【3分記事】クーラントは固めて捨てる(固形化)?中和して燃やす?

クーラント・引き取り・燃やす・固めて捨てる




クーラントは固めて捨てる(固形化)?中和して燃やす?

エンジンの冷却装置であるラジエーターには一般的にLLC(ロングライフクーラント)と呼ばれる冷却水、つまり、クーラントが使用されています。

このクーラントには下記の成分が含まれています。色違いやメーカー違いであっても成分はほぼ同一です。

  • エチレングリコール:凍結防止剤として
  • 防錆剤:ラジエーターや配管内部の錆を防止する
  • 消泡剤:冷却効率を高める

上記の内、エチレングリコールは消防法により下記のように規定されています。

危険物 第4類第3石油類 海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律 D類物質

この規定により、排水口や河川に投棄することは禁止されています。

また、防錆剤にも有害物質が含まれているので、やはりそのまま排水溝に捨てるのはNGです。

ガソリンスタンドやディーラーや整備工場に廃棄を依頼する

市販の処理剤でクーラントを固形化するのはどうでしょう?つまり、固めて捨てる方法です。廃オイルなどに使う方法ですね。

これに関してはグレーゾーンのようです。ネットで調べてもOKだという意見とNGという意見が入り乱れています。

また薬品で毒性を中和させて燃やせばいいという情報もありますが、いや、クーラントの毒性を中和させるような薬品は出回っていない、というサイトもあります。

結局、現実的な廃棄方法は、ガソリンスタンドやディーラーや整備工場に廃棄を依頼することです。いつも利用しているところなら無料で引き取ってくれるでしょう。あるいは、普段利用していないガソリンスタンドなどに廃棄を依頼した場合は有料(50円~1,000円)で引き取ってくれるケースもあるようです。

本来なら、自治体にクーラントの廃棄方法を問い合わせるのがいいと思いますが、ホームページを見ても明確にクーラントの処理方法を明記している自治体はほとんどありません。問い合わせても、たぶん、購入したところに廃棄を依頼してください、といった回答になる可能性が大だと思います。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。