ステアリングナックルとは|役割・構造|タイヤを操舵する最後のパーツ

ステアリングナックル・とは・構造・役割

ステアリングナックルとは:役割と構造

ステアリングナックルとは、車のステアリングシステムを構成する一部品であり、ハンドルの力をタイヤに伝える最後のパーツになります。

車のドライバーがステアリングホイール(ハンドル)を切ると、その力は、ステアリングコラム⇒⇒ステアリングシャフト⇒⇒ステアリングギアボックスへと続きます。そしてステアリングギアボックスの動きはタイロッドを介してナックルアームに伝わり、さらにステアリングナックルによってタイヤの向きが変わります。

ステアリングナックルはホイールハブに取り付けられているパーツなので、いわば、ステアリングシステムにおいてハンドルの動きを伝える最後のパーツということになります。

ステアリングナックルにはスピンドルとナックルアームが取り付けられていて、操舵の中心軸のまわりを回転する構造になっています。

最近はアルミ製のステアリングナックルを採用する車も出てきており、軽量で剛性も高いのですが、お値段も高いです。

下記のステアリング関連の記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。