タペット(バルブリフター)とは|役割|カムの動きをバルブの動きに伝達

タペット・バルブリフター・とは

タペット(バルブリフター)とは:役割

エンジンの吸排気バルブは往復運動することで弁の開閉を行います。その際、その往復運動の動力源となっているのは、一般的には、カムシャフトによる押す力です。

カムシャフトが回転し、シャフトに付属しているゆで卵を半切りにしたような形のカムが吸排気バルブを押し付けることで、バルブが上下し、弁の開閉を行います。

吸排気バルブの大雑把な説明なら、上記の説明で事足りると思いますが、もう少し詳細に見ていくと、ちょっと補足が必要になります。

それがタペット(別名バルブリフター)です。

つまり、カムの力を直接的にバルブに伝える場合、ちょっと不都合が生じます。なぜなら、カムは回転することでバルブを押さえつけるので、バルブの上下する方向への力だけでなく、バルブを左右に揺さぶる方向の力も生じています。

しかし、それでは困るので、カムの回転する力をバルブの上下方向だけの力に変換する工夫が必要になり、その役割を果たしているのがタペット(バルブリフター)です。

タペット(バルブリフター)はバルブステムにかぶさるような格好でついています。そして上面は平らで結構な面積があります。カムがこの平面を回転して通り過ぎる動きを、バルブステムを下に押し下げる動きに変換しています。

なお、ここまでの説明では、カムがタペット(バルブリフター)と接する方式で話を進めてきましたが、方式によっては、カムではなくてロッカーアームがタペット(バルブリフター)を直接押さえつけるものもあります。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。