レクサスLFAオーナー有名人の謎に迫る:購入条件と後継車待望論

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023.12.23

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023.12.23

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023.12.22

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023.12.20

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023.12.19

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023.12.18

レクサスLFAオーナー有名人の謎に迫る:購入条件と後継車待望論

Lexus LFA : Wikipedia

2010年に登場した「レクサスLFA」は、レクサスブランドの最高峰スーパーカーとして世界中のファンに衝撃を与えた一台です。世界限定500台の希少なクルマで、セレブリティや選ばれし有名人たちが愛用しています。

 

しかし、このスーパーカーの購入条件については多くの謎を秘めており、一般の人々にとっては手の届かない存在です。本記事では、レクサスLFAのオーナー情報を基に、購入条件や後継車待望論について詳しく解説します。

レクサスLFAオーナーはどんな有名人?

レクサスLFAは2010年から2012年まで、全世界で500台のみ販売された限定車です。ここでは、レクサスLFAのオーナー情報をお届けします。

パリス・ヒルトンさん

AI画像です。似てないですね💦 by Bing Image Creator

 オーナーのひとりとして注目を集めているのが、ヒルトンホテルのご令嬢であるパリス・ヒルトンさん

 

彼女の30歳の誕生日に当時のボーイフレンドから、イエローのレクサスLFAをプレゼントされたそう。当時の米国現地価格は、37万5000ドル(約3000万円)。

 

彼氏と破局後は、レクサスLFAを売って新たにパールホワイトのLFAに買い替えたのだとか。パリスさんはカスタムしたBMWi8を公開するなど、クルマ好きとして知られています。

ジェレミー・クラークソン氏

AI画像です。本物を知らないので何とも言えないです💦 by Bing Image Creator

イギリスの人気司会者であるジェレミー・クラークソン氏も、レクサスLFAを愛用しています。ジェレミー氏は、さまざまな車を毒舌で批評するイギリスの自動車番組「トップ・ギア」の司会を務め、人気を博していました。

 

自身の愛車遍歴は、フォード・エスコートRSコスワース、ランドローバー・レンジローバー、フォードGTなどがあげられます。レクサスLFAも彼の愛車の1台であり、「今まで乗った中では最も素晴らしいクルマ」と公言しています。

レクサスLFAの購入条件

レクサスLFAオーナーの情報によると、購入時には以下のような条件がある(あった)ようです。

 

レクサスLFAの販売は、一般的な販売方法とは異なり、特別な顧客層向けに予約販売を開始。予約受付は短期間で即完売となり、当初の計画を超える予約があったため、抽選販売という方式に変更されました。

日本での販売は当初わずか165台で、国内にあるレクサスディーラーの店舗数と同じ数で、1店舗につき1台しか予約できなかったとのこと。その後200台まで増加しましたが、依然として限られた数しか販売されませんでした。

購入を希望する方は、レクサス高輪店にある「レクサスLFA専用商談ルーム」で購入の意思を伝えます。その際、LFAスペシャルコンサルタントという専門知識やドライビングスキルの高いスタッフが担当します。

商談の後には、高級ホテルでのランチサービスが提供され、お台場のメガウェブで試乗体験後、契約書に調印する流れだったとのこと。納車されるまで2年かかったという情報がネット上で確認できました。

 

レクサスLFAの購入条件については公には提示されていませんが、一般人には中々手に入らない存在であるということは確かなようです。

中古車は購入できる?

カーセンサーには、レクサスLFAの中でも64台限定の「ニュルブルクリンク・パッケージ」と「スタンダードモデル」の2台が登録されています。(参照:カーセンサー)※2023年9月12日現在

 

2台とも価格は「応談」で、現在の価格は約5000万~6000万円と想定されます。ニュルブルクリンク・パッケージはオートオークションで160万ドル(約1億7500万円)で落札され、前社長の豊田章男氏のサイン入りのLFAは8億の価値がついたという情報もあり、プレミアムカーとして高い価値になっています。

 

レクサスLFAを検討している方は、高級車を取り扱う中古車ディーラーに入荷情報をこまめに問い合わせましょう。

レクサスLFA後継車の待望論

レクサスLFAは2012年12月に生産終了を迎えていますが、後継車の待望論は高まっており、2025年に新型モデルが登場する噂も広まっています。次期LFAには電動化の普及に伴い、PHEV(プラグインハイブリッド車)やバッテリーEV車として展開される可能性も浮上しています。

 

しかし、後継車については現在のところ公表されていません。このような待望論は、レクサスLFAが注目を集めている証拠であり、多くのファンが待ち望むクルマであることは間違いありません。

 

