【3分記事】トー調整した後にハンドルセンターがズレることがある?

トー調整・ハンドルセンター




トー調整した後にハンドルセンターがズレることがある?

あります。トー調整はもちろん、アライメント調整などをした後でハンドルセンターがズレていることは比較的よくあることです。そういう場合は、調整をしてもらったディーラーや修理工場にすぐにクレームを入れれば、無料で修理してくれます。

トー調整とは

トー調整とはサイドスリップ調整のことです。同義語です。車検の検査項目にも入っています。

トー調整=サイドスリップ調整では前輪の左右のタイヤの角度を適正化します。

車を真上から見下ろした場合に、前輪の左右のタイヤが進行方向に対して「八」の字になっている状態を、トーインと呼びます。

「逆八」の字になっていることを、トーアウトと呼びます。

通常の乗用車の場合は、ちょっとだけトーインの状態にします。

ただし、いずれの場合も角度はほんのわずかです。肉眼では左右のタイヤはほとんど平行に見えるはずです。

車検では、1m進むあいだに±5mm以内の横滑り量であれば、問題なく合格します。

±5mm以上左に流れたり右に流れたりしたら、その場合はタイヤのトー角を適正に調整します。

具体的には、タイヤとハンドルの間にあるタイロッドという棒状のパーツの長さ調整をすることで角度を適正化します。

トー調整=サイドスリップ調整した後でハンドルセンターがズレる?

通常、トー調整(サイドスリップ調整)をする場合には、まずハンドルセンターで固定し、車を前進させて横滑り量を測定します。

そして、許容範囲を超えている場合はタイロッドのネジを調整することでトー角を整えます。

つまり、論理的には、トー角調整(サイドスリップ調整)でハンドルセンターが狂うことはないはずなのです。なぜなら、まずハンドルセンターを固定した状態でトー角を確認するからです。

しかし、実際の作業においては、左右のタイヤの角度に神経が集中するあまり、ハンドルセンターとの関係がおろそかになることもあるわけです。あるいは、作業終了後にもう一度ハンドルセンターを固定して確認することを怠っているとも言えます。

いずれにしても、トー調整(サイドスリップ調整)をした後でハンドルセンターがズレていたら、調整してもらったディーラーや修理工場にクレームを入れれば無料で修理してくれます。

実際のところ、トー調整やアライメント調整などの後でハンドルセンターがズレることはレアケースではなく、けっこうあることです。

納車時に確認しないスタッフさんがけっこういるということです。わたしも車検後にハンドルセンターが時計の針で3分ほどズレていたことがあり、無料で修理してもらったことがあります。※トヨタのディーラーさんです。当時はプレミオというセダンに乗っていました。ごく普通にいい車でした。いや、地味にいい車、と言うべきか。

下記のハンドル(ステアリング)関連の記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!