引っ張りタイヤにすると車高は下がりますか?

引っ張りタイヤ・車高

引っ張りタイヤにすると車高は下がりますか?

今まで履いていたホイールはそのままに、タイヤだけ幅の狭いものにして「引っ張りタイヤ」とした場合、車高はあまり変わらないと思います。やや低くなるかもしれませんが、ほぼ同じでしょう。

視覚的効果で低く見えることもあれば逆に高く見えることもあるかもしれませんが、実測すればほとんど変わらないと思います。

引っ張りタイヤはタイヤのビード部分(ホイールのリムと密着する部分)をグニュッと押し広げるので当然平べったくなって車高は下がるように感じますが、しかし、20センチ幅のホイールに10センチのタイヤを無理やり履かせるのであれば(そんなことができればの話ですが)、その時は車高は明白に下がるでしょうが、実際はちょっと幅の狭いタイヤを履くだけなので、目に見えるような車高の差は出ません。

ローダウンの時

引っ張りタイヤと車高との関係でぜひ触れておくべきことがあって、それはダウンサスを取り付けて車高を落とす場合です。

こうしたケースでは、ホイールもインチアップして扁平率の低いペタンコのタイヤを履くケースが多いと思います。

その際、車検の保安基準があるのでホイールとフェンダーをツライチにして、そこにタイヤを履くわけですが、その結果、車を走らせてハンドルを切るとタイヤとフェンダーが干渉します。ボディーが下に下がっているのでフェンダーとぶつかってしまうのです。

そこで引っ張りタイヤの出番となります。

引っ張りタイヤにすればタイヤのゴムの部分はホイールのリムより内側に引っ込みますから、ハンドルを切った際にフェンダーと干渉しにくくなるのです。全く干渉しないとはいいませんが、ほぼ問題ないレベルにまで持っていけます。

まとめ

引っ張りタイヤにしたからといって車高が目に見えて下がることはありませんが、ローダウンした場合には引っ張りタイヤにすることでタイヤとフェンダーとの干渉をなくすことが可能です。

引っ張りタイヤに関する下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。