ヤマハ・MT-25大解剖:ダサい・壊れやすい・後悔:メリット・デメリットを検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



ヤマハ・MT-25大解剖:ダサい・壊れやすい・後悔:メリット・デメリットを検証!

ヤマハ・MT-25:YAMAHA

バイクの購入は一生に何度もある出来事ではありません。選ぶ車種によっては、後悔しないように十分なリサーチと検討が必要です。特に注目を集めているヤマハ・MT-25について、今回は徹底的に検証します。

この記事では、ヤマハ・MT-25の特徴からスペック、価格に至るまで詳細に解説。さらに、肯定的なレビューと否定的なレビューもしっかりとピックアップし、その中身を分析します。

一般的には好評を博しているこのバイクですが、「ダサい」「壊れやすい」「後悔した」といった意見も見受けられます。そういった否定的なレビューが本当に該当するのか、またはそのように感じた理由は何なのか、ここでしっかりと分析していきます。

この記事を通して、ヤマハ・MT-25が自分のニーズに適しているのか、他の車種に目を向けるべきなのか、明確な方向性を見つけられるでしょう。さらに、MT-25のライバル車とそれらの特徴、そしてMT-25がおすすめの人物像まで、広範な情報を提供します。

どんなバイク?

ヤマハ・MT-25は、ヤマハのMTシリーズに属する250ccのネイキッドバイクです。2015年に発売された初代モデルは、フルカウルスポーツモデルのYZF-R25をベースに開発されました。2020年にはマイナーチェンジが行われ、フロントサスペンションに倒立フォークを採用するなど、スポーティな走りをさらに追求したモデルとなりました。

特徴

MT-25の特徴は、以下のとおりです。

  • 249ccの水冷4スト直列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載し、35PSの最高出力を発揮します。
  • 倒立フォークを採用し、スポーティなハンドリングを実現しています。
  • スリムなボディと低いシート高により、取り回しが容易です。

MT-25は、街乗りやツーリングなど、幅広い用途に適したバイクです。初心者から上級者まで、幅広い層のユーザーに人気があります。

スペック

MT-25の具体的なスペックは、以下のとおりです。

  • エンジン:水冷4スト直列2気筒DOHC4バルブ
  • 排気量:249cc
  • 最高出力:35PS/12,000rpm
  • 最大トルク:23Nm/10,000rpm
  • 燃料タンク容量:14L(無鉛レギュラーガソリン指定)
  • シート高:780mm
  • 燃費:国土交通省届出値37.5km/L、WMTCモード値25.8km/L
  • 車両重量:167kg

価格

ヤマハ・MT-25の2023年10月1日現在の価格です。

メーカー希望小売価格:632,500円(税込)

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは「ヤマハ・MT-25大解剖:ダサい・壊れやすい・後悔:メリット・デメリットを検証!」です。

検証するには材料が必要です。

まず、MT-25に関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • サイドスタンドが傾き過ぎる。
  • クラッチレバーが遠い。
  • ホーンボタンの場所が不便。
  • 低速域の性能が若干物足りない。
  • 高速道路での長距離走行は少しキツい。
  • 外装の樹脂素材が安っぽく感じる。
  • パワーが物足りない。
  • 走行性能には癖がないが、それが物足りなく感じる。

 

  • 細かい部品で少し安っぽさを感じる。
  • 低回転でのトルクが不足している感じ。
  • シートが硬く長時間の乗車には不向きかも。
  • 高速道路での快適性と安定感は大排気量車に劣る。
  • カウルがないため、風圧をかなり受ける。
  • 冬場はカウルがないため寒い。

 

  • 荷物の積載が困難で、リュックを背負わなければならない。
  • ヘッドライトのデザインが好みではなく、変更が必要。
  • 長時間の高速道路走行には不向き。
  • 50歳以上にはデザインが少々派手。
  • カラーバリエーションが好みに合わない。
  • 単気筒や原付二種に比べて取り回し時の重さを感じる。

 

  • 積載性が悪い。荷物はほとんど積めない。
  • 5000-6000回転あたりで手が痺れるような微振動が出る。
  • フック付きのリヤキャリアを後から取り付ける必要があった。
  • 所々で素材がチープに感じる。
  • ヘルメットホルダーが外についていない。
  • フロントブレーキの効きが大型バイクに比べて弱い。
  • 高速道路での走行には限界が感じられる。
  • コストダウンでミラーのターナーがなくなっている。

 

  • 荷物が全然積めない。
  • 微振動がジクサーよりある。
  • 積載性はほぼ無い、日帰りツーリング以外ではリュックやトップケースが必要。
  • 異形ヘッドライトは好みが分かれる。
  • 走りに物足りなさを感じることもある。

 

  • 荷物を積むのが少々面倒。
  • 重心が高く、取り回しにくい。
  • アイドリング音があまりよくない。
  • 250ccで高速道路の走行は少ししんどい。
  • ヘッドライトがハロゲンで暗い。ポジションランプがLEDで色がミスマッチ。
  • 長時間乗ると振動が気になる。
  • 割り込まれやすい(見た目が小さいためか)。

上記の否定的・ネガティブなレビューを分析する

ヤマハ・MT-25に関する上記のレビューから見えてくるのは、以下のような特徴と課題点です。

特徴

  1. 走行性能: 走行性能は一般的で特に癖はないが、一部のユーザーは物足りなさを感じるとのこと。
  2. デザイン: 年齢や好みによって分かれるが、若干派手であると感じる人もいる。
  3. 取り回し: 一般的には単気筒や原付二種よりも重く、取り回しが少し難しい。

課題点

  1. 快適性: シートが硬く、長距離や高速道路走行には不向き。また、冬場は特に寒さが厳しい。
  2. 機能性: ホーンボタンの位置、クラッチレバーの距離など、いくつかの機能面での改善点がある。
  3. 積載性: 荷物の積載が難しく、トップケースやリュックが必要。
  4. 照明: ヘッドライトの明るさやデザインに不満がある。
  5. 素材と質感: 外装の樹脂素材やその他の部品で、安っぽさを感じる。
  6. 性能: 低速や低回転時のトルクが不足しており、一部のユーザーからはパワーも物足りないと指摘されている。
  7. 振動と音: 一定の回転数で手が痺れるような微振動があり、アイドリング音も改善の余地がある。

これらの点から、ヤマハ・MT-25は、日常使用や短距離走行には適しているが、長距離や高速道路での使用、冬場の快適性、積載性には課題があると言えます。性能や機能面での細かな不満点が多く、高齢者やパワーを求めるユーザーには不向きかもしれません。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、ヤマハ・MT-25に関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • デザインは賛否があるが、個人的には好き。
  • エンジンがよく回る。
  • 車体が軽いので取り回しやすい。
  • 乗り心地のポジションが楽。
  • 価格が妥当。
  • 一般道では特に不満がない。
  • 燃費は良い(まだ確定していないが)。
  • 足付きが良く、気軽に乗れる。
  • トルクがしっかり感じられる。
  • ハンドリングが良い、情報がダイレクトに感じられる。
  • ストリートファイター的なデザインが魅力。
  • 30代半ばで、バイク一本で通勤するには適していると感じた。
  • オーナーが勧めてくれて良かったと後から感謝してくれた。

 

  • 50代でも今時のストファイデザインが気に入っている。
  • 高回転までよく回るエンジンで、その音が爽快。
  • ツーリングバイクとしても十分な走行性能がある。
  • 一般道では他車についていける余裕があり、追い越しも楽。
  • 前傾姿勢が最初はきついと感じたが、慣れて問題なくなった。
  • 取り回しやすく、軽い。
  • 燃費は30数キロで、特に速度を出さなければ十分。
  • 他県まで行って安く購入できた。コストパフォーマンスが良い。
  • バランスが良く、優等生な印象。気に入っている。
  • ロングツーリングにも問題なく使えた。

 

  • 初心者でもすぐに乗りこなせる。
  • エンジンが軽くてよく回り、35psの出力。
  • オールラウンドで乗りやすい。
  • 山道でも流れに沿って走れる。
  • 外観が美しく、毎日愛車の写真を楽しめる。
  • 171cmの身長で足つきが良い。
  • 曲がりやすく、倒しやすい。
  • パフォーマンスダンパーとリアサスの設定により、上質な乗り味。
  • 燃費が良い。
  • エンジンの鼓動感が運転を楽しくさせる。
  • 家族でゆっくり走るのも良いし、コーナーも楽しめる。
  • フレンドリーで楽しいバイク。

 

  • 取り回しが軽く、ハンドリングも軽快。
  • 燃費が予想以上に良い。35km/Lも可能。
  • 高速道路で100km前後で安定して走れる。
  • アナログ式のタコメーターが好き。
  • デジタルメーターの機能が豊富で便利。
  • ストリートファイター風のスタイリングがカッコいい。
  • 高回転エンジンでありながら、低回転からもしっかりと走れる。
  • 自然なポジションでツーリングも楽しめる。
  • 価格が手頃で、初心者やリターンライダーにもおすすめ。
  • 足つきが良く、車庫入れや停車時に安心感がある。
  • 山間部でのツーリングも楽しめる。
  • メンテナンスコストが低い。
  • ビッグバイクに比べて維持費がかからない。
  • 見た目がカッコいい。特にシアンホイールがいい。
  • ガソリンを気にせずに乗れる。

 

  • 見た目が好きでカッコいい。
  • 小回りがきく、曲がりやすい。
  • 新しいパーツが多く出てくる。
  • エンジン音がノーマルでもまぁまぁ良い。
  • 下道、高速でも不満なく走る。
  • カラーリングが好み。
  • 足つきも良い、短足ライダーでも安心。
  • 2気筒エンジンで振動が少ない。
  • 社外パーツも豊富。
  • 走行距離が42,000kmを越えても不調がない。
  • お買い物ができて、遠出もOK。
  • Giviのトップケースを付けて普段使いが可能。

 

  • 通学からロングツーリングまで対応。
  • 燃費が良い。
  • 4万キロ以上走っても快調。
  • 部品が安く、メンテナンスがしやすい。
  • 回転数によって走り方が変えられる。
  • 純正パーツが安いため維持費が低い。
  • 軽量で車検が不要。
  • 見た目が良い。
  • トコトコツーリングから速い走りまで可能。
  • 四国、九州、東北といった長距離ツーリングも達成。
  • 初心者にもおすすめ。

上記の肯定的・ポジティブなレビューを分析する

この多くのレビューからは、ヤマハ・MT-25についていくつかの共通のポイントと評価が浮かび上がってきます。

ポジティブな点

  1. デザイン: ストリートファイター風のスタイリングが多くの年代に好評です。
  2. エンジン性能: 高回転までよく回るエンジンとトルクのしっかり感じられる動力が評価されています。
  3. 取り回し: 車体が軽く、ハンドリングが良いため、取り回しやすいと感じられています。
  4. 乗り心地: 多くの人が自然なポジションや前傾姿勢に満足しており、長距離ツーリングでも快適だと言われています。
  5. 燃費: 燃費が良いという評価が多く、維持費についてもポジティブな意見が多いです。
  6. 価格: 価格が手頃であり、コストパフォーマンスが高いと評価されています。
  7. 多機能: デジタルメーターの機能が豊富で、純正パーツや社外パーツも豊富にあります。
  8. 足つき: 短足のライダーでも安心して乗れるようです。
  9. 用途: 通学からロングツーリングまで幅広く対応しています。
  10. 初心者向け: 初心者でも乗りこなしやすく、リターンライダーにもおすすめとされています。

全体として、ヤマハ・MT-25は多くの点で高評価を受けており、特にデザイン、エンジン性能、乗り心地、燃費、価格については大変好評です。年齢層や経験レベルに関わらず幅広いユーザーからの評価が高い点も特筆すべきです。初心者からベテランまで、多くの人々がこのバイクに満足しているようです。

「ダサい」「壊れやすい」「後悔」を重点的に分析

この記事のテーマは「ヤマハ・MT-25大解剖:ダサい・壊れやすい・後悔:メリット・デメリットを検証!」というものです。

テーマの重点項目である「ダサい」「壊れやすい」「後悔」について、ここまで見てきたレビューを基にに、検証したいと思います。

項目内容
ダサいヘッドライトのデザイン、ポジションランプの色がミスマッチ、50歳以上にはデザインが派手。
壊れやすいサイドスタンドが傾き過ぎ、部品の素材がチープ、微振動が5000-6000回転で出る。
後悔高速道路での走行がキツい、積載性がほぼ無い、パワーとトルクが不足、長距離では不快、カラーバリエーションが限られる。

一部の意見ではありますが、上記のような理由によりMT-25に関して「ダサい」「壊れやすい」「後悔」という言葉が使われていると考えられます。

レビューサイトの平均評価点のご案内

ヤマハ・MT-25に関する有名なレビューサイトの平均評価点をご案内します。

レビューサイトを参考にする際、「平均評価点」というのはとても重要な指標です。個別のレビューなどいくら並べ立てても、実はあまり意味はありません。「神は細部に宿る」といいますが、細部の寄せ集めが全体とは限りません。

バイクのような趣味性の強いモノは、「いろいろ言うべきことはあるけれど、結局のところ好きなのか嫌いなのか」、そこが最も知りたいところであり、「平均評価点」はこれを知る近道です。

※2023年10月1日時点

上記評価の分析

各レビューサイトによるヤマハ・MT-25の平均評価点にはかなりの差がありますが、これにはいくつかの要因が影響している可能性があります。

みんカラ

  • 評価点:4.69点(5点満点)
  • 特徴: みんカラはカーライフやバイクライフに特化したSNS形式のウェブサービスであり、一般のユーザーが実際に使用した感想を投稿します。
  • 利用者層: バイクや車の愛好者が多く、長期間使用した上での詳細なレビューが多い。

分析: 高評価が多いのは、実際の所有者や長期間使用者からの信頼度が高いと言えます。また、詳細なレビューが多いため、点数が高いというのは相当な信頼を表しています。

価格コム

  • 評価点:4.66点(5点満点)
  • 特徴: 価格比較を主体としたサイトであり、製品購入を考慮している層が多い。
  • 利用者層: 価格と性能を比較検討している層が多く、一般消費者から専門家まで幅広い。

分析: みんカラと同じく高評価であり、購入を検討する際の信頼性が高い製品であると評価されています。価格と性能のバランスが良いとされている可能性が高いです。

ウェビック

  • 評価点:3.85点(5点満点)
  • 特徴: バイク専門のオンラインショップであり、購入前の疑問や悩み、製品の特性に関する質問が多い。
  • 利用者層: レビュー投稿する人はバイクとの付き合いが長く専門的な知識と経験を有する人が多い。

