シリンダーヘッドのオーバーホール|工賃・費用は?

シリンダーヘッド・オーバーホール・費用・工賃・作業料

オーバーホールは10時間~17時間の高難易度の作業

車のエンジンは、シリンダーヘッド、シリンダーブロック、クランクケースの3つに大別されますが、オーバーホールとなると、どこも大変な作業時間を要する難事業です。

軽自動車でも大排気量車でも、10時間~17時間はかかるのが普通です。

最低限やることとして、まずはインテークマニホールドを取り外し、各ホース類を外し、冷却水も抜きます。タイミングベルトも必ず取り外します。そして、シリンダーヘッドボルトを外し、エンジンからシリンダーヘッドを完全に取り外します。

仮に交換すべきものがガスケットだけだったとしても(そんなことはめったにありませんが)、上記のように周辺のパーツから取り外し、オーバーホール作業を行い、最後にまた逆の順序で組み立てていきますから、これはもう大変な作業になります。

シリンダーヘッドのオーバーホールにかかる費用・工賃は、

ディーラーで行った場合は、80,000円~150,000円が相場です。

その他整備工場等が、60,000円~120,000円が相場です。

ついでに他のパーツも交換すべきケースが多い

エンジンに関する作業は、上記のようにとても手がかかるものなので、一般的には、たとえば目的がシリンダーヘッドだけであったとしても、作業を進めるうえで他のパーツに傷みやへたりが見られたら、あるいは、まだそれほど傷んでいなかったとしても、後日また分解する効率の悪さを考慮して、ついでに交換するケースがよくあります。

メカの人に「〇〇も交換しておいたほうがいいですよ」と言われたら、利益を稼ぐためにそんなことを言っているのだなどと思わずに、素直に従った方がいいと思います。

後日、また同じだけの工賃を払わなければなりませんから。

なお、シリンダーヘッドのオーバーホールの際に、ついでに交換することが多いパーツは、

  • タイミングベルト
  • ベルトテンショナー
  • ウォーターポンプ

などがあります。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。