ジープ・ラングラー大解剖:アンリミテッド後悔・やめとけ・年収・維持費・維持できない・何年乗れるを検証!

ジープ・ラングラー・アンリミテッド・後悔

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



ジープ・ラングラー大解剖:アンリミテッド後悔・やめとけ・年収・維持費・維持できない・何年乗れるを検証!

ジープ・ラングラー・アンリミテッド・後悔

ラングラー(2018年~):Wikipedia

こんにちは、今日はジープ・ラングラーという車に焦点を当てた記事をお届けします。この車はアウトドア愛好者やオフロードファンだけでなく、シティーユースオンリーのユーザーにも広く愛されています。ですが、その一方で賛否が分かれる面も少なくありません。

価格、スペック、維持費、さらには具体的なレビューまで、多角的にジープ・ラングラーを解剖していきます。購入前に気になるポイントもしっかりと分析します。また、ジープ・ラングラーと競合するライバル車や、似たような特性を持つジープの他の車種もご紹介します。

この記事を通じて、ジープ・ラングラーが自分のライフスタイルや要求に合っているかどうか、総合的な判断ができるようになれば幸いです。

どんなクルマ?

ジープ・ラングラー(WRANGLER)は、SUVブランドのジープのなかで、最も無骨でワイルドな外観をまとった本格クロスカントリーモデルです。軍用車両がルーツで、機動力と悪路走破性が高いのが特徴です。他のオフロード車と比べても高い走破性を誇る本物のオフローダーです。

ラングラーは日本市場でも人気が高く、日本市場はグローバルで見ても上位に入る売り上げを記録しています。

ラングラーは子供たちの人気もピカイチで、男の子も女の子もラングラーでドライブとなると大喜びです。キャンプなどでテントの隣にラングラーが停めてあると、周囲から子供たちが集まってくることもあるそうです。

スペック

ラングラー アンリミテッド Sahara 2.0 ターボの主要スペックです。

項目詳細
新車価格870万円
駆動方式4WD
型式3BA-JL20L
燃料レギュラー
燃料タンク容量81L
排気量1,995cc
トランスミッション8AT
乗車定員5名
ドア数5ドア
シート列数2列
燃費(WLTCモード)10.0km/L
最高出力200[272]/5250
最高トルク400[40.8]/3000
過給機ターボチャージャー
全長4,870mm
全幅1,895mm
全高1,845mm
ホイールベース3,010mm
車両重量1,960kg

価格

ジープ・ラングラーの価格帯です。

799~1030万円

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは「ジープ・ラングラー大解剖:アンリミテッド後悔・やめとけ・年収・維持費・維持できない・何年乗れるを検証!」です。

検証するには材料が必要です。

まず、ジープ・ラングラーに関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • カーナビの品質が低い
  • 積載性が犠牲になっている
  • 高価であると感じる人もいる
  • 冬のアイスバーンでスピンしやすい可能性あり
  • 荷室の使い勝手が悪い
  • 内装の質感が一部の競合車種と比較すると劣る

 

  • 純正ナビは更新されず、古いデータが多い。
  • ウィンドウは手動でしか閉まらない。
  • ウインカーレバーの質感が安っぽい。
  • ステアリングが持ちにくく、指が痛くなる。
  • 左足の置き場がなく、長時間の運転は疲れる。
  • 天井の素材がFRPでむき出し。
  • 長距離走行後にパフォーマンスが落ちる。
  • 燃費が悪い。
  • タイヤの買い替えが高額。
  • 雨の日にドアを開けると雨が入る。
  • シートが硬く、長時間運転で身体が痛くなる。
  • CarPlay使用時にスピーカーの不具合が発生する。

 

  • 屋根を外した後の水密性能に不安。
  • ラジオアンテナが取り外せず窓が吹きにくい。
  • サイドブレーキが遠くて手が届きにくい。
  • エンジンを切った後も音楽がしばらく流れる。
  • 信号で止まった後の再スタートがどんよりと重い。
  • 燃費が悪い。リッター5km台で高速でも10kmに届かない。
  • 月に3回平均で満タンにして1万越える燃料費。
  • 部品代が高い。
  • 塗装のクオリティがイマイチ。
  • スペアタイヤのカバーの質感がチープ。
  • 高級感はそれほど感じない。
  • パワーシートがない。

 

  • 低回転時のエンジン音が安っぽい
  • ステアリングの遊びが大きい
  • 高速走行時にふらつきがある
  • 段差などを拾った時のショックが大きい
  • 純正ナビの性能がイマイチ
  • たまにスピーカーから音が鳴らなくなる
  • ETCの音声が突然爆音になることがある
  • リアシートがリクライニングしない
  • ディーラーの質が一定でなく、営業レベルが低いと感じる場合もある

