【3分記事】車のラジエーターの交換費用と交換時間は?

車・ラジエーター・交換費用・交換時間




交換費用

水冷式エンジン車に必須のエンジン冷却装置のことをラジエーターと呼びます。

ラジエーターの内部がサビたり、岩などに当てて亀裂が入ったりして、部分的な補修では対応できない場合は、ラジエーターそのものを交換する必要があります。

ラジエーターの交換費用は、

30,000円~100,000円が相場

です。

軽自動車は安め、高級車は高めです。

ただし、ラジエーターを交換する場合、それだけで済むことはむしろレアケースです。たとえば、クーラントは必ず新しいものを入れる必要がありますし、ラジエーターホース等も同時に交換することもごく普通にあります。

そういった周辺の交換費用は下記のようになります。

  • 冷却水の補充:1,000円~2,000円が相場
  • ウォーターポンプの交換:40,000円~60,000円が相場
  • サーモスタットの交換:10,000円前後が相場
  • ラジエーターホースの交換:10,000円~30,000円が相場
  • ラジエーターキャップの交換:1,000円~2,000円が相場
  • 冷却用電動ファンの交換:20,000円~80,000円が相場

交換時間

交換時間はけっこうかかります。ラジエーターの交換が30分程度であったとしても、その他の作業を入れるとトータールで最低でも1時間半はかかると思います。

たとえば、ラジエーター本体のみを交換して、それですべて完了という場合であっても、新しいラジエーターには新しいクーラントを入れる必要があります。

新しいクーラントを入れる場合、ただ入れればそれでお終いというわけにはいきません。かならず「エア抜き」という作業が必要です。

エア抜きとは、いったんクーラントを入れてから、エンジンをかけてクーラントの循環経路内に取り残されている空気を追い出してしまう作業です。⇒⇒クーラントのエア抜き

さらに、ラジエーターホースやサーモスタット等の周辺パーツも同時交換した場合はさらに時間がかかります。

半日仕事あるいは一日仕事と思ったほうがいいと思います。

たぶんラジエーター周辺はそのままでラジエーターのみの交換で済んだんですね。

ラジエーター交換に半日かかったということでしょうか。でも、ご自分でやられたのですね。すごい!

 

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒ラジエーターassyとは|部品交換でなく本体をユニットごと交換する場合

⇒⇒クーラントの濃度と冷却性能の関係|凍結防止とは反比例

⇒⇒クーラント(冷却水)に水混ぜる|水道水or精製水どっち?

⇒⇒ロングライフクーラント(LLC)とはラジエーター液|交換時期と費用|色・成分・廃棄方法・車検

⇒⇒クーラントリザーブタンクの量が空なら冷却水を補充|交換時期・交換費用

⇒⇒不凍液に使われるグリセリンは毒性がないというのは本当ですか?

⇒⇒車|水温警告灯|いったん点いても消えたら安心ですか?

⇒⇒車|水温警告灯|点灯または点滅|原因は何?

⇒⇒車|水温警告灯|赤のマークはオーバーヒートの意味?

⇒⇒車|水温警告灯が青または緑に点灯・点滅する意味は?

⇒⇒車 水温警告灯|CやHのマーク(ランプ)が消えない場合

⇒⇒オーバークールとは|原因・症状・対策|エンストし暖房ダメ|水温上がらず黒煙・白煙?

⇒⇒オーバーヒートとは|原因と対処法|修理費用は?|サーモスタット・冷却水・ラジエーター

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。