東京海上日動|自転車傷害補償特約|自動車保険の特約です!

自転車傷害補償特約・サイクルパッケージ・自転車保険・自動車保険・特約・東京海上日動

東京海上日動の自転車傷害補償特約は自動車保険の特約です。

自転車を運転している人が転倒してケガをした場合、あるいは、歩行者として歩いている時に自転車と接触してケガをした場合、こうした自転車事故による自分自身のケガに対して保険金が支払われます。

自転車傷害補償特約はあくまでも自分自身のケガを補償するもので、自転車で相手にケガをさせた場合の補償は個人賠償責任補償特約など別途用意する必要があります。

このページでは東京海上日動の自転車傷害補償特約についてわかりやすく解説しています。

しばらくお付き合いいただけるとありがたいです。

東京海上日動:自転車傷害補償特約は「自分自身のケガの補償」

自転車傷害補償特約は自分自身の怪我の補償・東京海上日動|自転車傷害補償特約|自動車保険の特約です!

いわゆる「自転車保険」には大きく分けると2つの補償があります。

相手のケガなどに対する補償

自分自身のケガに対する補償

①の相手のケガなどに対する補償は、通常、個人賠償責任補償特約でカバーされます。

ネットで「自転車保険」で検索してヒットする保険は、どれもこの個人賠償責任補償特約(個人賠償責任保険)です。

このページで扱っているのは②の補償で、自転車運転中に転倒して自分自身がケガをした場合、歩行者として歩いている時に自転車と接触してケガをした場合、こうした自分自身のケガに対する補償です。

東京海上日動の自動車保険の特約(オプション)である自転車傷害補償特約(一時金払)は、②の自分自身のケガに対する補償です。

たとえば、あなたが個人賠償責任補償特約に加入していて、相手に対する補償はすでに用意してある場合には、この自転車傷害補償特約(一時金払)に加入することで、自転車事故に関してはほぼ万全ということになります。

もしも①の相手に対する補償である個人賠償責任補償特約にまだ加入していなかったら、そういう人向けに東京海上日動では①と②をセットにしたサイクルパッケージというセット商品を用意しています。

東京海上日動|サイクルパッケージ|自動車保険の特約です!

2019.03.05

東京海上日動:自転車傷害補償特約の詳細解説

自転車傷害補償特約の詳細解説・東京海上日動|自転車傷害補償特約|自動車保険の特約です!

では、あなたがすでに個人賠償責任補償特約に加入していて、相手に対する補償はすでに対策済みであるという前提で話を進めます。

自分自身のケガに対する補償である自転車傷害補償特約の詳細は以下のとおりです。

東京海上日動:自動車保険の特約「自転車傷害補償特約」(自分自身のケガに備えるために)
  • 自転車傷害補償特約は、自転車運転中に転倒してケガをした場合の運転者本人のケガに対して保険金を支払います。
  • また、道路を歩行者として歩いている時に自転車と接触してケガをした場合も保険金が支払われます。
  • 自転車傷害補償特約は、個人賠償責任補償特約と違って、自転車に関係したケガのみが補償の対象で、自転車以外の交通事故やその他あれやこれやの自転車と関係ない事故の補償は入っていません。※個人賠償責任補償特約は自転車事故以外の日常の様々な事故が補償対象になっています
  • 事故で支払われる金額は以下のとおりです。
入院 5日未満:10,000円

5日以上:10万円・30万円・50万円・100万円※ケガの程度により異なります

死亡 300万円
後遺障害 300万円に等級別割合を乗じた金額
  • 自転車傷害補償特約の入院給付金は、通常の傷害保険のように「日額×入院日数」といった支払い方でなく一時金としてまとめて支払う方式です(一時金払いちじきんばらい)。
  • 自転車傷害補償特約には通院補償はありません
  • 自転車傷害補償特約の保険料は180円です。※年12回払の月額
  • 自転車傷害補償特約の被保険者(保険の対象になる人)は以下のとおりです。
①:記名被保険者※自動車保険の特約なので自動車保険の記名被保険者

②:①の配偶者※配偶者には事実上の配偶者も含まれます。また戸籍上の性別は同一だが婚姻と変わらない実態にある人も含まれます

③:①または②の同居の親族

④:①または②の別居の未婚の子※未婚とは婚姻歴がないことをいいます

東京海上日動:自動車保険・ご契約のしおり123ページ「自転車傷害補償特約(一時金払)」


東京海上日動は代理店型の保険会社なので、自動車保険に自転車傷害補償特約を追加したい場合は、東京海上日動の代理店にお問い合わせください。

なお、東京海上日動では、代理店とは関係なく、ネットで契約できる自転車保険も用意しています。

それが「eサイクル保険」という名称のネット専用保険です。

ただし、この保険も、フタを開けてみると、何のことはない、個人賠償責任補償保険と傷害保険を合体させた保険です。

したがって、個人賠償責任補償特約の部分では自転車と関係ないあれやこれやの補償がてんこ盛りです。

とは言え、東京海上日動の既契約者でなくても、東京海上日動のウェブサイト上で手軽に加入できます。

eサイクル保険|東京海上日動の自転車保険|ネット保険!

2019.03.01

自動車保険の特約で「自転車」の補償を付ける方法は東京海上日動以外でもごく普通に行われています。追加となる保険料もほぼ同じです。ただしベースとなる保険料水準が異なるのでトータルの保険料総額は会社によってかなり違います。この機会に一括見積もりサイトで各社の保険料を横並びで比較してみてはいかがでしょう?ほぼ同じ補償内容でどれほど金額に差が付くか、ちょっと見ものであり、実際ビックリ仰天するはずです。

保険スクエアBang! インズウェブ

 

 


ご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。