 

  • 燃費が悪い
  • 新車の価格が非常に高い
  • 選べるグレードが少ない
  • サイズが大きくて駐車が難しい場面も
  • 自動車税が高い
  • 走行安定性が日本車に劣る
  • ステアリングのセンターへの戻りが悪い
  • 荷物が積めない
  • 価格が頻繁に上がる
  • 低速でも高速道路でも乗り心地が良いわけではない

 

  • 乗り心地が硬い。
  • 静寂性が低い、外部の騒音がよく入る。
  • 内装がチープに感じる。
  • 長距離移動や大人数での使用には向かない。
  • 洗車機に入れられないサイズ。

上記の否定的・ネガティブなレビューの分析結果

ジープ・ラングラーに関するレビューを分析すると、以下のような重要な着目点が浮上します。

  1. インテリア品質: 内装の質感やウィンドウ操作、ウインカーレバー、ステアリングなど、インテリアの質や操作性に不満がある意見が多い。
  2. 性能と安全性: 高速走行時のふらつき、走行安定性に劣るといった安全面や、性能に対する懸念が多く寄せられています。
  3. 燃費とランニングコスト: 燃費が悪いという意見は頻繁に見られ、タイヤの買い替えや部品代、自動車税なども高く、ランニングコストについての不満が多い。
  4. 機能と装備: 純正ナビの更新問題、CarPlayの不具合、ETCの音声問題など、機能面での不満も多く見られます。
  5. 居住性と積載性: シートの硬さ、後席のリクライニング不可、積載性の低さなど、長距離や多人数での利用には向いていないという声もあります。
  6. 価格: 高い車両価格や頻繁な価格変動について、高価であると感じる人が多い。
  7. ディーラーの質: レビューによれば、ディーラーの質が一定でなく、営業レベルに不満を感じる場面もあるといいます。

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はジープ・ラングラーに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、ジープ・ラングラーに関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • デザインバランスが美しい、特に2ドアモデル
  • 劇的に進化したインテリア、高品質の音響システム
  • パワフルなV6エンジン、素晴らしい加速
  • 直進安定性があり、取り回しやすい
  • 圧雪路面での性能が優れている
  • 燃費は想像より良い
  • リセール価格が良い

 

  • エクステリアデザインが魅力的。
  • V6 3.6L エンジンは力強い。
  • 4WDでの走行性能が高い。
  • キャンバストップが開放的で最高。
  • 希少性が高く、他の車とは一線を画する。
  • ジープウェイブ(オーナー同士の挨拶)が楽しい。
  • 価格がベンツGクラスやレクサスLXに比べて妥当。
  • ボンネットが外側から簡単に開閉できる。
  • 価格に対する満足度が高い。
  • 乗ると自然と笑顔になる。

 

  • 外観がどこから見てもカッコいい。
  • 内装は綺麗で使いやすい。
  • iPhoneとCarPlayがスムーズに接続。
  • 4WDらしい遊び心がある。
  • サハラ2.0ターボのエンジン性能は一般的な運転で十分。
  • 高速での静粛性が良い。
  • 走行性能も一般的な運転で問題なし。
  • 高級車と比較しても乗り心地は良好。
  • 視認性が高く疲れにくい。
  • 残価設定での購入が可能。
  • 価格や燃費を考慮しても満足度が高い。
  • 3年後のリセールが高い。
  • ホイールのデザインが優秀。
  • ステアリングヒーターとシートヒーターが効率よく温まる。

 

  • 2.0Lターボ8ATは性能が良い
  • 加速感が気持ちいい
  • 都内の狭い道でも小回りが利く
  • 駐車時にセンサーが役立つ
  • サハラには多角度のカメラがついていて安心
  • 4H AUTOで路面が凍結しても安定
  • ACC等の運転支援システムが便利
  • カスタムパーツが豊富
  • 子供受けがいい
  • ウインカーレバー等が日本車と逆で、外車に慣れている人には便利

 

  • カスタマイズが自由で楽しい
  • 見た目がカッコいい
  • 高速道路でも低速でも乗っていて楽しい
  • 走破力がある
  • 車のルーツに惹かれる
  • 運転している時の非日常感が楽しい
  • シブく乗りたい人には最適
  • 荷物もしっかり積める
  • トラブルが少ない
  • サンライザーを開けて走ると気分が良くなる

 

