クーラント(冷却水)がマックスより上にあるのは異常なの?

クーラント・マックスより上
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

クーラント(冷却水)がマックスより上にあるのは異常なの?

水冷式エンジンにはエンジン冷却装置であるラジエーターが必須の装置です。ラジエーターはエンジンの放熱のためにクーラント(冷却水)を必要とします。クーラント(冷却水)は常に一定の量が確保されていなければなりません。

多すぎても少なすぎてもダメで、一定の量であることが必要です。

この「一定の量」とは、具体的にはラジエーターキャップの下からホースを伝った先にあるクーラントリザーブタンクの2本のラインで確認します。

クーラントリザーブタンクには上限と下限、MAXとLOW、HIGHとLOWなど表示は様々ですが2本のラインがあって、このラインの間にクーラント(冷却水)があれば正常です。

ところが、エンジンルームを覗いてこのリザーブタンクを確認したところ、クーラント(冷却水)が上のラインを超えていることがあります。

マックスより上に液がある状態です。

これは異常なのでしょうか?

まず、もしもエンジンが作動しているときまたは停止しているけれどまだ熱を持っているときであれば、もしかするとエンジンの熱で膨張したクーラント(冷却水)が一時的に体積を増やした結果としてマックスより上に来ているのかもしれません。

この場合は、エンジンが完全に冷えた状態でもう一度リザーブタンクを確認してください。その時にマックスより下にあれば、全く問題ありません。異常ではなく、単に熱膨張による一時的な現象にすぎません。

そもそもラジエーター本体とクーラントリザーブタンクの間では、クーラント(冷却水)の温度次第でしょっちゅう行ったり来たりを繰り返しています。

ところが、エンジンが冷え切った状態で確認した際にクーラント(冷却水)がマックスより上にあれば、これは単にクーラント(冷却水)の入れすぎです。

この場合は、そのへんにあるポンプ類でクーラント(冷却水)を抜いてください。

なお、クーラント(冷却水)を入れすぎてマックスより上にあるからと言って、それでエンジンが故障する心配はありません。クーラントリザーブタンクには逃げとなるホースが付いていたり、キャップに穴が開いていたりするので、多すぎる液は自然に外に逃げるようになっています。

でも、だからといって入れすぎ状態を放置しておくと、エンジンルーム内がクーラント(冷却水)で汚れてしまいます。どのメーカーのクーラント(冷却水)にもピンクや黄色や緑などの色がついているので、エンジンルームのあちこちに液の色が付着してしまいます。

こうなると、見た目が汚いだけではすみません。たとえばエンジンガスケットの吹き抜けなどでクーラント(冷却水)が漏れ出した際に、すでに液漏れで汚れていれば、見分けがつかなくなります。

つまり、故障ではない液漏れ跡のために本物の故障で液漏れしたことに気づけないケースが発生するわけです。

そういう意味でも、クーラント(冷却水)の入れすぎでマックスより上にきていたら、速やかに抜き取ってください。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒クーラントの漏れを確認する方法|自分でできるの?

⇒⇒車|クーラントの交換時期|寿命は何年くらい?

⇒⇒車|冷却水の交換費用|DIYで交換する際の注意点

⇒⇒クーラントのエア抜きしないと沸騰してあふれます!

⇒⇒クーラント(冷却水)に水混ぜる|水道水or精製水どっち?

⇒⇒ロングライフクーラント(LLC)とはラジエーター液|交換時期と費用|色・成分・廃棄方法・車検

⇒⇒クーラントリザーブタンクの量が空なら冷却水を補充|交換時期・交換費用

⇒⇒不凍液に使われるグリセリンは毒性がないというのは本当ですか?

⇒⇒車|水温警告灯|いったん点いても消えたら安心ですか?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。