【放置は致命的】オーバーヒートでエンジンはどんなダメージを受けるのか?

オーバーヒート・エンジン・ダメージ




オーバーヒートでエンジンはどんなダメージを受けるのか?

「オーバーヒート」とはエンジンが異常な高温になることです。オーバーヒートになると様々な不具合が発生しますが、不具合には軽度から重度にかけて様々な段階があり、オーバーヒートになったからといって即座にエンジンにダメージが出るわけではありません。

しかし、初期の段階で対策すればいいものの、放置しておくとエンジンそのものに重大なダメージが発生します。エンジン載せ替えの場合は500,000円~1,000,000円は当たり前にかかります。うまく中古エンジンやリビルド品が見つかった場合でも、エンジンそのものの代金は新品の3割から4割引きくらいになりますが、工賃は変わらないので、やはり数十万円の出費は確実にかかります。

こうなると車の乗り換えを視野に入れなければならないでしょう。

オーバーヒートの症状

車がオーバーヒートするとどんな症状が出るのでしょう?

下記のようなものが代表的な症状です。

  1. アクセルを踏んでも加速しない
  2. エンジンルームから白い煙(水蒸気)が上がる:冷却水漏れ
  3. エンジンルームから甘い匂いがしてくる:冷却水漏れ
  4. エンジンルームから油のにおいがしてくる:エンジンオイル漏れ
  5. 水温警告灯が点灯または点滅する
  6. エンジン警告灯が点灯または点滅する
  7. 水温計が90度を超えてくる(適正水温は60℃~90℃のあいだ)

エンジンで走る車のほとんどが水冷式なので、やはりエンジン冷却系統の不具合が最も多い原因となります。

オーバーヒートの原因

水冷式エンジン車のオーバーヒートですが、下記のような原因が考えられます。

  • ラジエーター本体にサビ等で穴が空き冷却水が漏れている
  • 事故で車の下部を打ち付けラジエーターに穴が開いて冷却水が漏れている
  • 冷却水を適温に保つサーモスタットが故障している
  • 渋滞時に活躍する冷却用電動ファンが故障している
  • 冷却水を循環させるウォーターポンプが故障している
  • ラジエーターホースまたはラジエーターキャップが劣化し水漏れがある
  • ラジエーターリザーブタンクが劣化して水漏れがある
  • エンジンオイルの量が不足している(オイル漏れまたはオイル上がり・オイル下がりなど)

エンジンにダメージがくる前に対策する

車がオーバーヒートになったからといって、即座にエンジンにダメージが発生するわけではありません。車には水温警告灯など様々な警告灯が付いているので、初期の段階で不具合を発見し、適切な処置が取られていれば、エンジンが破損するほどの被害は防止可能です。

そのためには日頃から下記のようなことに注意しておくべきです。

  1. 冷却水(ロングライフクーラント)の量を確認する:エンジンルームのクーラントリザーブタンクの目盛りで確認。
  2. エンジンオイルを定期的に交換。その際、2回の交換に1回はオイルエレメント(オイルフィルター)を交換する。
  3. 駐車場にオイルのシミや冷却水のシミがあったらすぐに対応する。
  4. エンジンルームから甘いにおいがしたらすぐに対応する。冷却水は熱で蒸発すると甘いにおいを発します。
  5. メーターパネルの各種警告灯が点灯・点滅したら、放置しないで対処する

日頃から上記のようなことを心がけていればオーバーヒートが発生することはまずないと思います。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒車のオーバーヒートとは?意味は?点検で防止できる

⇒⇒車がオーバーヒートだけどエンジンかかる場合は大丈夫?

⇒⇒オーバーヒート時はエアコン付ける?ヒーターで熱拡散?

⇒⇒オーバーヒートでエンジン停止の影響|後遺症・ダメージは?

⇒⇒車|水温警告灯が点灯|オーバーヒートでエアコン効かない

⇒⇒車の冷却水が減る原因・理由は?減るとどうなる?

⇒⇒クーラント(冷却水)に水混ぜる|水道水or精製水どっち?

⇒⇒ロングライフクーラント(LLC)とはラジエーター液|交換時期と費用|色・成分・廃棄方法・車検

⇒⇒クーラントリザーブタンクの量が空なら冷却水を補充|交換時期・交換費用

⇒⇒不凍液に使われるグリセリンは毒性がないというのは本当ですか?

⇒⇒車|水温警告灯|いったん点いても消えたら安心ですか?

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!