  • 子育て世代でも全然乗れる。
  • 女の子受けがいい。
  • オーナーとしての自己満足が高い。
  • 街を流しながら運転しているだけでも楽しい。
  • 趣味性が高い。
  • ユニークなデザインと走破性。
  • V6エンジンの音が良い。
  • 小回りが効く。
  • カスタマイズが意外に容易。
  • 運転が楽しい。
  • 快適性と現代的な機能も備えている。

上記の肯定的・ポジティブなレビューの分析結果

デザインと外観

ジープ・ラングラーはそのエクステリアデザインが多くのレビュアーによって評価されています。2ドアモデルは特にバランスが美しいとされ、全体的にカッコいい外観とされています。カスタマイズが容易で、見た目がユニークであるため、希少性が高く他の車と一線を画すといった意見がある。

性能と機能

V6 3.6L エンジンや2.0L ターボエンジンは力強く、加速感が良いと評されています。4WDでの走行性能が高く、圧雪路面での性能が優れているとされる。運転支援システムや多角度のカメラも便利とされている。

インテリアと快適性

インテリアは劇的に進化しており、使いやすいとされる。高品質の音響システムやCarPlayとのスムーズな接続、高速での静粛性も好評です。シートヒーターやステアリングヒーターも効率よく温まるといった意見がある。

乗り心地と操作性

快適な乗り心地が評価されており、高級車と比較しても良いとされています。直進安定性と小回りの効く取り回しやすさも高く評価されています。走破力があるとともに、都内の狭い道でも問題ないと評されています。

経済性

燃費は想像より良く、価格に対する満足度が高いとされています。また、リセール価格も良いと評され、残価設定での購入が可能であるという。

その他

子供や(大人の)女の子にも受けがいいとされ、乗っているだけで楽しいと評されています。ジープウェイブ(オーナー同士の挨拶)や、運転しているときの非日常感も楽しいとされています。

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はジープ・ラングラーに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

総合的・全般的なレビューをご紹介

レビューの最後に、ジープ・ラングラーに関する総合的・全般的なレビューをご案内します。「細かな点ではいろいろ言いたいことがあるけれど、結局のところジープ・ラングラーのことをどう思っているのか」、そうしたレビュアーの<思い>が込められたレビューとなります。ぜひ、参考になさってください。


  • ユニークな魅力があり、悪路での性能も優れている
  • 価格は高いが、リセール価格が良いので長期的には妥当
  • インテリア、エクステリア、エンジン性能ともに進化している
  • 欠点もあるが、それを補う十分な魅力と性能がある
  • ジープ愛好者にとっては、短所も魅力の一部と言えるでしょう

 

  • ジープ・ラングラーは特定の人々に向けられた車で、一般的な用途には不向き。
  • 欠点は多いが、その特有の魅力でそれを補っている。
  • 価格に対する満足度は高く、所有していると楽しさを感じる。
  • オフロードや特定の環境でのパフォーマンスは高い。
  • 毎日の使い勝手としては厳しく、特定の用途に特化している。
  • 結局、この車は「好きな人は大好き」な車であり、それが最大の魅力とも言える。

 

  • 価格や燃料費は高くつくが、その他の要素で十分に補っている。
  • スタイリングや走行性能、静粛性など多くの点で満足している。
  • 独特のスタイルと機能性があり、日常生活に楽しさをもたらしている。
  • いくつかのマイナス面はあるが、総じて買ってよかったと思える。
  • 車に詳しくない人でも安心して乗れる。

 

  • カスタム性が高く、パーツが豊富
  • 子供受けが良く、家族での使用にも適している
  • 欧州車と比較してもコスパが良いと感じる
  • 小さな不満点はあるが、長く乗りたいと思わせる魅力がある
  • 初めての外車としてもおすすめできる

 

  • 趣味車としては究極で、ハマる人はとことんハマる
  • カスタマイズの自由度が高く、所有者それぞれの個性を反映できる
  • 一度乗ってしまうと他の車には乗れなくなるほど
  • 走行性能は一般的な日本車より劣るが、その欠点を何かで許せる特別な魅力がある
  • 経済性は期待できないが、それを気にしない層には最高の車

 

  • オフロード性能や趣味性が高く、その点で非常に満足する。
  • 車としての基本性能よりも、所有する喜びや運転する楽しさを重視する人には最適。

「アンリミテッド後悔」「やめとけ」「年収」「維持費」「維持できない」「何年乗れる」を重点的に分析

この記事のテーマは「ジープ・ラングラー大解剖:アンリミテッド後悔・やめとけ・年収・維持費・維持できない・何年乗れるを検証!」というものです。

テーマの重点項目である「アンリミテッド後悔」「やめとけ」「年収」「維持費」「維持できない」「何年乗れる」について、ここまで見てきたレビューを基に、検証したいと思います。

項目内容
アンリミテッド後悔ジープブランドの稼ぎ頭が「ラングラーアンリミテッド」です。リミテッドとアンリミテッドの違いは、2ドア:4ドアの違いがメインです。4ドア化に伴い全長やホイールベースが伸びています。2022年6月に「アンリミテッド サハラ」は23万円の値上げを行い、その2カ月後に103万円値上げされ、短期間に126万円価格が上がりました。ジープファンもさすがに怒って売り上げが激減したようです。それはともかく、アンリミテッドを購入した人で買ったことを後悔した人は一部いるでしょう。それは「ネガティブなレビュー」でご紹介した通り、日本車には考えられないような様々な使い勝手の悪さがあるからです。にもかかわらず、数多くの不具合を受け入れる包容力を持つオーナーさんもまた大勢いらっしゃいます。つまり、「一部が後悔、その他多くが大満足」、これがアンリミテッド購入者の実態です。
やめとけ
  • 冬のアイスバーンでスピンしやすい?積載性が低い、内装が一部の競合車種に劣る、新車の価格が高い、維持費も安くはない。

ラングラーを「やめとけ」という理由にはいろんな要素があります。一般的なクルマ選びからすれば、マイナス要素の方が多い車でしょう。したがって、日本車やドイツ車とはまた違ったこの車の特性を受け入れられるかどうか、これが決め手になると思います。オーナーも認める様々な欠点や弱点を多く持つラングラーですが、それらを上回る魅力、日本車やドイツ車では得られない体験と所有感、これらを高く評価する人たちには、「やめとけ」という忠告は通用しないかもしれません。

年収
  • 高額な燃料費と部品代、頻繁に価格が上がる
  • タイヤの買い替えが高額、自動車税が高い
  • カスタムが楽しいが、パーツ代などで予想以上に費用がかかる可能性あり

一般的に、車は年収の半分以内で、と言われています。ですが、残価設定ローンの普及などで年収と同額ほどの車を購入する人もいます。また、リセールバリューの高い車の場合は、それを見越した資金計画を立てることで、かなり高額な車を購入する人もそれなりにいます。さらに、新車保証が続いている間は、故障があっても大きな出費とはなりません。

幸い、ジープ、中でも一番人気のラングラーのリセールバリューは高いと言われています。そうであるなら、思い切って一度この車にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

とは言え、ラングラーは自動車税や重量税や車検費用や自賠責保険料や任意保険料もそれなりに高くなります。つまり、購入後の維持費も一定の額がかかることを念頭に置く必要があります。

いろいろシミュレーションを重ね、「維持できない」というほどでなければ、未知の体験を求めにジープ販売店を訪問するのもいいのでは。

維持費
維持できない
何年乗れるどんなクルマもお金を湯水のように注ぎ込めるのであれば、30年でも50年でも乗り続けられます。数多くのクラシックカーがそれを証明しています。問題は、法外な出費を伴わずに乗り続けられるか、という点でしょう。ジープラングラーは、日本車を長く乗り続けるのに比べてより多くの維持費用がかかると思います。それ相応の経済力が必ず必要だと思います。

レビューサイトの平均評価点のご案内

ジープ・ラングラーが有名なレビューサイトでどう評価されているか、以下ご紹介します。

レビューサイトを参考にする際、「平均評価点」というのはとても重要な指標です。項目別のレビューなどいくら並べ立てても、実はクルマ選びにはあまり参考になりません。

いろいろ言うべきことはあるだろうが、結局のところ好きなのか嫌いなのか」、そこが最も知りたいところであり、「平均評価点」はこれを知る近道です。

※2023年10月29日時点

上記平均評価点の分析結果

  1. 高い評価: 両方のレビューサイトで高い評価を得ていることがわかります。4点を超える評価は、一般的には非常に良い評価と言えます。
  2. 利用者層の違い:
    • みんカラは、車のカスタマイズやメンテナンスに関心がある層が多く、その視点からも高評価であることは注目すべきです。
    • 価格コムは比較的一般的な消費者が利用するサイトです。こちらでも高評価を得ていることは、広範な層に受け入れられている証拠と言えます。

