乗る車。
  • ツインエアの楽しさとデザインの秀逸さが際立つ。
  • 愛着を持てる、キュートなデザイン。
  • イタリア車特有の個性が強い。
  • 教科書のような基本に忠実な運転を思い出させる。
  • 外装と内装に惚れて購入したが、不満点以上に楽しい車。

「故障多いからやめとけ?」「弱点・気をつけること」「坂道上らない」「ツインエア故障率」を重点的に分析

この記事のテーマは『フィアット500大解剖:「故障多いからやめとけ?」「弱点・気をつけること」「坂道登らない」「ツインエア故障率」を重点的に検証!』というものです。

テーマの重点項目である「故障多いからやめとけ?」「弱点・気をつけること」「坂道登らない」「ツインエア故障率」について、ここまで見てきたレビューを基に、検証したいと思います。

項目内容

「故障多いからやめとけ?」

デュアロジックの故障が発生しやすく、修理費が高額。ABS、エンジン、トランスミッションにも故障の傾向あり。

レビューには上記のような指摘があります。ただし、これらの多くは中古で購入した際のコメントです。保証が付いた新車・認定中古車を購入した場合、少なくとも高額な出費はないと思います。とは言え、他の外国車に比べて故障率が高い傾向にあるのは確かだと思います。

多くのオーナーさんの総合評価を見ると、「故障が多いのは事実。でも、だからと言ってやめとかなくていいよ。乗れば楽しいクルマだよ」という声が聞こえてきそうです。

「弱点・気をつけること」

ドアが重く、開閉に注意が必要。後部座席の狭さ、インテリアの品質、NVH問題。オーバーヒートしやすい点にも注意。

上記がレビュー中に見られる「弱点・気をつけること」の代表例です。500のドアは、2ドアクーペと同じで、とても大きいです。狭い駐車場ではドアパンチの加害者にならないように気を付ける必要があります。夏場はオーバーヒートに注意です。

「坂道登らない」

坂道は登ると思います。心配ないですよ。

「ツインエア故障率」

変速機構であるデュアロジックの故障率は比較的高いと思いますが、ツインエアエンジンの故障はあまり例がないようです。

タイミングベルトでなくタイミングチェーンが採用されているので、耐久性はもちろん維持費を抑える効果もあります。

レビューサイトの平均評価点のご案内

フィアット500が有名なレビューサイトでどう評価されているか、以下ご紹介します。

※2023年11月24日時点

ライバル車とその特徴

フィアット500のライバル車とその特徴をまとめました。

車種特徴
BMWミニ3ドアBMW製プレミアムコンパクトカー。丸みを帯びたクラシカルなデザインが特徴。

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

ルノー トゥインゴフランスの伝統的なコンパクトカー。軽快な走りと高い燃費性能が魅力。

⇒⇒レビュー記事

シトロエン C3丸みを帯びたデザインが特徴のフランス製コンパクトカー。

⇒⇒レビュー記事

トヨタ ヤリススポーティなデザインが特徴の日本製コンパクトカー。

⇒⇒レビュー記事

ホンダ フィット広くて実用的なデザインが特徴の日本製コンパクトカー。

⇒⇒レビュー記事

どんな人におすすめ?

フィアット500がおすすめの人物像をまとめました。

対象者理由
都市部に住む人コンパクトなサイズで市街地の狭い道や駐車スペースに適している
スタイルを重視する人イタリアンデザインが洗練された外観・内装を提供
経済性を求める人燃費効率が良い
初心者ドライバー取り回しがしやすく、運転が容易
一目ぼれした人惚れたら買うしかない

フィアット500に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないフィアットの他の車種があるとしたら、それは何?

思わず目移りしてしまうかもしれないフィアットの他の車種をまとめました。

車名特徴
フィアット パンダパンダのサイズは、全長3685mm×全幅1670mm×全高1550mmです。500よりちょっとだけ大きめです。どっちがカワイイと思います?

⇒⇒レビュー記事

フィアット 500X500のSUVバージョン。500は「カワイイ」けれど、こちらは「立派」に見える。使っている鉄の量が多いですから。

⇒⇒レビュー記事

フィアット ドブロ多目的に使える広い荷室と実用性を備えたMPV。カングー、ベルランゴ、リフターのガチライバル車。

⇒⇒レビュー記事

まとめ

『フィアット500大解剖:「故障多いからやめとけ?」「弱点・気をつけること」「坂道登らない」「ツインエア故障率」を重点的に検証!』のテーマで解説してきました。

フィアット500について、その魅力と課題を詳しく検証してきました。故障率や弱点、坂道性能、ツインエアエンジンの信頼性など、多角的に分析しました。

ポジティブな側面だけでなく、ネガティブな声も取り上げ、総合的な評価を行いました。これらの情報が、フィアット500への理解を深め、購入の際の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

フィアット500・後悔

【プチ調査】フィアット500は運転しにくい?乗ってる男性の特徴は?何年乗れる?長く乗るコツを紹介!

2022年12月29日
フィアット500・後悔

【プチ調査】フィアット500は買って後悔する車か?

2022年11月15日
フィアット500・後悔

フィアット500とはどんな車?「デザインが全て」の一点突破の車

2022年11月15日

 

【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023年12月13日

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023年12月15日

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023年12月16日

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023年12月18日

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023年12月22日

買ってはいけない中古車ランキング:絶対に避けるべき10の注意点

2023年12月12日
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています