インパネMTモード付CVTとは|コラムやフロアとの違い

インパネmtモード付cvt

画像:HONDA様のHPより

ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

インパネMTモード付CVTとは|コラムやフロアとの違い

インパネMTモード付CVTとは、「インパネ部分に取り付けられたMTモード付のCVT」という意味です。

インパネとは、運転席のエアコンスイッチなどがある場所です。

下の画像をご覧ください。

インパネmtモード付cvt

インパネにあるシフトレバー  画像:HONDA様より

インパネの他に、コラムMTモード付CVTがあります。これはハンドルの付け根からニョキッと飛び出しているシフトレバーで、ウインカーレバーやライトスイッチレバーなどの隣にあります。

コラムシフト

コラムにあるシフトレバー  画像:HONDA様より

あるいはフロアMTモード付CVTというのがあって、これはフロア部分にあるシフトレバーです。

フロアシフト

フロアにあるシフトレバー  画像:HONDA様より

インパネにあるシフトレバーもコラムにあるシフトレバーもフロアにあるシフトレバーも、どれも機能はまったく同じであり、取り付けてある場所が異なるというだけです。

ミニバンのように少しでも室内を広く使いたい用途の車では、フロア部分を避けてインパネ部分にシフトレバーをつける傾向があります。

また、タクシーでコラム部分にシフトレバーがついている車両をご覧になった方も多いと思いますが、一般の乗用車では珍しいかもしれません。

ミッション関連の下記記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。