リーンバーンエンジンとは|希薄燃焼|メリット・デメリット

リーンバーン・エンジン・とは・デメリット・希薄燃焼・nox

画像:SUBARU

リーンバーンエンジンとは:希薄燃焼とは

希薄燃焼エンジンのことをリーンバーンエンジンと呼びます。

内燃機関で理想的な空燃比は、空気14.7gに対して燃料1gと言われています。これを、たとえば20:1のように空気の量を多くして燃焼するエンジンを希薄燃焼エンジン=リーンバーンエンジンと呼びます。

一般の乗用車のガソリンエンジンでも、16:1~17:1程度の空燃比になっていますが、これをさらに広げて20:1程度にまでしているエンジンを、特にリーンバーンエンジンと呼びます。

なお、たとえば20:1の空燃比を実現する際、技術的には、空気の量は変えずに燃料の量を希薄にさせて燃焼する、という方法論をとっています。

リーンバーンエンジンの目的は、燃費性能です。とにかく省エネのエンジンを目指して作られたエンジンです。

メリット

リーンバーンエンジンのメリットは以下の通りです。

  • 燃費性能がいい

デメリット

リーンバーンエンジンのデメリットは以下の通りです。

  • 排気ガス中に窒素酸化物(NOx)や粒子状物質が発生しやすいため、浄化装置(NOx吸蔵還元触媒など)にコストがかかる

排出ガス規制の強化で消滅したけれど・・・

リーンバーンエンジンは、一時期自動車業界の話題の中心になりましたが、排気ガスに含まれる有害物質の問題を克服できずに、度重なる排出ガス規制に耐え切れず、やがて姿を消していきました。

しかし、2020年現在、近々発売される予定の新型レヴォーグには、1.8ℓ水平対向4気筒直噴リーンバーンターボエンジンが搭載される予定です。

また、マツダのスカイアクティブXのSPCCI(Spark Controlled Compression Ignition)は、スーパーリーンバーンエンジンとして実用化されています。空燃比は、何と30:1。理想空燃比の2倍以上の超希薄燃焼エンジンです。なおかつ、排出ガス規制にクリアーしています。こんなすごいエンジンを開発する会社でも新型コロナで苦境に立っています。応援してます。※「口だけじゃなくて買うのが一番の応援だろ」と言われそうですが、いろいろ事情がありまして・・・でも、そのうちにまた。ロードスターに乗っていた時期もありますし。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。