ステアリングナックルとは|役割・構造|タイヤを操舵する最後のパーツ

ステアリングナックル・とは・構造・役割

ステアリングナックルとは:役割と構造

ステアリングナックルとは、車のステアリングシステムを構成する一部品であり、ハンドルの力をタイヤに伝える最後のパーツになります。

車のドライバーがステアリングホイール(ハンドル)を切ると、その力は、ステアリングコラム⇒⇒ステアリングシャフト⇒⇒ステアリングギアボックスへと続きます。そしてステアリングギアボックスの動きはタイロッドを介してナックルアームに伝わり、さらにステアリングナックルによってタイヤの向きが変わります。

ステアリングナックルはホイールハブに取り付けられているパーツなので、いわば、ステアリングシステムにおいてハンドルの動きを伝える最後のパーツということになります。

ステアリングナックルにはスピンドルとナックルアームが取り付けられていて、操舵の中心軸のまわりを回転する構造になっています。

最近はアルミ製のステアリングナックルを採用する車も出てきており、軽量で剛性も高いのですが、お値段も高いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。