CX-8の3列目は狭い?取り外し・チャイルドシートOK?収納・安全性・乗り降りは?

CX-8はでかすぎで後悔する?リセール悪い?乗ってる人はどんな人?




こちらの記事も読まれています

 

CX-8の3列目は狭い?取り外し・チャイルドシートOK?収納・安全性・乗り降りは?

CX-8はでかすぎで後悔する?リセール悪い?乗ってる人はどんな人?

CX-8(Wikipedia

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

 

CX-8は3列シートが採用されたクロスオーバーSUVで、洗練された美しいプロポーションの外装と高級感あふれる内装、広い車内空間が魅力的な車です。3列目シートも身長170センチの大人が無理なく座れるスペースを確保できています。CX-8は、ミニバンとは違うファミリーカーのもう一つの選択肢として注目されています。

 

スペック・主要諸元

CX-8のスペック・主要諸元は以下の通りです。

  • 乗車定員:6名~7名
  • エンジン:ガソリン/ディーゼル
  • 排気量:2.2L/2.5L
  • 駆動方式:2WD/4WD
  • トランスミッション:6速AT
  • 最高出力:140kW(190PS)~170kW(231PS)
  • 最大トルク:252Nm(25.7kgf・m)~450Nm(45.9kgf・m)
  • サイズ:全長4900mm、全幅1840mm、全高1730mm
  • 車両重量:1705kg~1935kg
  • ホイールベース:2930mm
  • 最低地上高:200mm
  • カタログ燃費:10.6km/L~16.6km/L(WLTCモード)
  • 価格:299万円~505万円

 

シートレイアウト

CX-8は、2-2-2または2-3-2のシートレイアウトにより、最大7名の乗車が可能。

 

3列目の特徴

CX-8の3列目シートには以下のような特徴があります。

  • 3列目シートは2人掛けのベンチシートです。
  • SUV系の車種では3列目シートは補助シート的な役割が一般的ですが、CX-8ではデザインや質感が高く、チープな感じはありません。
  • 3列目シートにも3点式シートベルトが付いているので、安全面でも安心です。
  • 3列目シートには2列目シートにある空調ダクト、センターアームレスト、シートバックポケットはありません。また、前後スライド、リクライニング機能もなく固定式です。
  •  ただし、3列目シートの背もたれとヘッドレストを前側にたたんで収納でき、収納すると広いラゲッジスペースが生まれます。その際、床面はほぼフラットになります。
  • 3列目シートの収納は左右分割が可能なので、片方に人が乗り、もう片方に長尺ものの荷物を載せるといった使い方ができます。※2列目も分割可能なので、さらに長い荷物も積載可能。

 

狭い?

3列目シートは大人2名のフル乗車でもそれほど窮屈感はなく快適に座れます。ただし、天井はアルファードのようなミニバンに比べるとやや窮屈感はあります。

 

とは言え、一般的なSUVに比べるとCX-8のルーフは比較的フラットなので、かなり背の高い人でない限り十分快適に過ごせます。

 

3列目シートに大人が座った場合、膝のスペースは拳1個分ほどですが、2列目シートが前後スライドできるので、ちょっと前にずらしてもらえば、十分なスペースが稼げます。

 

乗り降り

2列目シートへの乗りこみは、左右のドアを開いてさっと座ることができますが、3列目には、7人乗りの場合は2列目シートをスライド&リクライニングすることで、6人乗りの場合は2列目の左右のシートの間をウォークスルーすることで、乗り込むことができます。

 

荷室容量

CX-8の荷室容量は、3列目に人が乗っている場合は、わずか239Lです。マツダ2の280Lより少ない容量です。ですが、3列目を収納した場合は572Lに拡大します。

 

こうしたことから、CX-8を快適に使うには、通常は4人~5人で、年に1度か2度だけ6人または7人で使用する、というのがおすすめです。

 

もっとも、これはCX-8がSUVだからではなく、アルファードのような大型のミニバンでも事情は同じです。3列目に大人が乗ってシートを一番後ろにスライドさせると、アルファードでも荷室は163Lに過ぎません。

 

結局、CX-8もアルファードも、緊急に6人とか7人を乗せるのはいいけれど、乗員の誰もが快適にドライブできる人数は、4人~5人というところに落ち着くようです。(⇒⇒CX-8とアルファード:内装・シート・荷室比較

 

チャイルドシートは基本2列目シートに

CX-8の3列目シートには、スペース的に2つは厳しいけれど1つならチャイルドシートを設置可能です。ですが、2列目にあるようなISOFIX対応の金具はありません。

 

したがって、3列目にチャイルドシートを固定するには、シートベルトを使用することになります。

 

なお、2列目シートには、6人乗りモデルでも7人乗りモデルでも、左右の席に1組ずつのISOFIX対応金具がついています。つまり、チャイルドシートを2つ設置可能です。

 

取り外し可能?

CX-8の3列目シートを、背もたれを倒して収納するとかでなく、必要ないので車から取り外したい、というオーナーさんもいらっしゃるでしょう。

 

そんなことができるのか?はい、できます。「ゆとりの悟り」というブログを運営されている方がYoutube動画を上げていらっしゃいます。これ以上ないというくらい丁寧でわかりやすい動画です。

いかがでしたか?わかりやすいですね。 「ゆとりの悟り」の運営者様、感謝です。

 

安全性

CX-8の3列目の安全性に関して、マツダは次のように説明しています。

「マツダは3列目のさらなる安全性向上にも力を注いでいます。」

国内の法規である時速50kmでのフルラップ後面衝突時において燃料漏れがないことを確認し、そのうえで時速80kmでの70%オフセット衝突において、燃料漏れだけでなく、最後席の生存空間をしっかり確保し、被衝突側の後席ドアが人力で開くことをマツダ独自の評価基準として設定しています。

マツダ

 

つまり、マツダは、国内法規の時速50kmでなく、より高い安全性を求めて時速80キロでの追突安全実験を行っているということです。高速道路の渋滞末尾で追突されることを想定しているとも言えます。

 

ITmediaビジネスでは、「大家族で、高い頻度で3列目を使い、そこに大切な人を乗せるならば、CX-8のコストパフォーマンスは多分世界一だろう。」と評しています。(⇒⇒「マツダCX-8試乗 3列目は果たして安全だったのか?」)

 

まとめ

「CX-8の3列目は狭い?取り外し・チャイルドシートOK?収納・安全性・乗り降りは?」のテーマで解説しました。

 

3列シートのSUVとして見た場合、CX-8の3列目シートはほぼ満足できるシートだと言えます。ミニバンと比較した場合はどうか、という疑問には、別の記事で詳しく解説しています。(⇒⇒CX-8とアルファード:内装・シート・荷室比較

 

もっとも、SNSの口コミには次のような声もあります。

3列目を付けたために2列目の圧倒的な広々感が失われている。中途半端ではないか。

という声です。

 

しかし、こればかりは実車で確認していただく以外にないと思います。なぜなら、たとえば身長160㎝くらいの人と190㎝くらいの人では、広さについての感じ方はまったく異なるからです。

 

一般論で言えることには限界があります。

 

あなたにとって、2列目シートや3列目シートの快適さがクルマ選びの最重要項目である場合は、ぜひ試乗あるはレンタカーやカーシェアなど利用して、CX-8のサイズ感を体感していただきたいと思います。

 

最後に、CX-8の価格コムとみんカラの評価をご紹介します。

  • 価格コム:4.66(5点満点)
  • みんカラ:4.8(5点満点中)

※2023年3月3日時点

 

車の評価でなかなかこんな高得点はないです。

 

ご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事も読まれています




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。