【5分解説】クーラントの継ぎ足し方法|エア抜きは必要ですか?

クーラント・継ぎ足し・方法・水・エア抜き・色・交換




クーラントの継ぎ足し方法|エア抜きは必要ですか?

【5分で読めます!】水冷式のエンジン車にはエンジン冷却装置であるラジエーターは必須です。ラジエーターには常時冷却水(クーラント)が満たされている必要があります。

クーラントが規定量あるかどうかは、ラジエーター本体の上部にあるラジエーターキャップを開けて調べるのではなく、ラジエーターキャップのすぐ下から出ているホースの先にあるクーラントリザーブタンクで調べます。

クーラントリザーブタンクには上限と下限を示す2本のラインがあって、クーラントがこの2本のラインのあいだにあれば正常です。

ただし、ラジエーター本体とリザーブタンクとの間ではクーラントが常時行ったり来たりを繰り返しているので、規定量が入っているかどうかを確認するには、エンジンが冷え切った状態で行う必要があります。

少量の継ぎ足しならエア抜きは不要

クーラントは蒸発して自然減することがあります。ただし、この場合はほんのちょっと減るだけなので、減った分だけクーラントを継ぎ足しすれば問題ありません。

少量なら水道水の継ぎ足しでも大丈夫です。

全交換ならエア抜きは必須

クーラントがほんのわずかに自然減した程度なら、減った分だけ継ぎ足しすればいいのですが、クーラントの循環経路のいずれかに亀裂やヒビが入り、みるみる量が減っているようなケースでは、亀裂やヒビを補修したり、必要な部品を交換したりして、クーラントが漏れないようにする必要があります。

こういうケースでは、ラジエーターのドレンからいったんクーラントをすべて抜き取り、必要な修理・交換をしてから、新品のクーラントを入れる必要があります。

つまり、継ぎ足しではなく全交換です。

このようにクーラントを全交換する場合は、ただクーラントを注入すればいいのではなく、「エア抜き」と呼ばれる作業が必要です。

エア抜きをしないでいると、エンジンをかけた際にクーラントリザーブタンクからクーラントが吹き出します。

クーラントの循環経路は複雑な形状に入り組んでいて、特にエンジン周辺には文字通りエアポケットができやすいのです。クーラントをただ注入するだけでは必要量の9割程度しか入らないといわれています。

必要量の10割のクーラントをしっかり注入するには、エア抜きをしてエアポケットを解消する必要があります。

エア抜きの方法

クーラントのエア抜き作業は次の工程で行います。※あくまでも、いったんエンジンを冷やしてから行ってください

  1. ラジエーターキャップを外し、エンジンをかける
  2. そのままサーモスタットが水弁を開くまでエンジンをかけ続ける
  3. ラジエーターあるいはリザーブタンクから大小の水泡が出続け、やがて泡が出なくなるまでエンジンをかけ続ける※車種によってはいつまでやっても小さな泡が出続けるものもある
  4. 上記のあいだ、クーラントが減ってきたら継ぎ足す
  5. 泡が出なくなったらエンジンを切り、エア抜き終了

なお、業者さんにクーラント全交換を依頼した場合、クーラント液の注入だけだと工賃込みで3,000円~6,000円が相場です。エア抜きも含めるとトータルで10,000円前後かかると思います。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒クーラント補充の方法|色違いや水を混ぜるのはOK?

⇒⇒クーラントリザーブタンクが空|正常な量は?補充でOK?

⇒⇒クーラント(冷却水)に水混ぜる|水道水or精製水どっち?

⇒⇒ロングライフクーラント(LLC)とはラジエーター液|交換時期と費用|色・成分・廃棄方法・車検

⇒⇒不凍液に使われるグリセリンは毒性がないというのは本当ですか?

⇒⇒車|水温警告灯|いったん点いても消えたら安心ですか?

⇒⇒車|水温警告灯|点灯または点滅|原因は何?

⇒⇒車|水温警告灯|赤のマークはオーバーヒートの意味?

⇒⇒車|水温警告灯が青または緑に点灯・点滅する意味は?

⇒⇒車 水温警告灯|CやHのマーク(ランプ)が消えない場合

⇒⇒オーバークールとは|原因・症状・対策|エンストし暖房ダメ|水温上がらず黒煙・白煙?

⇒⇒オーバーヒートとは|原因と対処法|修理費用は?|サーモスタット・冷却水・ラジエーター

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。