分析: ウェビックの評価が低いのは、購入前の期待値と実際の製品とのギャップがある場合や、特定の専門的な要件に対する評価が厳しいためかもしれません。

ライバル車とその特徴

ヤマハ・MT-25のライバル車と特徴をまとめました。

車名特徴
Kawasaki Z250
  • カワサキのZ250は、2013年4月に国内でデビューした2気筒ネイキッドスポーツです。2024年モデルは、2023年9月15日に発売されました。
  • Z250は、ストリートファイター系のネイキッドモデルです。250ccフルカウルスポーツのニンジャ250のネイキッドバージョンで、リラックスポジションのオーソドックスなスポーツモデルとして人気があります。
  • 価格:682,000円
Honda CBR250RR
  • スーパースポーツモデルの250ccフルカウルスポーツバイクです。水冷2気筒エンジンを搭載し、高回転域まで回ります。ライディングモードを変更することで、一般道でもスポーツライディングでも扱いやすい車体作りになっています。
  • 初心者やリターンライダーにもおすすめのバイクです。2023年モデルは、ワインディングやサーキットでのスポーツ性能が向上し、初心者でも運転しやすいように進化しています。
  • 価格:869,000円
Suzuki Gixxer 250
  • 2020年から国内で販売されているミドルスポーツネイキッドモデルです。250ccの油冷単気筒エンジンを搭載し、小型軽量な車体で扱いやすいモデルです。
  • 排気量249ccの4スト単気筒SOHC4バルブで、最高出力19kW(26PS)、最大トルク22N・m(2.2kgf・m)を発生します。冷却方式は、スズキ独自の油冷システム「SOCS」を採用しています。
  • 価格:481,800円
KTM 250 Duke
  • KTM のネイキッドバイクシリーズ「DUKE」の1つで、2015年に登場し、2017年に現行モデルに進化しました。排気量は249ccで、最高出力は30ps、最大トルクは24Nmです。
  • 250 Duke は、10代から60代まで幅広い世代のバイクユーザーに愛用されている人気モデルです。軽量な車体で取り回しがしやすいため、ビギナーでも不安なく乗ることができます。
  • 価格:665,000円

どんな人におすすめ?

ヤマハ・MT-25がおすすめの人物像をまとめました。

おすすめの人物理由特長
初心者ライダーエンジンが扱いやすく、軽量なため250ccのエンジン、軽量フレーム
日常の通勤・通学者燃費が良く、都市部での取り回しが容易高燃費, コンパクトな設計
スポーツバイクへのステップアップ希望者低~中回転域でのトルクが良いバランスの取れたエンジン、良好なトルク特性
カスタム愛好者多くのアフターパーツが市販されている拡張性が高い

ヤマハ・MT-25に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないYAMAHAの他の車種があるとしたら、それは何?

思わず目移りしてしまうかもしれないYAMAHAの他の車種をまとめました。

車名特徴
YZF-R25
  • 250ccのスーパースポーツバイクです。249ccの水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒エンジンを搭載しています。最高出力は35馬力、最大トルクは23Nmを発揮します。
  • 街乗りからワインディングまで、幅広い用途で楽しめるバイクです。初心者から上級者まで、幅広いライダーにおすすめのバイクです。
  • 価格:690,800円
XMAX
  • 250ccクラスのスクーターです。2018年1月から国内でも販売されており、2023年10月にモデルチェンジを受けました。
  • 249ccの水冷4スト単気筒「ブルーコア」エンジンを搭載しています。最高出力は23馬力、最大トルクは24Nmを発揮します。
  • 価格:715,000円
MT-03
  • 320ccのネイキッドバイクです。320ccの水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒エンジンを搭載しています。最高出力は42馬力、最大トルクは30Nmを発揮します。
  • 初心者から上級者まで、幅広いライダーにおすすめのバイクです。用途も、街乗りからワインディングまで、幅広く楽しめるバイクです。
  • MT-03とMT-25は車体の基本部分は共通です。
  • 価格:687,500円
YZF-R3
  • 320ccのスーパースポーツバイクです。水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒エンジンを搭載しています。最高出力は42馬力、最大トルクは30Nmを発揮します。
  • YZF-R25をベースに排気量を70ccアップしたモデルで、2019年6月10日に日本で発売されました。2023年5月10日にはマイナーチェンジモデルが発売されました。

  • 価格:726,000円

まとめ

「ヤマハ・MT-25大解剖:ダサい・壊れやすい・後悔:メリット・デメリットを検証!」のテーマで解説してきました。

今回の記事で、ヤマハ・MT-25の全体像を詳細に調査し、特徴とスペック、価格を始め、肯定的・否定的なレビューを含めて解説してきました。否定的な意見については「ダサい」「壊れやすい」「後悔した」といったキーワードを中心に分析を加え、背景や課題点を探りました。

また、肯定的なレビューからはMT-25の魅力をいくつかピックアップし、どのような人に特におすすめなのかを考察しました。さらに、ライバル車とその特徴についても触れ、MT-25がどのような立ち位置にあるのかを明らかにしました。

こうした情報が、ヤマハ・MT-25の購入を検討している方々にとって有益であれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています