【2分記事】ブローバイガスは大気開放していいのですか?違法?車検は?

ブローバイガス・大気開放




大気開放は違法で車検NGです。

ブローバイガスとは、エンジンの燃焼で発生した排気ガスが、正規のルートを通ってマフラーから排出されずに、クランクケース内に漏れ出してしまったガスのことです。

燃焼室内で混合気が燃焼した場合、100%完全燃焼されることはなく、一定の割合で不完全燃焼となります。この不完全燃焼となったガスは、通常の流れでは、エキマニへ流れ、そこで触媒によって燃焼しきれなかった燃料の残りかす等を浄化して、きれいになったガスがマフラーから外気に開放されます。

ところが、ピストンリングが劣化したりしている場合は、燃焼したガスは、エキマニに流れるだけでなく、ピストンリングとシリンダー壁の隙間からクランクケース内に漏れてしまいます。もちろん、燃焼した後のすべての排ガスが漏れるわけではなく、ほんの一部ではありますが、漏れ出すことがあるのです。

この漏れ出したガスのことを「ブローバイガス」と呼びます。

ブローバイガスは、ただでさえ不完全燃焼で環境によくない成分を含んでいるいるのですが、そこにクランクケース内のエンジンオイルが混ざります。それはもう、オイルまみれの汚いガスになってしまいます。

にもかかわらず、以前はこの汚れたブローバイガスを大気に開放していました。とんでもないことです。

環境問題が叫ばれる中、現在は規制が入って大気開放は法律違反です。車検にも通りません。

現在の車は、ブローバイガスの還流装置の取り付けが義務付けられています。ブローバイホースによってインテークマニホールドやエアクリーナーといった吸気部分にブローバイガスを戻して、再度吸気工程に加わる形になっています。

したがって、現在の車では、エンジンの燃焼は、常に新しい混合気だけを燃やすのではなく、「新しい混合気+ブローバイガス」を燃焼させる方式になっています。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。