ライバル車とその特徴

ジープ・ラングラーのライバル車とその特徴をまとめました。

車名特徴
トヨタ・ランドクルーザー
  • 510~800万円。
  • トヨタが世界に誇る高級SUV車です。悪路走破性能に優れ、機械的信頼性も備えています。内容を考えるとあまりにも安すぎる価格設定と言われています。

⇒⇒レビュー記事(300系)

⇒⇒レビュー記事(250系)

メルセデス・ベンツ Gクラス
  • 1294万円。
  • オフロード走破性能に優れた4WDクロスカントリー車です。ドイツ語で「オフロード車」を意味する「ゲレンデヴァーゲン」の頭文字を取って「Gクラス」と名付けられました。

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

ランドローバー・ディフェンダー
  • 836~1685万円。
  • オフロード寄りのSUVです。タイヤが大きく車高も高いため、悪路も問題なく快適に走行可能です。 さらに車内空間も充実しており、特に横幅はとても広く、ゆったりと過ごせる空間となっています。

⇒⇒レビュー記事

スズキ・ジムニー
  • 155~190万円。
  • ラングラーを検討していたが、よく考えたら資金がないという人は、こちらの車がおすすめです。きっと満足します。

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

どんな人におすすめ?

ジープ・ラングラーがおすすめの人物像をまとめました。

おすすめの人物理由メリットデメリット
アウトドア派オフロード性能が高く、アウトドアでの活動に最適。頑丈な構造、四輪駆動のオプション。燃費がやや劣る。
アドベンチャー好き豊富なカスタマイズが可能で、個性的な車にできる。カスタムパーツが多数存在。初期コストが高い。
普通のクルマには食指が動かない人ベンツGクラスと並んで、普通のクルマとは見た目が全く異なる。所有欲を強く満足させられる。大めに見なければならないことが多い。
子供を喜ばせたい人男女問わず子供たちの好奇心をストレートに掻き立てる要素がある。子供が笑顔を見せてくれる。しっかり働いてお金を稼がなければならない。

ジープ・ラングラーに興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないジープの他の車種があるとしたら、それは何?

思わず目移りしてしまうかもしれないジープの他の車種をまとめました。

車名特徴
コンパス
  • 469~539万円。
  • 2006年5月に誕生し、2017年10月に2代目モデルにフルモデルチェンジされました。ボディサイズは、全長4420mm、全幅1810mm、全高1640mmです。最小回転半径は5.7mで、見切りが良いため都市部での取り回しもよいと評価されています。

⇒⇒レビュー記事

コマンダー
  • 597万円~。
  • ジープが製造するミドルクラスの3列7人乗りSUVです。2021年に生産が開始され、2022年10月24日に日本で発売されました。ジープ史上初の3列シート車です。
グランドチェロキー
  • 830~1185万円。
  • 2022年2月にフルモデルチェンジされ、2列シート5人乗りの標準ボディ仕様が登場しました。また、3列シートを備えた「グランドチェロキー L」も新たに設定されました。
グラディエーター
  • 960万円。
  • ジープ史上最大のピックアップトラックです。大きな荷台を中心とした圧倒的な使い勝手が、自由と冒険の世界を夢見る大人たちを力強く駆り立てます。圧倒的な車です。

まとめ

「ジープ・ラングラー大解剖:アンリミテッド後悔・やめとけ・年収・維持費・維持できない・何年乗れるを検証!」のテーマで解説してきました。

ジープ・ラングラーは多くの面で個性的な車です。デザインや性能は一定のファンを持っていますが、維持費や操作性については評価が分かれることが多いです。

肯定的なレビューと否定的なレビュー、それぞれには一定の傾向がありました。維持費や年収、そして何年乗れるかといった観点からも、この車が自分に適しているかどうかをしっかりと検討する必要があります。

ライバル車との比較、ジープの他の車種も選択肢として視野に入れることで、更に充実した車選びが可能です。

ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

ジープコンパス大解剖:壊れやすい・後悔・ダサい・不人気・不満を検証!

2023.10.30

ジープ・レネゲード大解剖:買ってはいけない・後悔・年収・何年乗れる・故障多い・故障率・維持費を検証!

2023.10.30

【3分記事】ハイラックスで後悔&失敗|不便だからいらないという声は本当?

2021.09.09

【予測】ハイラックスサーフの新型は2021年か2022年に日本発売か?

2021.10.07

【プチ調査】FJクルーザーは最悪?壊れやすい?生産終了の理由は?金持ちの車なの?

2022.12.20

【徹底調査】ランクル プラドを購入して後悔する?でかすぎで飽きる?

2021.10.04

【徹底調査】ランクル300はダサい?ディスるコメントを集めてみました。

2021.08.26