【保存版】タイヤの空気圧単位|kPa・kgf/㎠・psi・barの違い|換算

タイヤ・空気圧・kpa・mpa・psi・bar・kgf

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



こちらの記事も読まれています

ズバット車買取比較

タイヤの空気圧単位|kPa・kgf/㎠・psi・barの違い|換算

このページではタイヤの空気圧の「単位」について解説します。

車のタイヤの適正空気圧は、運転席ドアを開いた内側に記載されています。この記事は2020年8月に書いていますが、最近の国産車は下記の2つの単位を併記したものが多いようです。

  • kPa:キロパスカル。国際単位であるSI単位に基づいた空気圧表示です。日本では1999年の新計量法の施行から使用。1パスカルは1m² の面積につき1ニュートン(N)の力が作用する圧力を意味しています。
  • kgf/㎠(kg/㎠):キログラムフォース。SI単位が使用される前まで使われていたMKS重量単位による空気圧表示です。1 kgf/cm²は換算すると98.0665kPaになります。

輸入車の空気圧表では、kPaやkgf以外にもpsiやbarが使われることがあります。

  • psi:ポンドスクエアインチまたはプサイ。1平方インチあたりに何ポンドの圧力がかかるかを表わします。
  • bar:バール。以前天気予報で使われていたミリバールのバールで、圧力の単位です。

換算表

kPa

kgf/㎠(kg/㎠)psibar
2002.0292.0

上記数字は丸めた数字です。たとえば、kgfとbarは同じ2.0ですが、厳密には全く同じではありません。おおよその数字です。

なお、kPaとkgfは、略すと同じ「キロ」なので、ちょっと紛らわしいですが、年配の人がキロという時はkgfの方で、若い人がキロという時はkPaのことがほとんどです。これはある整備工場のホームページに書いてありました。世代間の違いですね。

こちらの記事も読まれています

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒タイヤの空気圧|インチアップした時の適正空気圧は?

⇒⇒タイヤの空気圧が高すぎる場合のデメリットとは?

⇒⇒タイヤの空気圧はグリップ性能にどう影響しますか?

⇒⇒タイヤの空気圧はどれくらいが目安?上限は?

⇒⇒タイヤのバーストとは|原因と前兆|修理か交換か|低空気圧で事故|JAF・ロードサービス

⇒⇒タイヤのひび割れ・亀裂|原因・防止・補修・交換|車検基準|高速でバーストが怖い

⇒⇒ゴムバルブの寿命は?純正タイヤのエアバルブの性能

⇒⇒タイヤの空気がゆっくり抜ける場合の原因と対処法

⇒⇒タイヤのパンク|イタズラ対策|被害防止の4つの方法

⇒⇒タイヤのパンク保証は必要?いらない?|メリット・デメリット

ご覧いただきありがとうございました。