トヨタの技術で新たなスポーツカーがどんな魅力的なものになるか、期待が膨らみます。

ライバル車とその特徴

レクサスLFAは既に生産が終了していくる車ですが、中古市場に出現すれば新車価格をはるかに上回るであろう額で取引される真に特別な車両です。

新車とか中古車とか関係なく、人類の産業遺産のような存在なので、下記の車たちと競合関係にあるといってもいいと思います。

車名特徴
Ferrari 458 Italia
  • フェラーリ 458 イタリアは、ブレンボ製のカーボンセラミックブレーキを標準装備した車です。0-100km/h加速を3.4秒でこなし、最高速度は325km/hに達します。
  • ガラス、ボディパネル、エンジン、インテリアにいたるまで見直され、量産型スモールフェラーリ最高のパフォーマンスを発揮します。
McLaren MP4-12C
  • マクラーレン MP4-12C は、2011年にワールドプレミアされ、2012年に日本でも発売されました。MP4-12Cは、McLaren 650Sの発売に合わせて生産を終了しました。
  • 最高速度は329km/hで、0-100km/h加速に要する時間は3.1秒です。MP4-12Cの総生産台数は3,500台で、日本では120台にも満たないプレミアムなモデルとなりました。
Lamborghini Gallardo
  • ランボルギーニ・ガヤルドは、2003年から10年間にわたり生産され、2013年まで販売されました。5204ccの90度V型10気筒エンジンを搭載し、最高出力560ps/8000rpmを誇ります。
  • ランボルギーニ初のアルミスペースフレームと横開きのドアを備えており、ボディサイズは全長4300mm、全幅1900mm、全高1165mmです。
Porsche 911 GT3
  • ポルシェ911 GT3は、レーシングカーのノウハウを取り入れた公道を走れるレーシングカーです。4L水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、パワフルな走りが特徴です。
  • GT3は、ドア、フロントフェンダー、ルーフ、インテリアに軽量な炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使用することで、車両重量を1450キログラムに抑えています。時速0キロメートルから100キロメートルまでの加速にかかる時間は3.2秒で、最高速は296キロメートルです。
Audi R8
  • アウディR8は、エンジンをミッドシップにレイアウトした2ドアクーペで、かつて世界の耐久レースで勝ち星をあげてきたR8レーシングカーの血筋を引いています。
  • R8のラインアップには、ドライサンプ方式採用の高回転型FSIガソリン直噴V型8気筒4.2Lエンジンを搭載し、最高出力430馬力を発生する「4.2FSIクワトロ」があります。
Nissan GT-R
  • GT-R は、2024年モデルを発表し、日産ハイパフォーマンスセンターの各店舗で注文受付を開始しました(2023年3月20日)。価格は1375万円〜2915万円です。
  • VR38DETT型3.8L V6ツインターボエンジンを搭載しています。米国仕様の場合、最大出力600hp、最大トルク66.5kgmを発生します。

各車種は独自の強みを持ちながらも、LFAと同様の高性能スポーツカーとして知られています。

スペック(主要諸元)

レクサスLFAベースグレードのスペックをまとめました。

項目
車種LFA
駆動方式後輪駆動(FR)
寸法全長:4,505mm、全幅:1,895mm、全高:1,220mm、ホイールベース:2,605mm、トレッド前:1,580mm、トレッド後:1,570mm、最低地上高:115mm、最小回転半径:6.1m
重量車両重量:1,480kg
定員乗車定員:2名
エンジン形式:1LR-GUE、種類:V型10気筒DOHC、使用燃料:無鉛プレミアムガソリン、総排気量:4,805L、内径×行程:88mm×79mm、圧縮比:12.0:1、最高出力[NET]:412kW(560PS)/8,700rpm、最大トルク[NET]:480N・m(48.9kgf・m)/7,000rpm
燃料タンク容量73L
トランスミッションASG
その他装置 / 性能ステアリング:R & P、加速性能0~100km/h:3.7秒以下、最高速度:325km/h以上

まとめ

「レクサスLFAオーナー有名人の謎に迫る:購入条件と待望論」について解説しました。次なるスーパーカーの登場に期待が膨らむ中、レクサスLFAの魅力は永遠に語り継がれることでしょう!

ご覧いただきありがとうございます。

【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023.12.13

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023.12.15

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023.12.16

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023.12.18

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023.12.22

買ってはいけない中古車ランキング:絶対に避けるべき10の注意点

2023.12.12
グレース泉
この記事は私グレース泉が執筆しました。数多くの転職経験を経て現在はWebライターに専念。「リサーチ9割、執筆1割」がモットー。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。40代、2児の母。

こちらの記事も読まれています