【3分解説】フォグランプを撤去した車は車検に合格しますか?

フォグランプ・撤去・車検




フォグランプを撤去した車は車検に合格しますか?

そもそもフォグランプは車に必須の装備ではなく、新車でもフォグランプがついているものとついていないものがあります。

フォグランプがついている車を車検に出すと、保安基準で規定されているフォグランプの様々な要件を満たさないと車検は通りません。

しかし、フォグランプがついていない車を車検に出した場合は、そもそもついていないので保安基準を満たすも満たさないもなく、問題なく車検は通ります。

では、今までフォグランプがついていた車を車検に出す際に、事情があってフォグランプを撤去した場合、はじめからフォグランプがついていない車と同様に扱われるのでしょうか?つまり、フォグランプに関しては一切ノーチェックで車検が行われるのでしょうか?

たとえば、バンパー部分にフォグランプが埋め込まれているようなケースで、バンパーを交換するのに伴いフォグランプを撤去するというケースがあるでしょう。この場合、物理的に撤去してしまったのだから何の問題もなく車検に通るのでしょうか?

たぶん、車検に通ると思います。合格すると思います。

ただし、検査官によってはダメ出しが出るケースもあるようです。

どんな理由でダメ出しが出るかと言うと、フォグランプそのものを撤去したとしても、配線や運転席のスイッチが生きていたら、これは最初からフォグランプがついていない車と同等には扱えないという判断からです。

とりわけ、純正のフォグランプを撤去した場合は、運転席のフォグランプスイッチは他のスイッチ類とのコンビネーションタイプになっていることが多く、フォグの部分だけ取り外すことができません。

後付けのフォグランプであれば、スイッチも独立しているので撤去は可能でしょう。

いずれにしても、多くのケースではフォグランプのランプ本体部分を撤去すれば車検の保安基準はパスするでしょう。でも、ごく少数の事例として配線やスイッチの撤去まで求められる場合があることはお伝えしておきたいと思います。

また、これを言っては期待されている私の役目を放棄しているようで心苦しいのですが、車検に出す予定のディーラーとか修理工場に事前に問い合わせるのが最も確実だと思います。

フォグランプの撤去には様々なケースがあるので、具体的な撤去状況を事前に話し、確実な車検のやり方を確認しておいたほうがいいと思います。

(※)ヘッドライトなどと一体になったコンビネーションタイプの場合で、フォグランプの交換球のみを取り外して「このフォグランプは機能していません。ただの飾りです。」と主張しても、配線や運転席のスイッチがそのままであれば、単なる「球切れ」と判断されて車検は不合格になると思います。そうではなくて、フォグランプが独立していて、その独立したフォグランプを物理的に撤去した場合であれば、配線やスイッチが残っていても車検に通る可能性は高いのではないか、これがこのページの主な内容です。

なお、同じく独立したフォグランプの場合で、これを物理的に撤去していなくてもフォグランプの交換球を抜いてあったり、フォグランプにカバーを掛けていたり、ガムテープでぐるぐる巻きに隠していれば、配線やスイッチは手つかずでも車検に通るという報告も一部あります。まさにグレーゾーンです。

フォグランプ関連の記事
⇒⇒フォグランプ表示灯は車検の検査項目に入っている?
⇒⇒フォグランプ表示灯|フロントとリヤ|消し方は?
⇒⇒フォグランプで燃費は悪化する?それとも無関係?
⇒⇒フォグランプの整備不良で警察に捕まるケースとは?
⇒⇒フォグランプを常時点灯するのはOK?法的に問題ある?
⇒⇒フォグランプの車検基準|故障で外すと車検は不合格になる?
⇒⇒フォグランプだけ点灯して走行するのは違反ですか?
⇒⇒フォグランプの明るさ|車検基準|超明るいやつでもOK?
⇒⇒フォグランプ|道路交通法(道交法)違反で捕まるケースとは?
⇒⇒フォグランプをつけるつけないで迷っている。不要か?
⇒⇒フォグランプはいらない?意味ない?ない車があるけれど必要ですか?
⇒⇒フォグランプの必要性|どんな天候で役に立つの?
⇒⇒フォグランプがついてない車があるのはなぜ?
⇒⇒フォグランプをつけっぱなしの車は違反でしょ?迷惑です。
⇒⇒フォグランプの使い方|正しい点灯方法を知りたい
⇒⇒フォグランプを車検の時だけガムテープで覆うのはアリ?
⇒⇒LEDフォグランプ後付けで車検は?イエローLEDバルブは?

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。