【5分記事】オルタネーターブラシ|寿命・交換時期・交換費用|リビルド品でいい?

オルタネーター・寿命・オルタネーターとは・交換・交換時期・交換費用・リビルド品




画像:Wikipedia

車の発電機であるオルタネーターですが、この部品の一つがオルタネーターブラシです。

10年10万キロあたりが寿命と言われています。

オルタネーターブラシとは

車にはエンジンの動力を利用して電気を作り、その電気をバッテリーに蓄積する役割を果たすパーツがあります。

それがオルタネーターです。

以前の車にはダイナモが使われていましたが、オルタネーターもダイナモも同じ発電機です。

しかし、オルタネーターは交流電気を発電し、ダイナモは直流電気を発電します。

車で使用される電装品はすべて直流電気を使用するので、そういう意味ではダイナモでいいと思われるのですが、しかし、交流電気のほうが発電効率がいいので、それでオルタネーターが主流となっています。※オルタネーターには交流を直流に変換する装置がついています

さて、このオルタネーターはかなり丈夫な機械なのですが、それでも年数がたつと当然劣化が始まります。

オルタネーターの劣化は、ほとんどのケースで次の3つに現れます。

  1. ブラシ
  2. ベアリング
  3. ダイオード

このページのテーマであるオルタネーターブラシが劣化してくると、電気の発電量が落ち、バッテリーの電圧が低下してしまいます。

そこで交換が必要になります。

劣化した際の症状

オルタネーターブラシの劣化とは、つまり摩耗のことです。

摩擦ですり減って、本来発電できるはずの電気の量が少なくなってしまいます。

その結果、エンジンがかかりにくくなったり、ライトが暗くなったり、電装品が不調になったり、いずれにしても症状としてはバッテリーが古くなった時と同じトラブルが発生するようになります。

電気が十分に発電できないのですから、これは当然の結果です。

寿命・交換時期

オルタネーターブラシの寿命は10年10万キロと言われています。

大事に乗れば廃車まで無交換のケースもありますが、それでも10万キロを過ぎたらいつ不調になっても不思議ではないので、予防的に交換したほうが安心かもしれません。

交換費用

オルタネーターブラシの単体価格は、何と1,000円前後です。

とても安いパーツです。

しかし、この交換をDIYするとなると、そうとう腕のいい人でないとできません。

私のような不器用な人間は、最初からDIYなど論外なので、プロに任せます。

その際、オルタネーターブラシの交換だけをプロに頼むのはとてももったいない話です。

どうせなら、リビルド品のオルタネーター本体を取り寄せて、本体を丸ごと交換してもらえば、工賃はむしろ安くなるでしょう。

リビルド品は10,000円~25,000円くらいで見つかると思います。これに工賃が5,000円~10,000円の上乗せです。

※新品のオルタネーターは50,000円~100,000円ほどする高価な部品です。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。(※)一部Webライターに依頼した記事がありますが、その場合は文頭と文末に署名があります。